IT運用
黒と青の背景画像
IT運用

IT運用、そしてIT 運用向け人工知能またはAIOPsは、組織全体のITサービスの管理、提供、サポートを統括し、自動化するものです。

主なソリューション

IBM AIOps と IT 自動化


IT運用(ITOps)とは何でしょう?

情報技術 運用は、一般的には IT運用、または ITOps と呼ばれており、社内外のユーザーのビジネスニーズを満たすため、 ITサービス を実装、管理、提供、サポートするプロセスです。

ITOps は IT部門の中核的な機能であり、技術管理、アプリケーション管理、サービスデスク管理と並ぶ4つの機能の1つです。 IT インフラストラクチャ ライブラリ (ITIL)により定義されており、 IT サービス 管理 の事実上の業界標準で最も実用的なフレームワークとされています。

ITOps は IT サービス 提供の最前線であり、組織の業務遂行を維持する装置の最も重要な歯車の1つです。 事業とその顧客は IT サービス 、例えばデータ、ソフトウェア・アプリケーション、 パブリック・クラウド そして プライベート・クラウド のリソースなどへの即時アクセスに依存するようになっており、これらのサービスで少しでも障害が起きると、広範囲でコストのかかる結果を招く可能性があります。

近年、 ITOps タスクは 更に人工知能 (AI)ソフトウェアが担当するようになっており、 IT運用 の新しいサブフィールドを形成しています。それは 人工知能 運用と呼ばれ、通常は AIOps と呼称されています。

IBM AIOpsの詳細について学ぶ

注目の製品

IBM Cloud Pak for Watson AIOps


ITOps 管理の責任とプロセス

一般的には最高情報責任者(CIO)に報告します、 IT運用 ではすべてのITニーズに対応できるように 管理プロセス を作成します。 4つの主な IT 運用 管理 (ITOM)の責任は以下のとおりです:

  • インフラストラクチャーの管理: インフラストラクチャーの管理とは、 組織内のすべてのハードウェアとソフトウェアのセットアップ、プロビジョニング、メンテナンス、アップデートを、 ネットワークインフラ、オペレーティングシステム、 ハイパーバイザー、プラットフォーム、 コンテナ 環境、アプリケーションソフトウェア、(オンプレミスの データセンター またはクラウド内のソフトウェア)、などに対して実行することです。  IT 運用 チームは全ての インフラコンポーネント がスムーズに稼働させることと、新しいソリューションをシームレスに統合させることに責任を持ちます。 
  • 開発管理: IT Ops は ソフトウェア 開発 チーム の成功に必要とされる的確なガイドライン、目標、セキュリティ基準、ワークフローを提供します。 IT 運用 チーム は DevOps チームのメンバーと密接に連携して、 安定性、パフォーマンスそして、セキュリティソリューションを開発 ライフサイクルに統合し、 サービス品質 保証契約(SLA)や業界と政府の規制へのコンプライアンスを確保する必要があります。
  • 問題管理: 問題管理は、 インシデント管理 または イベント管理 とも呼ばれ、 「予防的措置」と「リアクティブ的措置」の2つに分けられます。 予防的措置はIT 環境での変化による悪影響を予測して回避します。 リアクティブ(反応的)な措置は 障害やサイバー攻撃などの問題が発生した際の対応で、その中には ディザスターリカバリー や ヘルプデスク などのサービスも含まれます。
  • セキュリティ管理: セキュリティは IT サービス 管理 (ITSM) に不可欠な要素であり、前述の各責任と統合されている必要があります。 これには、ハードウェアとソフトウェアの安全性の確保、アクセスコントロールの管理、 DevOps プロセスにおけるセキュリティの実装、環境全体でのセキュリティ基準の遵守の確認が含まれます。

AIOps: IT運用の未来

IT インフラの コンポーネント、アプリケーションそして、パフォーマンス監視ツールが膨大な量の IT運用 データ を生成します。またその生成量は企業が デジタルトランスフォーメーション に取り組み、 クラウドコンピューティング サービスそして ハイブリッドクラウド 環境を導入することで、急速に増加しています。 実際のところ、世界的なリサーチ・アドバイザリー企業の ガートナー は平均的な企業の ITインフラ が毎年2、3倍増しで IT運用 データを生成していると推定しています。

これらのデータをより適切に取り扱い活用するため、 IT運用 チーム はドメインベースのIT管理ツールや手動による監視と介入への依存度を減らし、データに基づきAIを活用した自動化にますます注力するようになっています。これが現在、 AIOpsとして知られているものです。  ガートナー (リンクはIBM外になります)によると、2017年にAIOps という用語が新たに造られました、「AIOpsとは、 ビッグデータと 機械学習を、イベントの相関、異常検知そして因果関係的な決定を含む IT運用 自動化 プロセスと組み合わせるものです。」

AIOpsのメリット
 

AIOps の助けで IT運用 チーム はより アジャイル かつレスポンシブになります

  •  IT運用 データ周辺の「ノイズ」からの個別かつ重要なイベントアラート
  • 問題の根本原因を特定し、ソリューションを提案します
  • リアルタイムのレスポンスとプロアクティブなレゾリューションを含む インシデント管理 そして レスポンスを自動化します
  •  DevOps チームのサポートに必要な可視性と自動化を運用努力の追加なしで達成します
  •  今後の課題へのレスポンスの改善と、そして予防のために学び続けます。 

 AIOpsについて詳細を学びます


ITOpsとIBM Cloud®

IBM Cloud でマルチクラウドアーキテクチャと既存のIT全体でのビルドとデプロイが可能になりますし、IBMは将来のIT運用に向けたあなたの準備を新たな自動化ツールでお手伝いします。 AIを活用した新たな運用効率を可能にすることで、すべての環境を一元的に可視化できるため、あなたの運用チームのより迅速な問題の診断とインシデントの解決が可能になります。

事業全体、IT全体の自動化への移行は、他のプロセスやあなたの組織内の他の部署向けに拡張し最適化できる、小規模で計測可能なプロジェクトから始める必要があります。

IBMと連携することで、AIを活用した自動化のケイパビリティが利用可能となります。その中にはプレビルトのワークフロー、全てのITサービスプロセスのさらなるインテリジェント化、チームを最も重要なIT関連の課題に集中させることでのイノベーションの加速などが含まれます。

次のステップに進みます:

  • IBM Cloud Pak® for Watson AIOPsの詳細を御覧ください、迅速なインシデントの解決に向けたインサイトや提案をあなたのチームのワークフローへ直に提供します。
  • 今すぐ登録してガートナーのレポート をダウンロードして、AIがどのようにIT運用を最新に保つかをご覧ください。
  • IBM Cloud infographic(PDF、464 KB)をダウンロードします、これがAIを活用した自動化がIT運用にもたらす利点を教えてくれます。

IBM Cloudアカウントで今すぐ始めましょう。


関連ソリューション

IBM Cloud

IBM CloudをRed Hatとともに利用することで、市場をリードするセキュリティー、企業の拡張性、オープンなイノベーションが可能になり、クラウドとAIのすべての可能性を引き出すことができます。


AIを活用した自動化

IBMは、お客様のビジネス・ワークフローからIT運用まで、AIを活用した自動化を提供いたします。 主要企業がどのように変革を進めているかをご覧ください。


インテリジェントなIT運用

IBM Cloud Pak for Watson AIOps はIT の運用担当者が ITOps ツールチェーンの中枢に AI を置くことを可能にする、IT 運用管理ソリューションです。