HFS Triple-A Trifecta Services 2020において、IBMがトップ・リーダーに選ばれた理由をご覧ください。

概要

経理・財務部門の変革

IBMは、CFOのパートナーとして、経理財務・経営管理・資金管理等の業務変革を支援します。業務と組織の将来像の構想策定からデジタルテクノロジーを活用した業務生産性の向上、インテリジェントな意思決定に役立つデータの活用までエンドツーエンドでご支援します。

メリット

業務効率性、コスト削減

IBMのフレームワークを活用して、業務運用を改善できるオポチュニティを特定します。

ビジネス価値を向上

データとテクノロジーを活用して、意思決定のための予測精度向上と経営指標の実績収集スピードを向上させます。

コンプライアンスの向上

リスクを監視して緩和するインテリジェント・ワークフローによって、期限内支払い率を高めます。

サービス

お客様事例

到来する電気の時代に備えるVolkswagen社

Volkswagen Sachsen社は、IBM Servicesと協力してSAP S/4HANAを導入し、同社の財務プロセスの標準化と効率化を推進しました。

Generali社が財務ワークフローを最適化

Generali社は、財務業務の変革の一環として、リアルタイムのデータ・フローを推進するとともに、レポート作成と照合から分析に焦点を移すことにしました。

IBMのビジネス・プロセス改革

IBMは、顧客の購入方法と販売側の販売方法を再考し、時代遅れのプロセスとサイロ化されたコミュニケーションを解決するファイナンス・ソリューションを開発しました

参考情報

スピード、俊敏性、レジリエンスのための戦略的自動化

新しいテクノロジーを活用してカスタマー・サービスを改善するプロセスを自動化し、従業員がより有意義な仕事に従事できるようにして企業の成長を促進します。

新型コロナウイルス感染症収束後にBCP(事業継続性計画)を確保するための必須事項

お客様のBCPレジリエンシーを向上させ、将来ダイナミックなデリバリーを確実に行うための「4Eアプローチ」についてご説明します。

コグニティブ・エンタープライズの進化における財務の重要な役割

今日の先進的なテクノロジーがもたらす課題とオポチュニティーに対して、財務のエグゼクティブが果たすべき主要な役割についてご説明します。

お客様との共創のはじまり「IBM Garage」

お客様が実現されたいご要望に応じて、ビジネス、デザイン、テクノロジーそれぞれの分野における多様なIBMエキスパートが、お客様チームと連携します。IBM Garageのフレームワークに基づき、ビジネス価値創出までの時間を短縮し、最新テクノロジーを使った画期的なプランを共に創り上げて実行していきます。
IBM Garageは、デザイン思考、アジャイル、DevOpsなど、IBM独自のエンドツーエンドのフレームワークにより、様々なソリューションをシームレスに発案、構築し、測定や反復を繰り返しながら、お客様のビジネス価値を拡げます。