ゼロトラスト・セキュリティー・ソリューション

全てのユーザー、デバイス、接続をいかなる時も守りぬくセキュリティー

バイナリーコード上を歩く人々の画像

概要

ゼロトラスト・セキュリティーを導入する理由

ビジネスは複数のユーザーに、企業のリソースへのアクセスを提供しています。 従業員、パートナー、お客様など、目的もニーズも異なる人々が皆、企業情報への一定レベルのアクセスを要求します。 管理する必要がある接続とリソースの増加に応じて、ユーザーの検証は複雑になります。 

ハイブリッド・マルチクラウドのインフラストラクチャーに移行するということは、可視性と制御のレベルが異なる複数のIT環境を通して、お客様のリソースも分散している可能性が高いことを意味します。 適切なユーザーが適切なデータに、適切にアクセスしているかどうかを把握するのは困難です。 正しい判断を下すためのコンテキストが必要です。

同様に懸念されるのは、ランサムウェアやフィッシングなど、ネットワーク、デジタル資産、およびビジネスを危険にさらす悪意ある活動の蔓延です。 IBMの「データ侵害のコストに関する調査」によると、コストは昨年から10%急増しました。

IBMのゼロトラスト・セキュリティー戦略は、組織がサイバー・レジリエンスを高め、ビジネス環境へ接続できなくなるリスクの管理を支援しながら、ユーザーが引き続き適切なリソースにアクセスできるようにするものです。 これは、コンテキストを使用して、適切な条件のもと、適切なユーザーを適切なデータに適切なタイミングで安全に接続させる一方で、組織をサイバー上の脅威から保護するモデルとプランです。

「ゼロトラストの導入はコンテキストがすべて」を読む

メリット

ゼロトラストを実行に移す コンテキスト・ベースのセキュリティーでビジネスを大幅に後押しします。 投資を保護

既存のツールを使用し、必要なものだけを追加することで、時間と費用を節約し、現在の投資を最大化します。

ツールの接続を簡素化

選択したツールを使用して接続することで、ゼロトラスト戦略を簡単に実現します。

迅速なサポート

すぐに相談できる専門家の支援によって、ゼロトラストをより速く実行に移すことができます。

すぐに使える統合システム

セキュリティー・ツールとシステムを、包括的なゼロトラスト戦略の完成に有用な広範なパートナー・エコシステムと統合します。

ユースケース

ゼロトラスト・セキュリティー戦略ができること 選別された、成果を重視するイニシアチブにゼロトラスト・セキュリティー戦略を適用することで、ビジネスをより速く、より安全に進めることができます。 ランサムウェア攻撃を軽減

企業や組織は、セキュリティーを最新化し、ランサムウェア攻撃の防止を強化するために、ゼロトラスト戦略を始めています。 ゼロトラストはユーザーを継続的に検証し、侵害があった場合にデータ漏えいの被害を軽減します。

ゼロトラストでランサムウェアから組織を保護
ハイブリッドクラウドを保護

お客様の成長、組織の変革、およびハイブリッドクラウドのあらゆる優位性を保護するには、ゼロトラスト・アプローチに重点を置きながら、企業や組織のセキュリティーを最新化および再考する必要があります。

ハイブリッド・マルチクラウドへの安全な移行
ハイブリッドなリモートワーク環境を確保

セキュリティー・モデルは、あらゆる場所、あらゆるデバイスから作業し、あらゆるエコシステムのツールやデータにアクセスできるものでなくてはなりません。 こうしたモデルはすべての領域にリアルタイムのコンテキストを提供する必要がありますが、これはゼロトラストに最適な仕事です。

すべてを保護するセキュリティーで、どこでも働ける環境を実現

ソリューション

ゼロトラスト戦略向けソリューション IBMは、一連のテクノロジー、サービス、および戦略的パートナーシップを動員して、ゼロトラスト戦略向けのソリューションを提供します。 脅威の検知および対応ソリューション

IBM Security® QRadar®、IBM Cloud Pak® for Security、その他の脅威検知および対応ソリューションを活用した自動化により、脅威とリスクに関する洞察を得ながら、より迅速に対応できます。

IBM Security QRadarの詳細はこちら IBM Cloud Pak for Securityの詳細はこちら
IDおよび特権アクセス管理

従業員と利用者のIDとアクセス管理(IAM)をIBM Security Verifyで一元化し、特権アクセス管理(PAM)ソリューションによってサイバー攻撃のリスクを低減します。

IBM Security Verifyの詳細はこちら PAMソリューションの詳細はこちら
エンドポイントとデータの保護

MaaS360® with Watsonなど、AI駆動型の統合エンドポイント管理(UEM)を使用して、モバイル・ワーカーを管理および保護し、さまざまな環境で企業情報を保護します。

IBM Security MaaS360の詳細はこちら データ・セキュリティー・ソリューションの詳細はこちら
セキュリティー・サービス

コンサルティングおよびグローバル・マネージド・セキュリティー・サービスの、業界で最も幅広いポートフォリオを備えたIBM Security Servicesは、リスクの定量化と優先順位付けを支援します。

サイバーセキュリティー・サービスの詳細はこちら Secure Access Service Edge(SASE)ソリューションの詳細はこちら
IBMがゼロトラスト戦略を導入した経緯を見る
Commercial International Bank S.A.E. 従業員とお客様、そしてお客様の投資を保護し続けるのは複雑な作業です。 この銀行のセキュリティー担当者は、その困難を乗り越えようとしています。 お客様事例はこちら

IBMのゼロトラスト 「ゼロトラストは、購入したり、実装するものではありません。 それは、哲学であり、戦略です。 率直に言うと、 IBMはゼロトラストをセキュリティー戦略として位置付けてさえいません。 これは、安全に実行されるIT戦略です。」 IBM CISOの視点はこちら


参考情報

ゼロトラストの参考情報

次のステップ

セキュリティーの専門家へのご相談や、ご自身での調査など、ゼロトラスト・セキュリティーの目的に沿う最適なソリューションはこちらからご覧いただけます。