概要

お客様の組織は、急速に変化する環境でのインフラストラクチャー、ネットワーク、エンドポイントの管理において、前例のない課題に直面しています。 ビジネス上の重要なアプリケーションへのリモートアクセスを拡張し、ユーザーが最適なレベルを保持できるようにする必要があります。 Bring-Your-Own-Device(BYOD)ソリューションを拡張する場合もあります。 一方で、サイバー攻撃は進化し続け、企業には社内でセキュリティー・リスクに対処するための社内スキルが不足しています。

IBMのフル機能型マネージド・セキュリティー・サービス
Play Icon

IBMのフル機能型マネージド・セキュリティー・サービス

メリット

インフラストラクチャー、ネットワーク、エンドポイントのセキュリティー・ロードマップを作成

IBMのマネージド・セキュリティーの専門家が、お客様の現在の状態の評価、将来の成熟度の決定、実用的なロードマップの構築を支援します。 最新のセキュリティー戦略を組織のインフラストラクチャー、ネットワーク、エンドポイントに適用するための投資計画が作成できます。

インフラストラクチャー、ネットワーク、エンドポイントの保護を迅速に実現

マネージド・セキュリティー・サービスを利用して、複雑なハイブリッド・マルチクラウド環境にわたって革新的なテクノロジーを迅速に導入、実装、保護できます。

セキュリティーの専門知識によりチームを拡大

IBMのマネージド・セキュリティー・スペシャリストとアナリストの支援を得て、重要なインフラストラクチャーとネットワークのセキュリティー・テクノロジーに、365日24時間のモニター機能と応答機能を追加します。

インフラストラクチャー、エンドポイント、ネットワークのセキュリティー・サービス

侵入検知および防止

インフラストラクチャー全体にわたり、ネットワーク侵入、検出、防止のシステム のモニター、警告、サポートを実施して、無許可のネットワーク・アクセスやデータ盗難を防止します。

マネージド・ファイアウォール・サービス

ほぼリアルタイムのデータ相関と単一のセキュリティー・ダッシュボードを使用した高度な分析を用いてモニターと管理を行うことで、可視性を高めます。 変更管理とセキュリティー・ポリシーの設計が可能です。

エンドポイント・セキュリティー管理

先進のエンドポイント管理機能で、最新のサイバーセキュリティーの脅威からエンド・ユーザーとそのデバイスを保護します。

セキュリティー・インテリジェンス・オペレーション・コンサルティング(SIOC)

すべての環境にわたって運用上の成熟した脅威インテリジェンスを作成します。

検知と対応のマネージド・サービス(MDR)

24時間体制のエンドポイント脅威の防止、検出、対応が、脅威インテリジェンスとプロアクティブな脅威ハンティングによって強化されます。

Virtual Security Operations Center

仮想セキュリティー・オペレーション・センター(SOC)を使用して、ハイブリッドクラウド・システム、デバイス、ネットワーク、アプリケーションをモニターおよび管理します。

参考情報

ネットワーク・セキュリティーの基本にフォーカス

サイバーセキュリティー・チームが、取るべき重要なアクションを探って、脅威を特定、調査、対応できるようにします。

脅威識別プログラムの作成

脅威識別の主要な柱を見つけ、増大する攻撃面の数に対するリスクをより適切に管理します。

クラウド・セキュリティーのベスト・プラクティスの実装

リモートワークと、クラウドに依存したデータとアプリケーションへのアクセスにより、クラウド・セキュリティーの必要性が高まります。

関連ソリューション

データ・セキュリティー・ソリューション

複数の環境にわたって企業データを保護してプライバシー規制を満たし、複雑な運用を簡素化します。

クラウド・セキュリティー

ハイブリッド・マルチクラウドに確実に移行し、クラウド・ジャーニーのすべてのフェーズにセキュリティーを組み込みます。

インフラストラクチャー・セキュリティー

ハイブリッドクラウド戦略の力を引き出すために必要となるITセキュリティー・ソリューション、セキュアなサーバー、メインフレーム、ストレージを提供します。

ネットワーク侵入テスト

モバイル・アプリケーション、IoTアプリ、ネットワーク、ハードウェア、担当者をテストして、最も重要な資産を危険にさらす脆弱性を発見し、修正します。