概要

モバイル・ワールドのためのモバイル・セキュリティー

今日、職場はオフィスに限りません。 CIOおよびCISOとそのチームは、安全なモバイル・ワーカーを必要としています。また、すべてのデバイスへのアプリケーション、コンテンツ、リソースの柔軟なデリバリーを可能にする、エンタープライズ・モバイル・セキュリティー・ソリューションを求めています。 個人所有デバイスの業務使用(BYOD)、利用デバイスを自由に選べるCYOD(Choose Your Own Device)、または企業の責任の下に用意された環境のいずれをサポートする場合にも、リスク洞察や行動分析、セキュリティー・ポリシー、基幹業務リソースのコンテナ化など、モバイル・セキュリティーの脅威と予防のための戦略的オプションが必要になります。

メリット

AIを活用したリアルタイムのリスク評価の実施

IBM Security MaaS360® Advisorは、Watson®を活用して、登録されたデバイスやユーザーに影響を及ぼす可能性のあるリスクに関する洞察を提供します。 MaaS360のユーザー・リスク管理は、登録ユーザーごとに継続的に更新されるリスク・スコアを作成することによって、これらの洞察をさらに発展させます。

コンテナ・ポリシーによる重要なアプリケーションとデータの保護

封じ込めは、モバイル・デバイス管理(MDM)の初期の段階からモバイル・セキュリティーの基礎となっており、今日でも、ユーザーの生産性と企業のデータ保護のバランスを取るための重要な要素となっています。 データ損失防止(DLP)に使用されている場合でも、エンタープライズ・アプリケーション用の認証の設定に使用されている場合でも、MaaS360にはその用途に合ったコンテナ・アプリケーションがあります。

モバイル脅威防御による直接行動

IBM Security MaaS360のMobile Threat Management(MTM)は、疑わしいアプリから生まれたマルウェアを、問題が起きる前に検出し、修復することができます。 こうした機能は、モバイル脅威防御(MTD)プロバイダーであるWandera社との提携によりさらに高められており、フィッシング、中間者攻撃、クリプトジャッキング、その他のデバイス、ネットワーク、アプリケーション、およびコンテンツ・ベースの脅威から防御します。

モバイル・セキュリティー用プラットフォーム

サイバー犯罪が巧妙化している今日、従業員は無数にアプリを扱い、データは流通する通貨のようになりました。 企業は、モバイル・セキュリティー・ソリューションを使用した、投資および戦略の調整に迫られています。

 

ただし、これらはスマートフォンやタブレット用に留まりません。 ノートPC、デスクトップ、IoT、非標準デバイスも、モバイル・デバイスと同じように管理することができます。 AIを活用した脅威インテリジェンスと修復機能を装備したUEMプラットフォームによって、あらゆるエンドポイント・セキュリティーの取り組みを促進する必要があります。

モバイル・セキュリティー・ソリューション

モバイル・デバイス管理(MDM)

あらゆるUEM導入の基礎となるのがMDMです。 UEMソリューションは豊富なセキュリティー・ツールと生産性向上ツールのセットを提供しますが、デバイス自体が最低限の登録と管理をされていない場合、これらのツールは意味をなしません。 MDMソリューションは、APIベースのポリシー、すべての一般的なオペレーティング・システムの当日サポート、コンプライアンスのルール、およびアプリの配布といった、あらゆる MDMプラットフォームの根幹をなす機能を提供します。

エンタープライズ・モビリティー管理(EMM)

EMMソリューションは、MDMから完全なUEMへの進化の途中に位置し、ユーザー・エクスペリエンスとデータ・セキュリティーに重点を置いています。 MaaS360内のEMM機能には、安全なコンテナ(職場のアプリケーションが備わった、ユーザー・デバイスにインストールされる暗号化されたサンドボックス)、および企業アプリケーション用のIDツールやモバイル・アプリケーション管理(MAM)ポリシーなどがあります。

個人所有デバイスの業務使用(BYOD)

BYODは、従業員をよりモバイルにし、各自がいる環境をオフィスにすることを可能にする企業ポリシーです。 簡単に言えば、BYODは、個人のデバイス(スマートフォン、タブレット、ノートPC、ウェアラブル)を使用して、どこからでも企業データにアクセスすることを推進します。 ネイティブ・コンテナから、ユーザー登録やAndroid Enterpriseなどの開発者機能まで、MaaS360はBYODの導入のあらゆる面をサポートします。

統合エンドポイント管理(UEM)

UEMは、簡素化および統合されたデバイス管理アプローチを提供します。 これは、MDMで使用可能なデバイス・ポリシーと、EMMの導入を介して提供されるデータ・セキュリティーとID機能の集大成です。 これらに加えて、UEMは、脅威防御、AI分析、およびあらゆるデバイス(最もよく使用されるモバイル・オペレーティング・システムのいずれかを稼働する、スマートフォン、タブレット、ノートPC、デスクトップ、またはIoT)の管理機能の提供により、さらなる機能強化を実現します。

安全なモバイル・アプリケーションの開発

IBM Cloudを使用して、よりスマートなモバイル・サービスやモバイル・アプリケーションを構築してください。 アプリケーションの設計、プロトタイプの作成、市場への投入を迅速に行います。

Mobility Success Services

デバイスの調達と展開から、ライフサイクル管理、Windows 10の移行サービスまで、Mobility Success Servicesは、企業のセキュリティーと生産性の向上を支援します。

IBM Security MaaS360 with WatsonのTotal Economic Impact™

IBMは、ITおよびセキュリティー業界のリーダーがUEMへの投資の具体的な価値を認識、実証、正当化できるようにするため、Forrester Consulting社に依頼してTotal Economic Impact™(総経済効果)調査を実施しました。 このレポートは、脅威防御やその他のモバイル・セキュリティー・ツールがUEMの展開にもたらす価値について詳しく説明します。

参考情報

UEMの現在と未来 Forrester Research社をゲストに迎えた入門講座

Forrester Research社のシニア・アナリストである Chris Sherman氏が、IBM MaaS360 with Watsonの製品管理およびマーケティング・チームのAlex Cherian、John Harrington、Ryan Schwartzと、UEMについて意見を交わします。

すべてのデバイスがモバイルになった場合に備える

現在および将来の社員のモバイル・デバイスを保護するための業務上の重要な考慮事項について説明します。

次のステップ