統合エンドポイント管理(UEM)によるモバイルの保護

モバイル・デバイス管理(MDM)およびエンタープライズ・モビリティー管理(EMM)から発展した IBM MaaS360® with Watson™ は UEM へと進化しており、AI を駆使するクラウド・ベースの統合プラットフォームを通してモバイル・セキュリティーをもたらします。

単一のオペレーティング・システム・タイプをサポートしているか、多様なデバイスを混在させているかにかかわらず、IBMのモバイル・セキュリティーは、市場で最もセキュアで効率的で直感的なソリューションを提供し、AIテクノロジーを利用して十分な情報に基づく迅速な意思決定を助けます。

モバイル・セキュリティー・ソリューション

モバイル・デバイス管理(MDM)

MDMでは、iOS、macOS、Android、Windowsのデバイスを可視化して制御することができます。 

エンタープライズ・モビリティー管理(EMM)

EMMは、エンドポイント・ユーザーおよびモバイル・ユーザーが企業リソースに接続できるようにします。既存のインフラストラクチャーとの統合、デバイスの構成、コンテンツの配信、革新的なコラボレーションを可能にします。 

個人所有デバイスの業務使用(BYOD)

BYODは、社員が個人所有のデバイス(スマートフォン、タブレット、ラップトップ、ウェアラブル)を使用して、あらゆる場所からエンタープライズ・データにアクセスできるようにします。

Mobile Threat Defense(MTD)

MTDは、モバイル・デバイス上に存在する、企業を標的にしたマルウェアを検出、分析、修復することで、詐欺やデータ漏えいから企業を保護します。

モバイル・アプリケーション・セキュリティー

モバイル・アプリ・セキュリティーは、各種オプションにより、さまざまなパブリック・アプリとプライベート・アプリに対応します。  iOS、macOS、Android、Windowsのネイティブ・ライクの統合アプリ・カタログ、データ漏えい防止用のアプリ・ラッピング(SDK)、インストールと使用に関するAIアナリティクスの中から選択できます。

Appleデバイス管理

Appleデバイス管理を使用して、iOSとmacOSの両方のデバイスを1つのプラットフォームで管理し、最新のバージョン更新を即時に利用できます。

Androidデバイス管理

IBMは、Androidデバイス管理のサポート、Android Enterprise and Samsung Knoxを提供しています。これを導入すれば、1 つのプラットフォームを通して最新のセキュリティー機能および仕事効率化機能に素早くアクセスできます。

Windowsデバイス管理

複数のWindowsデバイスを素早く簡単に登録して管理できます。通常、それらのデバイスに一切触れずに行えます。

モバイル・セキュリティーについて

今こそモバイル・セキュリティーについて真剣に考えるべき時です

モバイル・セキュリティーの現状について

モバイル・セキュリティーの欠陥への対処に掛かる時間を短縮する

関連するモバイル・セキュリティー製品

IBM Security Access Manager

Web環境やモバイル・コラボレーション・チャネルのアクセス・ポリシーを先見的に実施します。

IBM Trusteer Mobile SDK

リアルタイムでデバイスのリスクを評価することで、モバイルの成長を促進します。

IBM QRadar

セキュリティー情報とイベント管理(SIEM)、ログ管理、異常検出、インシデント・フォレンジック、構成と脆弱性の管理を統合します。