IBM ZおよびLinuxONE上のKVM
KVM仮想化クックブックを読む
KVMハイパーバイザーが仮想化環境に接続する仕組みを示したイラスト

KVM for IBM® Z and LinuxONEは、IBM ZIBM LinuxONEシステム上のLinux®ワークロードを仮想化するための、IBM z/VMハイパーバイザーに代わるオープンソース・ソリューションです。

データ需要の高まりとセキュリティーへの懸念が増大する中、Kernel-based Virtual Machine(KVM)のオープンソースの仮想化が、IBM ZとLinuxONEシステムでこれらの需要に効果的に対応するために役立ちます。KVMは、ハイパーバイザーの柔軟性とオープンソースの特性を兼ね備えており、仮想化に最適です。

IBM ZとLinuxONE上のKVM(Blogspot)

KVMに関する記事を参照して、IBM ZとLinuxONE上でKVMを実行する方法、最新情報、ヒントをご覧ください。

メリット 構成と運用の標準化

IBM ZやLinuxONEなどのプラットフォームとの互換性に優れ、アーキテクチャーに依存しない特性で運用の標準化を促進します。

コンフィデンシャル・コンピューティングの実現

IBM Secure Execution for Linuxに基づいてVMにコンフィデンシャル・コンピューティングを提供し、セキュリティーを最大限に強化します。

一般的なLinux管理スキルの活用

さまざまなプラットフォームで共通のユーザー体験を提供する標準化されたLinuxツールとインターフェースにより、KVMの導入を管理するための訓練を受けた従業員を見つけやすくします。

機能
セキュリティー IBM Secure Executionの活用

IBM Secure Executionは、KVMで実行されるワークロードのデータを保護し、他のVMやKVM管理者による検査、変更、侵害からVMを保護します。

IBM Secure Execution for Linuxの資料を読む

高可用性 仮想サーバーのライブ移行

仮想サーバーのライブ移行により、仮想サーバーに影響を与えることなく、KVMクラスター周辺でLinuxゲストを移動できます。

詳細はこちら

インフラストラクチャー管理 インフラストラクチャー管理の簡素化

Red Hat® KVMをベースにした仮想インフラストラクチャーの、簡素化されたサービスとしてのインフラストラクチャー管理を実現します。

IBM Cloud Infrastructure Centerはこちら

セキュリティー 広範囲にわたる暗号化

KVMは、IBM ZとLinuxONEプラットフォームで使用できる、オンチップ暗号化アクセラレーションとCrypto Expressアダプターをサポートしています。

IBM Crypto Expressの機能はこちら

ユースケース サーバー連携

拡張性の高いIBM ZとLinuxONEシステム上のKVMを使用して、サーバーを連携し、消費電力とフットプリントを節約します。

IBM z16のサステナビリティーはこちら IBM LinuxONE 4のサステナビリティーはこちら
コンフィデンシャル・コンピューティング

IBM Hyper Protect Virtual Serversを使用して、IBM ZとLinuxONE上のKVMでホストティングすることで、使いやすいオンプレミスへの導入を実現し、デジタル資産を保護します。

Hyper Protect Virtual Serversの詳細はこちら
参考情報 IBM Z上のKVM

KVMハイパーバイザーのゲストとしてLinuxを設定、構成、操作する方法についての関連資料をご覧ください。

Red Hat Enterprise Linuxに含まれるKVM

KVMハイパーバイザーによって仮想化されたメインフレーム環境で、Red Hat Enterprise Linuxが実行される様子をご覧ください。

SUSE Linux Enterprise Serverに含まれるKVM

KVMハイパーバイザーによって仮想化されたメインフレーム環境で、SUSE Linux Enterprise Serverが実行される様子をご覧ください。

Canonical Ubuntuに含まれるKVM

KVMハイパーバイザーによって仮想化されたメインフレーム環境で、Canonical Ubuntu Serverが実行される様子をご覧ください。

IBM LinuxONE上のRed Hat OpenShift Container Platform

Red Hat Enterprise Linuxが提供する最小要件とKVMハイパーバイザーを使用して、Red Hat OpenShift Container Platformをインストールします。

関連製品 IBM Cloud Infrastructure Center

Red Hat KVM(およびIBM z/VM)をベースとして、インフラストラクチャー・サービスの自動化により実現される、Cloud Infrastructure Centerが提供する仮想インフラストラクチャー向けライフサイクル管理をご利用ください。

IBM z16

IBM z16をKVMのハードウェア・プラットフォームとして使用することで、高性能、高可用性、高拡張性、高セキュリティーを実現できます。

IBM LinuxONE 4

KVMのハードウェア・プラットフォームにIBM LinuxONE 4を選択すると、拡張性、持続可能性、高性能、高セキュリティーなどの機能が最大限に向上されます。

IBM Hyper Protect Virtual Servers

デジタル資産のユースケース向けにSecure Executionのゲストを簡単に導入し、コンフィデンシャル・コンピューティングによって保護しながら、分離されたワークロードの導入を拡張します。

IBM z/VM

IBM ZとLinuxONEサーバー上で、Linux、z/OS、z/VSE、z/TPF仮想マシン、およびRed Hat OpenShiftを実行するために設計された、安全性と拡張性に優れたハイパーバイザーと仮想化テクノロジーを備えたオペレーティング・システムを使用します。

詳細情報はこちら

KVMオープンソースの仮想化テクノロジーの詳細をご確認ください。IBM ZとLinuxONEのエキスパートとの30分間の無料相談をご予約ください。

KVM仮想化クックブックを読む
その他の参考情報 資料 サポート サポートとサービス グローバル・ファイナンシング パートナー 教育プログラムと学習 IBM Redbooks コミュニティー 開発者コミュニティー 参考情報