IBM Cloud Infrastructure Centerのスクリーン・ショット

概要

IBM® Cloud Infrastructure Centerは、仮想インフラストラクチャーのライフサイクルの定義、インスタンス化、管理を行うための一貫性のある業界標準のユーザー・エクスペリエンス、イメージのデプロイメント、リソース使用率を最大化するためのポリシーを提供するIaaSオファリングです。コンピュート、ネットワーク、ストレージのリソースの簡素化されたインフラストラクチャー管理と、IBM Z®およびIBM LinuxONEプラットフォーム上で実行されるIBM z/VM®ベースのLinux仮想マシンのクラウド実装を提供します。

メリット

管理の簡素化

コンピュート、ネットワーク、ストレージの各リソースのインフラストラクチャーを効率的に管理します。

迅速な価値の拡大

インフラストラクチャー・リソースを活用し、仮想マシンのディスカバリーを行い、仮想イメージを起動できます。

クラウドの統合

OpenStack対応のAPIにより、ハイブリッド環境およびマルチクラウド環境に円滑に統合します。

IBM Cloud Infrastructure Centerの機能

  • 効率的なインフラストラクチャー管理
  • 業界標準のユーザー・エクスペリエンス
  • OpenStack対応のAPIによる統合
  • 仮想マシンのディスカバリー
  • イメージの管理
  • クラウドの実装を加速