待ち時間なしの銀行業務
Sagicor Bank Jamaica社は、コア・プロセスを加速し、IBM LinuxONEテクノロジーを使用して新しいサービスの立ち上げを開始します。
Sagicor Bank case study leadspace image

列に並ぶのは楽しいことではありません。モバイル・アプリやオンライン・ポータルのおかげで、銀行窓口に並ぶ必要性は減りましたが、ジャマイカでは依然として多くの銀行業務が対面で行われています。しかし、顧客の時間を優先する銀行があったとしたらどうでしょうか?それで銀行業務が面倒でなくなったら?

「他の金融機関と同様に、私たちも非常に競争の激しい環境に身を置いています」と、Sagicor Bank JamaicaのIT担当副社長、マーク・クラーク氏は説明します。「そのため、私たちは常に差別化を図り、お客様に提供する価値を高める機会を模索しています。しかし、私たちが追加したいこうした価値層で前進を図るには、適切なテクノロジーを導入する必要があります。」

特に、Sagicorはコア・バンキング・アプリケーションの更新を望んでいました。同社は10年近くにわたり、IBMビジネス・パートナーであるTemenos AGのTemenosコア・バンキング・ソリューションのインスタンスに依存していました。しかし、ソフトウェアの新しいバージョンが毎年リリースされる一方で、Sagicorは最初のリリースのままでした。

「私たちはまだR14シリーズを使用していました」とクラーク氏は付け加えます。「もちろん、これは非常にうまく機能していたので、不満はありませんでした。しかし、コンテナ化やマルチクラウドなどが話題になるずっと前に、私たちはそのテクノロジーを導入しました。また、当社のコアバンキングを最適化できるばかりでなく、デジタル・トランスフォーメーションの前進とクラウドへの転換を支援するテクノロジーに投資し、テクノロジー移行することが重要でした。」

同時に、基盤となるハードウェア・インフラも同様に老朽化しており、一般的なタスクに時間がかかりすぎていました。そのため、前日の締めが終わっていないうちに朝から営業開始することもあり、初期業務が停滞することもありました。

「預金口座に振り込むためだけに朝から長時間並ばなければならないのは、銀行のお客様にとって、とてつもなく不快なことでしょう」とクラーク氏は付け加えます。「そして最悪なのは、出納係が何もできないことです。彼らはテクノロジーが機能するようになるまで立ち往生しているのです。そのため、行列ができて、顧客はさらにイライラしてしまいます。それは理想的ではありません。」

実行時間の短縮

 

一日の終わりの閉店時間を約50%短縮し、<以前は6時間以上必要だった作業を完了するのに3時間未満で>済むようになりました。

コスト削減

 

年間コストを推定100 万ル削減し、3~4年で完全なROIを達成

当社のコアバンキングを最適化できるばかりでなく、デジタル・トランスフォーメーションの前進とクラウドへの転換を支援するテクノロジーに投資し、テクノロジー移行することが重要でした。 Mark Clarke氏 IT担当バイスプレジデント Sagicor Bank Jamaica
パフォーマンスがその証拠

Sagicorは、自社のバンキング・テクノロジーのためにTemenosを選択したことに自信を持っており、最新のバンキング環境をホストするための新しいハードウェアの評価を開始し、すぐにIBMテクノロジーに注目しました。

「私はIBMを信頼できるソースプロバイダーだと考えています」とクラーク氏は言います。「ストラテジーについて考えているとき、最初に相談する相手はIBMです。彼らは私のニーズを理解するために時間とエネルギーを費やしてくれます。また、彼らは私たちとじっくり話し合い、より大きな市場で何が起こっているのか、そしてどのように私たちを支援できるのかを教えてくれます。ただ製品を売り込んでいるだけではないのです。」

Temenos社のラテンアメリカ・カリブ地域ディレクターのエンリケ・オライリー氏は、次のように述べています。それは非常に複雑になりがちです。セキュリティが必要です。柔軟性とデータ整合性が必要です。特に数万、数十万のトランザクションを検討している場合には、拡張性が必要です。Temenosはプラットフォームに依存しませんが、IBMがそのレベルのパフォーマンスを提供するのを何度も見てきました。」

最初の話し合いの後、IBMチームは、Red Hat Enterprise Linux(ibm.com外部へのリンク)を実行する単独の IBM LinuxONEサーバーをSagicorの本社に配備する概念実証(POC)を提案しました。

「彼らは『私たちの言葉を鵜呑みにするな、私たちが証明してみせる』と言ったのです」とクラーク氏は振り返ります。「彼らは無料でプロトタイプを送ってくれて、Temenos Transactのセットアップを構成して最適化してくれました。私たちは基本的にこのLinuxONE上で並行コア・バンキング・プロセスを数か月間実行しました。そして、この POC は成功パラメータをすべて上回ったのです。これにより、成功するビジネス・ケースを利害関係者やビジネス・リーダーに簡単に提示できるようになりました。」

経営陣の賛同を得て、SagicorはIBMチームとの調整を開始し、リカバリ環境や付随するストレージを含むソリューション全体の計画を立てました。共同チームは、すでに導入されているLinuxONEサーバーを銀行の復旧サイトに移行すると同時に、実稼働環境として機能する新しいLinuxONEプラットフォームを企業のプライマリ・データセンター内にインストールしました。

この2つのシステムは、オープンソースのカーネルベースのVirtual Machines (KVM) テクノロジーを利用して、プラットフォーム全体で複数の仮想環境を有効にします。現在、サーバーは実稼働環境とリカバリ環境でそれぞれ8個と18個のLinux統合施設(IFL)を実行しています。同時に、IBMとSagicor は、IBM FlashSystem 7200ストレージ・デバイスのペア(各サイトに1台)を配備し、更新された銀行システムの管理下にある対応する口座データを保管します。

「Temenosソリューションは銀行の金融システムの基盤を形成しているため、大量のデータを処理します」とオライリー氏は説明します。これにより、ユーザーは顧客、当座預金、投資、融資資金庫など、ほぼすべてのコア機能を監視および管理できます。それが顧客のために実行されているアクションであれば、Temenosを経由することが多いです。」

私たちは基本的にこのLinuxONE上で並行コア・バンキング・プロセスを数か月間実行しました。そして、この POC は成功パラメータをすべて上回ったのです。 Mark Clarke氏 IT担当バイスプレジデント Sagicor Bank Jamaica
早期導入、早期イノベーション

「私が社長と話すときに最も気をつけていることの1つは、ITの〈コスト〉を扱っていないことを説明することです」とクラーク氏は述べています。「私は、その言葉から彼らの考え方を変えるように注意しました。〈コスト〉と言う代わりに、ITを〈投資〉と呼んだのです。そして今、私たちはTemenosとLinuxONE に投資し、デジタル化への歩みを進めながら業界をリードしています。」

特に、Sagicorはサービスへのアクセスを拡大し、より多くのデジタル・バンキングやモバイル・バンキング・ソリューションを消費者に提供したいと考えています。同様に、AI搭載のチャットボットは、銀行の顧客へのより迅速な24時間体制のサービスを促進するのに役立ちます。

「可能性は無限大です」とクラーク氏は説明します。「私には将来の在り方についての夢があります。今後はアジャイルになります。私は、顧客が実店舗を必要とせず、仮想空間、いわば金融メタバースで当社のすべてのサービスにアクセスできる世界を思い描いています。世界中のどこにいても、銀行業務のエクスペリエンスはシームレスになるのです。」

そして、こうした利用可能なサービスの作成と拡張を促進するため、同行はTemenosプラットフォームによって利用可能になったAPIを活用する予定です。「私たちのアーキテクチャは、Sagicorを社内だけでなく社外のさまざまなプラットフォームに統合できるようにするいくつかの組み込みAPIを提供します」とオレイリー氏は明言します。「つまり、支払い開始ツールや分析ツールなど、必要なものであれば何でも、他のツールを組み合わせて作成できるようになるのです。」

クラーク氏はさらに次のように続けます。「新しい収益源、つまり新しいビジネス・モデルを導入できるようになります。これは私たちにとって大きなプラスです。そして、マルチクラウド・ハイブリッドへの移行という次の段階に進むにあたり、LinuxONEはそれに対する準備ができています。」

私は、顧客が実店舗を必要とせず、仮想空間、いわば金融メタバースで当社のすべてのサービスにアクセスできる世界を思い描いています。 Mark Clarke氏 IT担当バイスプレジデント Sagicor Bank Jamaica
Sagicorのロゴ
Sagicor Bank Jamaicaについて

Sagicor(ibm.com外部へのリンク)は、ジャマイカ全土にある16の支店を通じて運営されているフルサービスの大手金融機関です。ジャマイカのキングストンに本社を置く同行は、生命保険と健康保険を専門とする金融サービスコングロマリットであるSagicor Group Jamaicaの傘下にあります。

Temenosのロゴ
Temenos AGについて

IBMのビジネス・パートナーであるTemenos(ibm.com外部へのリンク)は、ソフトウェア開発・販売会社です。その主要なソリューションは、コンポーザブル・バンキング向けの主要なオープン・プラットフォームであり、毎日世界中の12億人以上の人々に機会を創出しています。Temenosは150か国以上の3,000行以上の銀行にサービスを提供し、新しい銀行サービスと最先端の顧客体験の構築を支援しています。

次へ:
PDFファイルを読む 新スタイル
スマートなシステム統合 - スタイリッシュにパフォーマンスを加速
お客様事例はこちら
脚注

© Copyright IBM Corporation 2023.IBM Corporation, IBM Systems, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2023年1月に米国で作成。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM FlashSystemおよびz/VMは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの法域で登録されています。その他の製品名・サービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」http://www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade。

登録商標「Linux」は、世界範囲における本商標の所有者であるLinus Torvalds氏の独占的ライセンス所有者であるLinux Foundationから提供されたサブライセンスに基づき使用されています。

Red Hat、JBoss、OpenShift、Fedora、Hibernate、Ansible、CloudForms、RHCA、RHCE、RHCSA、Ceph、およびGlusterは、米国およびその他の国におけるRed Hat社またはその関連会社の商標または登録商標です。

本資料は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBM により予告なしに変更される場合があります。本資料の内容(適用される税金を除いた通貨または価格の参照を含む)は最初の発行日時点における最新情報であり、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。