データ・アクセスを監視し、脅威に対処

IBM Guardium Data Protection for Big Dataは、自動機密データ検出/分類機能、リアルタイムのデータ活動監視機能、コグニティブ分析機能を使用して、機密データに対する異常なアクティビティーを検出します。また、通常のユーザーのアクセス・パターンを学習して不正なデータ・アクセスからデータを保護し、疑わしいアクティビティーに対してリアルタイムでアラートを発信する機能も備えています。さらに、社内外の脅威からデータを保護するために、動的にアクセスをブロックしたり、ユーザーIDを検疫したりする機能に加えて、コンプライアンス・ワークフローの簡素化と自動化も支援します。また、データの活動状況に対する高度な可視性を提供し、Hadoop環境とNoSQL環境の両方をサポートします。

社内外のリスクを特定

ビッグデータ環境内の機密データの検出と分類を自動化します。また、コグニティブ分析機能および脅威検出分析機能を使用して、すべてのデータ活動を監視および監査します。

拡張が容易なアーキテクチャー上に構築

データの活動に対する完全な可視性を提供し、HadoopとNoSQLの両方の環境をサポートします。

セキュリティー・ポリシーをリアルタイムに適用

すべてのデータ・アクセス、変更管理、ユーザーの動作に対してリアルタイムでセキュリティー・ポリシーを適用して、企業全体でデータを保護します。

製品イメージ

Guardiumのナビゲーションの概要
Guardiumのナビゲーションの概要
機密データの検出
機密データの検出
分類規則の定義
分類規則の定義
すぐに使用可能なポリシーの作成
すぐに使用可能なポリシーの作成
機密データの監視と保護
機密データの監視と保護
多数の規則へのコンプライアンスのサポート
多数の規則へのコンプライアンスのサポート