IBM z/OSをお勧めする理由

信頼できるインフラストラクチャー

IBM® z/OS®は、安全(英語)かつスケーラブルで回復力のある(英語)インフラストラクチャーを提供します。

継続的デリバリー

新機能は四半期ごとに使用可能になるため、安定性、複雑さ、コストに影響を及ぼす心配がありません。

より優れたハイブリッド・クラウド

IBM z/OSは、ハイブリッド・クラウドに新しいエンタープライズ機能を組み込み、俊敏性と信頼性を提供します。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210
識別コード:IBM Z

IBM z/OSのオファリング

ハイブリッド・クラウドへの対応

z/OS Cloud Broker

シームレスなクラウドDevOpsのために、クラウド・アプリを使用してz/OSのリソースとサービスをデプロイします。

Cloud Provisioning and Management for z/OS

自動化されたセルフサービス・プロセスにより迅速にプロビジョニングします。

IBM z/OS Cloud Storage

Transparent Cloud Tiering(TCT)を使用してデータ・アーカイブ操作を簡素化します。

IBM z/OS Container Extensions

Linux on Z アプリケーションならほぼすべて、1つのz/OSアドレス・スペース内に実装し、管理できます。

オーダーメイド料金体系

企業向けの新しい使用量および容量による料金ソリューション。柔軟性が向上し、コストが削減されます。

アプリケーション開発

Java for z/OS

z/OS向けのJava言語およびJava機能を提供します。

Language Environment

C、C++、COBOL、PL/I Fortran、およびアセンブラーの各アプリケーション向けのランタイム環境です。

Metal C

言語環境ランタイムに依存しないコードを生成します。

Node.js

IBM SDK for Node.js - z/OSは、既存のIBM Z®アプリケーション・スタックを拡大できます。

Open Data Analytics

オープン・ソースのランタイムおよびライブラリーを、z/OSデータの分析と組み合わせます。

z/OS XML

z/OS XML System Servicesは、検証付きまたは検証なしで文書を構文解析するために使用されます。

使いやすさ

システム表示/検索機能(SDSF)

JES2/JES3環境でシスプレックスをモニターおよび管理します。

z/OS Management Facility (z/OSMF)

このWebベースのインターフェースは、どのような場所からでもz/OSシステムを管理することができます。

拡張性とパフォーマンス

キャパシティー・プロビジョニング

システム容量のボトルネックの識別と解決を自動化します。 

リソース測定機能(RMF)

システムをモニター、調整、構成するためのデータを収集します。

z/OSワークロード管理(WLM)

システムをモニターして処理を最適化し、複数のワークロードを管理します。

セキュリティー

Multi-Factor Authentication for z/OS (MFA)

RACFと連携して認証要素を追加します。

PKIサービス

管理者がポリシーに従ってユーザーからの要求を管理できるようにします。

Resource Access Control Facility (RACF)

データの保護、重要なシステム・リソースの保護、および権限の管理を支援します。

システム管理

DFSMS™

ストレージ、データ、およびデバイスの管理機能を提供します。

ハードウェア構成定義(HCD)

プロセッサーのチャネル・サブシステムとOSを構成します。

ハードウェア構成マネージャー(HCM)

HCDに対してPCベースのインターフェースを提供します。

JES2スプール・マイグレーション

既存のJES2スプール・ボリュームを別のスプール・ボリュームに移動またはマージします。

ネットワーク・ファイル・システム(NFS)

管理対象ストレージを分散ネットワークに移します。

印刷サービス機能(PSF)およびInfoprint Server

実動印刷の管理を支援します。

SMP/E

このツールは、z/OSシステムおよびサブシステムにソフトウェアをインストールして保守します。

UNIX®システム・サービス

認証済みの統合UNIXシステムは、システム・リソースの管理と保護に役立ちます。

お客様の声

z/OSMFにより、メインフレーム・ユーザーは、IT運用管理に役立つアプリケーション向けのオープン・インターフェースを使用できるようになります。今後、z/OSMFは独立した製品というより、オペレーティング・システムの重要なコンポーネントとなります。

Lihui Liu氏, プロジェクト・マネージャー, ICBCデータセンター

参照情報を見る

新規コミュニティー

メインフレームの統合性と俊敏性の向上のためにご参加ください。

新たなソフトウェア料金設定

企業向けの新しい使用量および容量のソリューションにより、柔軟性とコスト削減を実現します。

Danske Bank

バンキング・サービスとカスタマー・サービスにおけるイノベーションを推進しています。

三菱電機

ITインフラストラクチャーの幅広い再設計を提供してお客様の要求をサポートしています。

Wüstenrot

Z Container Pricingで開発コストを削減し、RESTful APIで開発者を支援します。

開発者向け

DevOpsで更新情報を取得したり、評価版を探したり、専門家とつながったりすることができます。

学生向け

価値のあるITとメインフレームのスキルを育成します。

すべての研修

個別設定された学習で、学び、成功します。

ISVとz/OS

z/OSのサポートを報告する独立系ソフトウェア・ベンダーについて説明します。

ISVとIBM Z

サービス・プロバイダーと4,000を超えるアプリケーションを提供する700社のISVのネットワークについて説明します。

サービス

統合サービス・テスト、推奨サービス更新などについて説明します。

回答

技術以外の質問については、ご自身で調査するか、Eメールでお問い合わせください。

サポートの強化

必要なサービスとサポートを取得します。

IBM z/OS Management Facility (z/OSMF)

このフレームワークは、シンプルで合理化され自動化されたタスクを使用することで、プログラマーの生産性を高めます。

IBM Cloud Provisioning and Management for z/OS

自動化されたプロセスにより、z/OSソフトウェア・サブシステムを迅速にプロビジョニングします。

その他の評価版

最新のIBM Zの機能を無料でお試しください。インストールは不要です。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:IBM Z