z/OSをお勧めする理由

IBM® z/OS®は、セキュリティーアジャイル開発、高い使用率を実現します。 アプリケーションの互換性を維持し、オンプレミスとハイブリッドクラウドLinux® on IBM Z®コンテナを実行します。z/OSをIBM z15™と併用すると、パフォーマンス、データ・プライバシー(英語)サイバー・レジリエンシーを向上させることができます。


新着情報

IBM Z および IBM z/OS 日本のお客様向け情報

IBM Z をご愛顧いただいているお客様、また IBM Z の導入、展開、移行に際しお世話になっておりますビジネス・パートナー向けに、IBM Systems Japan Blog に IBM Z 移行に関するお役立ち情報をアップデートしています。

IBM Z テクニカル・セールスの木村 茂樹が発信するブログ、講演資料、セミナーのご案内など、IBM Z のモダナイズに欠かせないテクニカル・インフォメーションをこちらにまとめて掲載してまいります。ぜひブックマークをお願いします。

2021年3月開催「IBM Z Webセミナー 2021 春」をはじめ、セミナーのリプレイや過去の資料もご覧いただけます。

ハイブリッドクラウドの加速

z/OSプラットフォームでのLinux on Zアプリケーションの導入と管理

自動化されたセルフサービス・プロセスによるプロビジョニング

クラウド・アプリケーションによるz/OSのリソースとサービスの導入

z/OS Container Extensionsの代替イネーブルメント


アプリケーションの開発

z/OS用のJavaの言語と機能の提供

C、C++、COBOL、PL/I Fortran、アセンブラー・アプリケーションの実行

ランタイムに依存しないコードの生成

既存のIBM Zアプリケーション・スタックの拡張に対する支援

検証あり/なしの文書の構文解析


セキュリティーの実現

バイオメトリクスの活用による認証の強化

JES2管理対象データの暗号化と圧縮

データとリソースの保護と、権限の管理

データ・ダンプの保全と、ベンダーからのデータの保護

脆弱性のスキャンと修正

z/OSからの独自のX509証明書の発行


使いやすさの向上

Webベースのインターフェースでのz/OSシステムの管理

ソフトウェアのインストールとセットアップの簡素化

ソフトウェアの保守の簡素化

カスタマイズされたアップグレード・パスを実現するz/OSのアップグレード


性能の向上

LPARの容量の変更による計画されたイベントへの対応

z/OSのパフォーマンスのほぼすべての側面に関するレポートの作成

OS、ミドルウェア、ワークロードのアクティビティーの要約

ワークロードの重要度とパフォーマンスの目標の定義


システムの管理

z/OSでのネットワーキング・アプリケーションの構築と導入

プロセッサーのチャネル・サブシステムとOSの構成

HCDに対するPCベースのインターフェースの使用

分散ネットワークへの管理ストレージの導入

JES2/JES3でのシスプレックスのモニタリングと管理


ストレージの管理

ソート、マージ、コピー、分析、レポート作成

ストレージ、データ、デバイスの管理

コピーとスペース再利用のためのデータの管理

ポリシー・ベースの可用性と管理の実現

企業規模のライブラリーとしてのリムーバブル・メディアの管理

Transparent Cloud Tiering(TCT)によるデータ・アーカイブの簡素化

お客様の声

ICBCデータセンター

「z/OSMFは、独立した製品というより、オペレーティング・システムの重要なコンポーネントです。」

NCFB社

最先端のIBMテクノロジーを使用して、迅速でパーソナライズされた顧客サービスを大規模に提供しています。

Wüstenrot社

Container Pricing for IBM Zを使用して開発コストを削減し、RESTful APIを使用して開発者を支援しています。


主な参考情報

新しいコミュニティー

参加すると、エキスパートと連携したり、エキスパートから情報を得たりすることができます。

柔軟な料金体系

柔軟性の向上とコスト削減を実現する、企業の使用量と容量のためのソリューションについてご覧ください。