基幹業務データの保護、アクセス、管理

これまで以上に迅速なデータ移行を可能にし、バックアップの複雑さを軽減し、頻度を高め、安全でコスト効率の高い方法でガバナンスを合理化します。


IBMテープ・ライブラリーをお勧めする理由

一般に90日後には、80%以上のデータは二度とアクセスされなくなるか、アクセス頻度が低くなります。テープは、このようなコールド・データの保管に最適なメディアです。コールド・データは、アクティブ・データよりもパフォーマンス要件が低くなるからです。データの長期保存にディスク・ストレージではなくIBMテープ・ドライブとライブラリーを使用することで、増加するデータの保管コストの劇的な削減が可能になります。IBMは、幅広いラインアップで、エントリー、ミッドレンジ、エンタープライズのシステム環境向けに高性能・大容量のテープ・ライブラリーとオートローダー機能を提供しています。


IBMテープ・ライブラリーとオートローダー

IBM TS2900テープ・オートローダー

このシングル・ドライブでロー・プロファイルのテープ・ソリューションは、小規模から中規模のテープ環境向けです。TS2900は、ハーフハイトLinear Tape-Open(LTO)Ultriumテープ・ドライブのテクノロジーを採用し、Microsoft WindowsやLinux、その他のオープン・システム環境でバックアップ/アーカイブのデータ・ストレージ処理に適した大容量のテープ・ストレージ・ソリューションを構築できます。

TS4300テープ・ライブラリー

IBM TS4300テープ・ライブラリーは、データを長期にわたって安全に保管しながら、データセンターのスペース・コストや光熱費を削減するよう設計された高密度で拡張性が高く、管理しやすいソリューションです。モジュール式の設計により、必要に応じてカートリッジとドライブの容量を増加できます。Linear Tape-Open Ultrium 8、7、および6のカートリッジ、ドライブ、予備電源機構の拡張により、最大7つのモジュールまで垂直方向に拡張できます。

IBM TS4500 テープ・ライブラリー

TS4500は、中規模から大規模の企業がストレージの課題に対応できるよう設計されています。LTO 8カートリッジを使用すると、10平方フィートのライブラリー1つに最大8.76 PB(3592カートリッジを使用すれば最大11 PB)のデータを保管可能で、単一の管理コンソール内で統合テープ・ドライブおよびメディア管理の先進機能を実現できます。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:Storage