Webセミナー

オープンで簡単なデータ連携によりコスト効率の良いハイブリッドクラウドを実現

コンテナ技術によりアプリの移行は簡単になりましたが、データはどうしたらよいでしょうか。オンプレからクラウド、クラウド間での移行や災害対策を考慮したデータ同期方法は多々考えられますがコスト効率が良く、縛られないオープンな方法をご説明します。またクラウド・ストレージをお得に利用する方法も紹介します。

概要

ハイブリッドクラウド・ストレージはシンプルでなければなりません

企業は急速にハイブリッドクラウド・モデルに移行していますが、複数のクラウド・プラットフォームの使用からコンテナ化されたワークロードの急増に至る複雑な状況では、既存のITインフラストラクチャーではその実現が困難な場合があります。

幸い、この複雑なハイブリッドクラウドの世界でも、ストレージ戦略をシンプルにすることは可能です。

ハイブリッド・マルチクラウドの活用 ストレージ編

メリット

ESG社によると、今日のIT専門家は、ハイブリッドクラウドの圧倒的な複雑さに直面しています。シンプルかつ効率的で低コストの最新のハイブリッドクラウド・ソリューションを使用すると、これらの懸念を回避できます。

ハイブリッドクラウドの簡素化

64%

の調査対象のIT意思決定者が、今日のITはわずか2年前よりも複雑化していると考えています。

データ・ボリュームの制御の維持

37%

の回答者が、大量のデータがITの複雑さを増していると述べています。

既存のストレージの強化

29%

の調査対象者が、現代のアーキテクチャーもITの複雑さを増していると述べています。

ハイブリッドクラウドを簡素化し、ストレージ・コストを削減し、既存のストレージを活用および強化

IBM Spectrum Virtualizeソフトウェアは、オンプレミスのIBM FlashSystemストレージとパブリッククラウドの実装環境の中心です。

ハイブリッドクラウド・ストレージ

オンプレミスのフラッシュ・ストレージ

高いパフォーマンス、エンタープライズ・クラスの機能と可用性、AIを活用した使いやすさを提供するIBM FlashSystemファミリーを使用すると、ご使用のフラッシュ・ストレージを簡素化できます。

オンプレミスとクラウド・ストレージのミラーリング

IBM Spectrum Virtualize for Public Cloudを使用すると、ハイブリッドクラウド・ストレージを構築できます。これは、オンプレミスのFlashSystemと同じ機能をクラウドで提供する、クラウドの囲い込みのないシンプルなクラウド・ストレージ・ソリューションです。

クラウド・ベースのストレージ管理

IBM Storage Insightsを使用すると、クラウドからすべてのストレージを監視できます。パフォーマンスと容量に関するAIを活用した情報、実用的なアラート、合理化されたサポートを入手できます。

ハイブリッドクラウド・ストレージ・ソフトウェア

強力で安全なハイブリッドクラウド・ストレージ

ハイブリッドクラウド環境向けの強力かつ俊敏で安全なストレージの構築を支援するソフトウェア定義ストレージです。

コンテナ用の永続ストレージ・サービス

IBMだけが提供できる企業レベルの可用性とセキュリティーを備えた、エンタープライズ・クラスのスケールアウト・マイクロサービスを構築して導入いたします。

ハイブリッドクラウドのサイバー・レジリエンシーとデータ保護

拡張性の高いデータ保護

拡張性の高いデータ保護により、バックアップ・サーバーあたり数十億のオブジェクトを保護できます。ストレージ環境を監視し、ランサムウェア攻撃の兆候を素早く検知し、予防的なセキュリティー通知を受け取ることができます。

ハイブリッドクラウドのデータ保護

ハイブリッドクラウド環境のVM、データベース、コンテナに、ほぼ瞬時の復旧、複製、保存、再使用の機能を提供します。

コピー・データ管理

ストレージの使用を最適化してコストを削減しながら、データ・コンシューマーが必要なときに必要な場所(オンプレミスまたはクラウド)でセルフサービス・ポータルを使用してコピーを作成できるようにします。

ハイブリッドクラウド・ストレージの導入事例

Cloud Temple社

マルチテナント・プライベートクラウドで、顧客の基幹業務のアプリケーションやデータを保護してます。

「自社の要件にはどの製品が向いている?」「他社製品との違いは?費用はどれぐらいかかるの?」 お客様の上記のような疑問にお答えいたします。

お客様ご相談窓口

納期やお客様の要件に合わせた構成、ソリューションについてもご相談可能です。
ストレージ活用のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次のステップ

IBM Storageの最新情報はブログも合わせてご覧ください。