IBM Storage FlashSystem 5000
構成と価格の詳細については、ここをクリックしてください FlashSystem の Storage Insights デモ
IBM FlashSystem 5000製品
パワフルさと手頃な価格を両立

IBM Storage FlashSystem 5000モデル(IBM Storage FlashSystem 5015、およびIBM Storage FlashSystem 5045)は、シンプルで柔軟なストレージを必要とする中小企業向けのSASベースのストレージ・ソリューションです。FlashSystemファミリーの一部であるこれらのエントリーレベルのシステムは、高度なストレージ機能を活用し、必要に応じて拡張可能です。それらは実装が簡単で、使いやすく、拡張が容易です。

Redbookのダウンロード:中堅企業市場向けIBM Storage FlashSystem 5000および5200

IBM Storage FlashSystem 5000 データシート

IDCレポート「持続可能なストレージ・インフラストラクチャーの実装」を読む

製品ツアーはこちら
主な機能 高性能の冗長性

完全冗長化シャーシ・コンポーネントを備えた2Uストレージ・エンクロージャー内の12台/24台のSAS HDD/フラッシュ・デバイスにより、単一故障点が防止されます。

あらゆる規模の環境に対応する拡張性

スマートな自己最適化ソリューションは管理が容易で、オールフラッシュやハイブリッド構成の組織では、成長に伴うストレージの課題を克服できます。

手頃な価格で価値の高いソリューション

手頃なパッケージの高密度フラッシュ・ストレージには、圧縮、重複排除、AIを活用した予測分析が含まれています。

アジャイル・インテグレーション

完全に統合されたシステム管理、アプリケーションに対応したデータ・サービス、AES暗号化、重複排除、圧縮などの高付加価値機能により、データを移行します。

マルチクラウド対応

サポート対象のクラウド・プロバイダーとの間で移行するか、マルチクラウド・ソリューションを作成します。

ストレージを簡単に追加

使いやすく、驚くほど高速なIBM Storage FlashSystemのエントリーレベルのストレージにより、ビジネスのニーズに応じて進化。

レビュー
仕様
  1. RJ45管理ポート
  2. 10Gb RJ45
  3. 2つのコントローラー・モジュール
  4. 16Gb FC、25Gbイーサネット、および10 Gbイーサネット・ポートをFC、およびiSCSI接続に使用可能
  5. ホスト接続および拡張エンクロージャー接続用の 12Gb SASポート

モデル:IBM Storage FlashSystem 5045、IBM Storage FlashSystem 5015

ソフトウェア:IBM Storage Virtualize
シングルもしくはデュアル・コントローラー:デュアル(アクティブ/アクティブ)

  • 12Gb/s SAS
  • 25Gb/秒 iSCSI(iWARPもしくはRoCE)
  • 10Gb/s iSCSI
  • 16Gb/秒 ファイバー・チャネル

最大帯域幅:12GB/秒、8GB/秒
最大帯域幅(読み取り):12GB/秒
応答時間(読み取り):70マイクロ秒未満
シングルエンクロージャー**内の実効最大容量:550TB(2Uエンクロージャー)
プロセッサー/PCIe Gen:Broadwell DE
最大フロントエンド・ホスト・ポート:8ポート+オンボード4ポート

スモール・フォーム・ファクタ・エンクロージャ対応:

  • フラッシュ・ドライブ:1.92TB、3.84TB、7.68TB、15.36TB、および30.72TB
  • 高性能エンタープライズ・クラスのディスク・ドライブ:2.4TB 10,000rpm

ラージ・フォーム・ファクター・エンクロージャー対応:

  • ハイパフォーマンス・エンタープライズ・クラス・ディスク・ドライブ:2.4TB 10,000rpm
  • 大容量アーカイブ・クラス・ニアライン・ディスク・ドライブ:8TB、12TB、16TB、および20TB 7,200rpm

高密度エンクロージャー対応:

  • フラッシュ・ドライブ:1.92TB、3.84TB、7.68TB、15.36TB、および30.72TB
  • ハイパフォーマンス・エンタープライズ・クラス・ディスク・ドライブ:2.4TB 10,000rpm

大容量アーカイブ・クラス・ニアライン・ディスク・ドライブ:8TB、12TB、16TB、および20TB 7,200rpm

ユースケース:

  • サーバーとデスクトップの仮想化
  • 実働および開発データベース
  • コンテナ
  • データセンター・エッジ
迅速で、スマート。手頃な価格のハイブリッドクラウド対応ストレージ・ソリューション エンタープライズ品質の組み込みソフトウェアとOSを活用して、既存のストレージ・システムに新たな命を吹き込み、間近に迫るサイバー攻撃から保護します。スペースに制約のあるエッジ・ロケーション向けのコンパクトな設計です。オンプレミスとハイブリッド向けの堅実な機能を備えています。エッジ・ストレージ、仮想環境、コンテナ環境に最適です。 構成と料金体系はこちら IBM Storage FlashSystem 5015

 

FlashSystem 5015は、ニアライン・アーカイブおよびバックアップの要件に最適なソリューションです。このソリューションにより、ハイブリッド・ストレージ環境を簡素化できます。コストパフォーマンスに優れた製品です。

 

  • 最大5508TBの実効容量(@3:1のデータ削減)
  • Intel Broadwell DE
  • 最速70μsのレイテンシーと400K IOPS
料金体系と構成はこちら
IBM Storage FlashSystem 5045

 

FlashSystem 5045は、混合ワークロードや仮想化環境でのパフォーマンスを最適化するように設計されたエンタープライズ・クラスのデータ・ストレージ・デバイスです。このエントリーレベルのストレージ・ソリューションは、優れたコストパフォーマンスであり、個々のビジネスのニーズに合わせてカスタマイズできます。

  • 最大5508TBの実効容量(@3:1のデータ削減)
  • Intel Broadwell DE
  • 最速70μsのレイテンシーと1.2M IOPs
料金体系と構成はこちら
お客様事例 Grupo Zapata

Grupo Zapataは、IBMとSAPを使用してデータ主導の意思決定を行い、材料費の最小化と収益性の最大化に役立てています。

お客様事例はこちら
Genus Power Infrastructures Ltd.

大手スマートメーター・メーカーがインドを近代化。Genus Power、IBM Storageから電撃的な後押しを受ける

お客様事例はこちら
Höganäs Borgestad AB

Höganäs Borgestadは、新しい仮想化IT環境をサポートするために IBM Storage FlashSystemストレージを導入することで、競合製品と比較して90%のコスト削減でストレージ性能を2倍に。

お客様事例はこちら
IBM Storage FlashSystemオプションの比較

代表的なフラッシュ・ストレージ製品の機能とユースケースをご紹介します。

IBM Storage FlashSystemの詳細はこちら

製品仕様

IBM Storage FlashSystem 5000

IBM Storage FlashSystem 5200

最大帯域幅(読み取り)

12 GB/秒

21 GB/秒

応答時間(読み取り)

70マイクロ秒未満

50マイクロ秒未満

単一エンクロージャー内の有効最大容量*

550 TB(2Uエンクロージャー)

1.2 PBe(1Uエンクロージャー)

プロセッサー/PCIe世代

Intel BroadwellDE

Intel Sky Lake、第3世代PCIe

フロントエンド・ホストの最大ポート数

8

8

サポートされているFlashCoreモジュールの容量

該当なし(業界標準モジュールをサポート)

4.8、9.6、19.2、38.4 TB

ユースケース

- サーバーとデスクトップの仮想化
- 実働データベースと開発データベース
- コンテナ - データセンター・エッジ

- SAP
- Oracle
-
サーバーとデスクトップの仮想化 -
実働データベース
- コンテナ - ワークロード統合

IBM Storage FlashSystem 5200の詳細はこちら

* 3:1のデータ削減率を想定

さらに、すべてのFlashSystem製品は、業界標準のNVMeモジュールとSAS接続された従来のHDDをサポートしています。

次のステップ

お客様のビジネス・ニーズに最適なIBM Storage FlashSystemを構成する際に支援が必要な場合は、IBMのエキスパートにお問い合わせください。

構成と料金体系はこちら
FlashSystem 5000に関するその他の参考情報 IBM FlashSystem ポートフォリオ データシート フラッシュ・ストレージおよびオールフラッシュ・ストレージとは Redbooks ベスト・プラクティスとパフォーマンスのガイドライン レビュー 資料 サポート