IBM Storage Fusion
Red Hat OpenShift上の仮想マシンやコンテナ環境で、アプリケーション向けのクラウドネイティブなインフラストラクチャーを活用することで、価値実現までの時間を短縮します。
ソリューションの概要を読む
Red Hat OpenShiftのストレージおよびデータ管理機能を示すIBM Storage Fusion UIのフラット・スタイルの図

Fusionには、ハイブリッドクラウドのニーズをサポートする2つの柔軟なオプションがあります。

Fusion HCI Systemは、すべてのオンプレミスのRed Hat OpenShift(ibm.com外部へのリンク)アプリケーションを実行および維持するための、完全統合型のターンキー・プラットフォームです。

Fusion Softwareは、パブリッククラウド、オンプレミス、ベアメタル、仮想マシンなど、Red Hat OpenShiftが動作する環境ならどこでも実行できます。

資料を読む

IBM watsonx.dataとIBM Storage Fusion HCI Systemの連携

Kubernetes環境でのストレージの重要性に関するESGレポートを読む

利点
価値実現までの時間を短縮

ハードウェア、Red Hat OpenShift、データ・サービスを統合することで、互換性の問題を排除してセットアップ時間を短縮します。これにより、コンテナ化されたアプリケーションを極めて迅速に実行できるようになり、イノベーションの実現と市場投入までの時間を短縮できます。

総所有コストの削減

プラットフォーム担当エンジニアがOpenShiftを一元管理して運用を合理化し、リソースの利用を最適化し、運用の複雑さとコストを軽減できるようにすることで、OpenShiftアプリケーションのインフラストラクチャーとデータ・サービスを簡素化します。

生産性の向上

プラットフォーム担当エンジニアがより簡単にインフラストラクチャーを管理できるようにすると同時に、開発者がコーディングとイノベーションに集中できるようにすることで、標準化、合理化された環境を通じて双方間の連携を促進し、生産性を向上します。

リスクの軽減

アプリケーションの可用性を向上させ、ネットワークとストレージ関連の問題の発生リスクを軽減します。専用の高速内部ネットワークとNVMeストレージを組み合わせることで、パフォーマンス目標を確実に達成させます。堅牢で正確なデータ複製とフェイルオーバー戦略により、極めて重要なアプリケーションの安定した稼働を確保します。

機能 Storage Fusionの中核となる価値は、「Fusion 5」が実現します。これは、パブリッククラウドとオンプレミスのベアメタルまたは仮想化プラットフォームにわたり一貫した体験を提供する5つの基礎となるアプリケーションのデータ・サービスです。 データの永続性

Fusionのデータ・ストレージ・プロビジョニングの自動化により、プラットフォーム担当エンジニアとアプリケーション開発チームの生産性が向上します。

データの回復力

破壊的なイベントやシステム障害が発生した場合でも、データを常に利用できるようにします。

データ・セキュリティー

データの暗号化、保存、復旧により、意図的または非意図的なデータ損失から保護します。

データの移動性

アプリケーションはエッジからコア、そしてクラウドに至るまで動作する必要があり、データも移動性が求められます。

データのカタログ化

データサイエンティストは、実用的なデータの洞察を大規模でシンプルかつ迅速に作成するための方法を模索しています。​

柔軟な導入オプションと料金体系オプションについては、お気軽にお問い合わせください。
参考情報 IBM Storage FusionによるIBM Cloud Pak for Dataのバックアップと復元

IBM Storage Fusionを使用してIBM Cloud Pak for Dataを保護する方法について説明します。

IBM Storage Fusion HCI System:Metro Sync Disaster Recovery(DR)のユースケース

この資料は、新しいMetro Sync DR機能のインストールと構成に役立ちます。

製品ガイド

パブリッククラウドまたはプライベートクラウドへのIBM Storage FusionおよびIBM Storage Fusion HCIの導入について専門家のガイダンスをご覧ください。

IBM Storage Expert Care

インストール中およびインストール後に利用可能なサポートサービスをご覧ください。

IBM Storage向けテクノロジー・ライフサイクル・サービス

ライフサイクル中にインフラストラクチャー投資を保護する方法について説明しています。

IBM Storage Fusion Support参照ガイド

このガイドを読んで、IBM Storage Fusion Supportを最大限に利用しましょう。

関連製品 watsonx

AIの効果をビジネス全体に拡大するために設計された、企業向けAIとデータのプラットフォームをご活用ください。

IBM Cloud Pak for Data

データ・ファブリック・アーキテクチャーで構築されたプラットフォームを使用して、結果をより迅速に予測します。データの保管場所に関係なくデータを収集、編成、分析します。

IBM Maximo Application Suite

単一のプラットフォームでインテリジェントな資産管理、監視、予知保全、信頼性を実現します。

次のステップ

IBM Storage Fusionでエンタープライズ・グレードのデータ・ストレージと保護サービスを活用する方法について説明しています。

その他の参考情報 資料 サポート コミュニティー