IBMがMobile World Congress 2021に参加

IBMはMWCにデジタル参加し、当社CEOのArvind Krishnaが基調講演を行いました。また、クラウド、AI、自動化を使用したネットワーク変革について、お客様の洞察や導入事例も含めた特別セッションが行われました。

通信の概要

現在のデジタル時代において、通信サービス・プロバイダー(CSP)は、通信業界の将来に重要な役割を果たします。これには、過去の専有中心のネットワークよりも運用コストが低く、より柔軟性の高い通信システムが必要です。

現在、IBMは世界トップのCSPと連携し、このビジョンを実現するために、柔軟性とイノベーションのための人工知能(AI)やハイブリッドクラウドなどの機能、業界の専門知識、グローバルなデリバリー・プレゼンスを提供しています。

メリット

5Gとエッジコンピューティングで将来に備える

Bharti Airtel社のオープンなハイブリッドクラウド・ネットワークにより、価値ある新しいエッジとサービス・オファリングを創出することができるようになりました。

利用者の通信方法の変化

テクノロジー主導の通信ソリューションは、通信方法から新たな収益源の開拓に至るまで、変化を促進します。

オープンな汎用ハイブリッドクラウド・プラットフォーム

IBMとVodafone Idea社の安全なハイブリッドクラウドは、ビジネスと独自のB2Bサービス用に構築されています。

「エッジにより、データ、5G、人間が向上させた機械学習をより安全に組み合わせることができます。」

Ian Hood、Red Hatグローバル・インダストリー、チーフ・テクノロジスト

ネットワーク自動化ソリューション

コール・センター・ソリューション

ビジネスに役立つ通信業界の動向や洞察に関する最新情報をご覧ください。

参考情報

メディア・エンターテインメント業界のビジネスの変革に役立つIBMソリューションをご用意しています。IBM担当員にお気軽にお問い合わせください。