データ・ストレージのサステナビリティー
エネルギー・コストの節約額を見積もる
ストレージの拡張性とストレージ統合のイラスト
違いをもたらすストレージ 29%

市場をリードする競合製品よりも少ないエネルギー量¹

 

ある企業がエネルギーを節約した方法をご紹介
30%

前世代のFlashCoreモジュールと比較して、ラック・ユニットごとの実行容量が増加²

サステナビリティー実現に向けたイノベーションの詳細はこちら
99.6%

2022年にIBMの製品廃棄物のうち、埋め立てまたは焼却処分から転用された重量比³

IBMがお客様のリサイクルを支援する方法の詳細はこちら
IBM Storageで効率性と経済性を両立:持続可能なデータ管理

AIとデータ利用の拡大により、データ量の増大が進んでおり、それに伴いITインフラのエネルギー消費とデータ保管コストの削減が重要な課題となっています。動画では、エネルギー効率を向上させ、データ管理を効率化するためのストレージ・ソリューションを簡潔に解説します。

堅牢なデータ・ストレージの持続可能性ストラテジーでエネルギー・コストを削減 詳細については、Andy WallsとAudrey O'Donnell主催のWebセミナー「IBM Storage FlashSystem Sustainability」でご確認ください。動画を見る
IBM FlashSystemに移行したことで、当社のエネルギー消費量は94%減少しました。IBM FlashSystemテクノロジーを導入して以来、データウェアハウスを使用する従業員の処理時間が30%短縮されました。 Orange CaraibeのITインフラストラクチャー部門マネージャー、Xavier Pioche氏
3:1のデータ圧縮を保証

すべてのフラッシュが同じようにできているわけではありません。IBM FlashCoreモジュールは、他にはない独自に算出されたストレージ・ドライブ容量を提供します。このモジュールは最大キャパシティーで動作し、目に見えない 3:1のデータ圧縮を保証し、テストでは最大5:1の圧縮を確実に達成しています。 先進のストレージ管理、パフォーマンス、プロビジョニング、ストレージ検索を、わずか50マイクロ秒の遅延で実現します。また、特許取得済みの可変電圧テクノロジーにより最長の寿命を実現し、環境への影響とデータ・ストレージの電子廃棄物量を削減します。

FlashSystemのサステナビリティー保証

革新的なIBM FlashCoreモジュールにより、FlashSystemデバイスは、すべてのFlashCoreモジュール・ドライブ構成において、一定のエネルギー効率(W/TB)を超えないことを保証でき、二酸化炭素排出量を削減します。 そのため、一部の構成では最大1.7W/TBの低減が保証されて、データ・ストレージによるお客様の環境への影響が改善し、グリーンITイニシアチブがサポートされます。

保証の詳細はこちら
データ・ストレージを最適化および自動化する

企業が成長し、ITの持続可能性への取り組みがいっそう重要になる中、IBM FlashSystemデバイス上のフラッシュ・データ・ストレージを使用すると、消費電力とデータセンター全体のエネルギー・コストを削減しながら大量のデータを保護することが可能になります。 他社に差をつけたIBMのテクノロジーで重要なデータを保護し、環境、社会、ガバナンス(ESG)の目標を達成してください。 IBMは、気候変動に確実にプラスの影響が及ぶように、サプライチェーンとライフサイクル全体にわたって環境に配慮したFlashSystemデータ・ストレージ・デバイスを設計しています。

大量のデータセットを保存しながら、二酸化炭素排出量、エネルギー使用量、電力消費コストを削減するソリューションを検討してください。 今日にでもIBM FlashSystemストレージに投資して、データ・ストレージの機能を強化し、電力使用量を削減しましょう。

迅速かつスマートで手頃な価格のハイブリッドクラウド対応ストレージ・ソリューション エンタープライズ品質の組み込みソフトウェアとOSを活用して、既存のエンタープライズ・ストレージ・システムに新たな命を吹き込み、間近に迫るサイバー攻撃から保護します。スペースに制約のあるエッジ・ロケーション向けのコンパクトな設計で、オンプレミスとハイブリッド向けの堅実な機能を備えています。エッジ環境、仮想環境、コンテナ環境を問わず、統合されたストレージに最適です。 構成と料金体系の詳細はこちら IBM Storage FlashSystem 5200

 

保管するだけではなく、加速させます。IBM Storage FlashSystem 5200は、中規模および大規模企業のストレージ環境に最適なオールインワン・ハイブリッドクラウド・ソリューションです。フラッシュとAIを使用すると、コスト効率が極めて高く、強力なストレージ・ソリューションを導入できます。

  • 1Uで最大1.2PBの実効容量(@3:1のデータ削減)
  • Intel Sky Lake、第3世代PCIe
  • 高速(遅延は50マイクロ秒)
料金体系と構成はこちら
IBM Storage FlashSystem 7300

 

統合戦略を成功させるエンタープライズ・クラスのストレージです。IBM Storage FlashSystem 7300は、ミッドレンジのワークロード向けに設計されています。高性能の冗長性とスマートで自己最適化が可能なコンテナ化ソリューションを提供します。

  • 2Uで最大2.2PBの実効容量(@3:1のデータ削減)
  • Intel Cascade Lake、第3世代PCIe
  • 高速(遅延は50マイクロ秒)
料金体系と構成はこちら
IBM Storage FlashSystem 9500

 

将来に備えましょう。IBM Storage FlashSystem 9500ストレージ・システムは、人工知能とフラッシュ・ベースのテクノロジーを使用して、オンデマンドでデータ・セキュリティー、拡張性、信頼性を提供します。

 

  • 4Uで最大4.5PBの実効容量(@3:1のデータ削減)
  • Intel Ice Lake、第4世代PCIe
  • 高速(遅延は50マイクロ秒)
料金体系と構成はこちら
ユースケース サイバー・レジリエンスをさらに強化

サイバー攻撃が発生した場合に、中断することなく迅速にデータを復旧します。IBM Storage FlashSystemは、IBM Safeguarded CopyとIBM Cyber Vaultを使用して、データのエアギャップ・コピーを作成し、本番環境を迅速に復元します。

完全自動化のデータセンター

すべてのデータを1カ所で表示し、AI主導のデータ階層化を利用します。IBM Storage Virtualizeを活用したFlashSystemは、既存のストレージ機能をモダナイズしながら、すべてのシステムにわたるデータの管理を容易にします。

ストレージ・データの分析

ストレージ分析を高速化して、洞察が得られるまでの時間を短縮します。フラッシュ・ストレージ分析で構築されたツールを使用し、オンプレミスかクラウドかに関わらず、データを処理してより詳細な洞察を高速で取得します。

次のステップ

お客様のニーズに最適なIBM Storage FlashSystemの構成については、IBMのエキスパートにご相談ください。

構成と料金体系はこちら
製品 Redbooks コミュニティー ブログ 参考情報 知見を深める 学習 お客様事例
参照

1 IBM FlashSystemと2023 Gartner Magic Quadrantレポート参加者(https://community.ibm.com/community/user/storage/blogs/chelsey-gosse/2023/09/20/2023-gartner-magic-quadrant-primary-storage)との比較可能な構成に基づきます。 各比較は同じ温度、メモリー、コア周波数で行われ、物理容量とシステム・パフォーマンスは同等です。各構成について、デバイスの消費電力は、各デバイスのCPU、ドライブ、コンポーネントの標準的な消費電力から工学的計算によって推定されました。情報源:https://www.manua.ls/dell/powermax-2000/manualhttps://www.delltechnologies.com/asset/jp-ja/products/storage/technical-support/dell-powerstore-gen2-spec-sheet.pdfhttps://www.sanstorageworks.com/PowerMax-8000.asp

2 第3世代FlashCoreモジュール38.4TBドライブの実効容量と、第2世代FlashCoreモジュール38.4TBドライブの実効容量との比較に基づいています。

3 結果は以下に基づきます:https://www.ibm.com/jp-ja/impact/files/reports-policies/2022/IBM_2022_ESG_Report.pdf