概要

クラウドネイティブ・アプリケーションの構築

IBM Cloud Object Storageの、弾力的なスケーリングが可能なインフラストラクチャーは、大量の非構造化データの保管に最適です。 IBM Cloud®にシンプルに統合された、APIアクセスが可能な分散型ストレージを提供します。これにより、開発者はクラウドネイティブ・アプリケーションをフローに素早く統合して、アプリケーション・コンポーネントを効率的に更新できるようになります。

拡張性の高いクラウド・ストレージ

パフォーマンス、ポータビリティー、速度

ベアメタル

最大のパフォーマンスと制御

仮想サーバー

既存の言語とツールの活用

コンテナ・プラットフォーム

最大のポータビリティー

Platform as a Service

豊富なランタイム・オプション

サーバーレス

サーバーレス・アプリケーションで最高速度

ユースケース

クラウド・アプリケーションの構築

クラウド・アプリケーションの構築

コンピューティング・ランタイム・マイクロサービスを使用して統合アプリケーションを構築し、データ・ストレージにIBM Cloud Object Storageサービスを使用します。

アプリケーションのモダナイズ

アプリケーションのモダナイズ

レガシー・アプリケーションをクラウドで実行できるよう変換します。 データ保護の確実な実施に役立つレジリエンシーと暗号化のオプションにより、データ損失の恐れはほぼなくなります。

スマート・アプリケーションの構築

スマート・アプリケーションの構築

IBM Cloud Object Storageを、データ中心型モバイル・アプリケーション向けのクラウド・データ・ストレージに使用し、また、お客様のスマート・デバイス・アプリケーション用に大量の非構造化IoTデータを収集して保管するために使用します。

主要な機能

ユースケースにおける主要な機能

規模は無制限

メディア・ファイル、画像、動画、文書、データ・セットなどのコンテンツ・データをネイティブ形式で無制限に保存できます。

ストレージ・バケット接続

IBM Cloud Object Storageのアカウントとバケットをプロビジョニングして、資格情報を作成し、Kubernetesサービスをストレージ・バケットにバインドします。

IBM Cloud上のマイクロサービス

Docker、Cloud Foundry、IBM Cloud Functionsなど、Apache OpenWhisk®に基づくクラウド・ワークロード・パターンを使用して、マイクロサービスを活用します。

APIアクセス可能ストレージ

IBM Cloud Object Storage APIは、プログラムのアクセスのためのS3 API関数の共通セットをサポートする、RESTベースのAPIです。

セキュリティーと暗号化

IBM Cloud Object Storageは、IBM Identity and Access Managementを使用して保護され、ポリシーとアクセス権の統合サポートを提供します。

レジリエンシー・オプション

情報は暗号化され、複数の場所に分散されます。 アプリケーションをデプロイすると、そのレジリエンシー・オプションに従ってデータが自動的に配置されます。