エッジコンピューティングとは

エッジコンピューティングとは、エンタープライズ・アプリケーションをモノのインターネット(IoT)デバイス、エッジ・サーバー、エッジ・ゲートウェイなどのデータ・ソース近くで実行する分散コンピューティング・フレームワークです。データの生成場所に近づいたことでほぼリアルタイムでの処理と分析が可能になり、洞察提供の迅速化、応答時間の短縮、帯域幅の最適化といったビジネス・メリットが得られます。

IBM Edge Application Managerとは何ですか?

IBM Edge Application Managerは、インテリジェントかつ安全な柔軟性のあるプラットフォームで、エッジコンピューティング向けの自律的な管理機能を提供します。これは、ライフサイクル全体を網羅するエッジ環境で、エッジでのビジネス・ロジック・アプリケーションと分析アプリケーションの作成、展開、実行、保護、監視、保守、拡張に役立ちます。

IBM Edge Application Managerによってどのようなメリットを得られますか?

IBM Edge Application Managerにより、以下のようなメリットが得られます。

  • 新たな顧客体験‐ユーザーに対して積極的に対応するためのカスタマイズされたエンゲージメントを提供します。
  • 迅速に提供される洞察とアクション‐エッジで作成され、処理された新しいデータソースを活用します。
  • 連続稼働‐接続の切断時であっても自律的に稼働し、中断を減少させ、コストを削減します。 

 

IBM Edge Application Managerにはどのような機能がありますか?

IBM Edge Application Managerは、インテリジェントかつ安全で柔軟性があります。

  • エッジ・ネイティブ・プログラミングを使用する、業界初の自律型ポリシー・ベースのワークロード・ライフサイクル管理エッジ・プラットフォーム
  • エッジからコアとなるシステムまで、ハイブリッド・マルチクラウド環境全体のワークロードを管理・拡張するための一貫性のある可視性、制御、自動化を実現 (接続が切断された場合も対応可能)
  • ファイアウォール対応、一般的な攻撃の防止、暗号化および署名されたメッセージ、コンテナの改ざんおよび更新の検証

IBM Edge Application Managerは、市場における他のエッジ・ソリューションと異なる点は何ですか?

IBMには、1人の管理者が、数万のエンドポイントにわたる、大規模かつ多様で変化の激しいアプリケーション環境を安全に管理できるようにする、自律型エッジ・ソリューションがあります。IBM Edge Application Managerを使用すると、ビジネス・ロジック・アプリケーションと分析アプリケーションをエッジで容易に作成、導入、実行、保護、監視、保守、拡張できます。エッジ・エンドポイントは、コンテナとRed Hat OpenShift上で稼働し、任意のパブリッククラウドやプライベートクラウドからあらゆるエッジ・サーバーやエッジ・デバイスへと拡張できる選択肢と柔軟性を備えています。

IBM Edge Application Managerのコンサルティングや導入サービスはありますか?

はい。 IBMはさらに、専用の新しいエッジコンピューティング・サービスの手法など、業界の深い専門知識を活用して、企業のエッジ戦略を推進し、実装を成功へと導きます。

IBM Garageの利用

IBM Garageの目的は、企業がスタートアップ企業のように活力を持ってビジネスを変革、運営できるよう支援することです。Garageは、重要なビジネス成果を短期間で生み出す素晴らしいエクスペリエンスの創出を支えます。無料でアクセスして詳細をご覧ください。