北欧諸国でナンバーワンの信用情報プロバイダーのEnento Group社は、企業と消費者のスマートな財務上の意思決定をサポートしています。イノベーションが長らく同社の成功の鍵を握ってきたので、DevOpsとクラウドネイティブがソフトウェア配信の新しい標準として台頭し始めたときにも、Enento社はその変化を受け入れることができました。

イノベーションの需要に対応するために、Enento社は従来のインフラストラクチャーからの転換を必要としていました。同社は 以下の2つの、互いに関連しているが、それぞれに異なっているワークストリームを開始しました。

  • 既存のオンプレミス・システムをRed Hat® JBoss® Enterprise Application Platform(JBoss EAP)に移行することで最新化
  • 新しいサービスすべてを、DockerとRed Hat OpenShift®コンテナ・プラットフォームで実行するコンテナ化されたマイクロサービスを使用して構築し、クラウドネイティブに移行

この戦略のシフトにより、Enento社の開発チームと運用チームは、より速いペースで、ソフトウェアの構築と展開を行えるようになりました。しかし、コンテナ化された環境は、どのチームも追跡できないほど多くのコンポーネントとサービスが存在するため複雑さが増し、チームは、サービス品質を維持するために信頼できる方法を見つける必要がありました。

Enento社はInstanaを使用してSLAを満たし、

99.99%

の可用性を実現

すべてのサービス要求サポートに対するリアルタイムの可視性で

より迅速に

問題を解決

Enento社の戦略アーキテクトであるEero Arvonen氏は、次のように説明しています。「私たちのソリューションは、お金を動かす決定を可能にするように設計されています。多くの銀行は信用に関わる決定において、当社のサービスを頼りにしています。サービスがダウンしていると、消費者は信用に関する決定を受け取ることができない可能性があります。これは、実生活に影響を与えてしまいます。そのため、サービス品質を維持することは、私たちにとって非常に重要です。」

Enento社にとって、すべてのアプリケーションを1カ所でモニタリングできるツールを選択すべき時でした。同社はまた、3つの鍵となる基準を定義しました。適切なソリューションには以下が必要であるということです。

  • バグの迅速な識別を有効化
  • 現状の遅延の削減をサポート
  • すべてのサービス要求に対するリアルタイムの可視性の提供(サンプリングなし)

Enento社が見つけた、すべての要件を満たす唯一のソリューション:IBM® Observability by Instana

ゼロ構成、即座の可視性

エージェントをインストールすることですべてが始まり、すべてが実行されました。

「POCの間、私たちはすぐに利用できる価値ある洞察を得ることができました」とArvonen氏は話します。「全てのコール・チェーンをタイムライン上で細分化して見ることができ、感心しました。」

Enento社のチームは、コンテナに完全な可視性をがもたらされることに興奮し、また多くの時間を取り戻せることにワクワクしていました。

「最初の2日間で、私は、以前は気づかなかったところで当社のリソースが不足していることを発見しました」とEnento社のシステム・アーキテクトのJenni Huovinen氏は話します。「そこに私は非常に感銘を受けました。」

チームが最も重要なメトリックに注力するのをサポートするために、Enento社は、InstanaのソリューションのApplication Perspectives(ibm.com外部へのリンク)の機能を使用して、特定のサービスのカスタム・ビューを作成しました。さらに、実行可能時間とエラー・フリー・サービスの向上をサポートするために、Enento社はInstanaのソリューションのSmart Alerts(ibm.com外部へのリンク)をチームに送信し、問題が発生したときの対応をサポートしました。

「調査やトラブルシューティングを行ったり、頭を抱えて奮闘する必要がありません」とHuovinen氏は話しています。「アラートを受け取るとスタックを見ることができるので、それが何についてのものであるかが簡単にわかります。手順を戻って追跡し、クラスターを表示して内部で何が起こっているかを把握できるからです。これが最大のメリットでした。」

微笑みながらデジタル・タブレットを見ている女性

信頼性と俊敏性の向上は優れたサービスとなる

「お客様にとっては、これは優れたサービスを意味します。私たちは、今や、より早いスケジュールで新しいサービスを作り出せるようになりました。」とHuovinen氏は述べています。

今日、Enento社はInstanaを使用してSLAを満たし、それを超えて、お客様に信頼性の高いエクスペリエンスを提供しています。Instanaソリューションのカスタム・ダッシュボードを通じて、Enento社は目標とSLAをリアルタイムでカスタマイズできます。99.99%以上の可用性を維持する目標をサポートするために、チームは、迅速なコード変更を行い、拡大しているお客様のニーズと急速に発展しているフィンテック業界に対応するための可視性を備えています。

製品・サービス

IBM® Observability by Instana

Enento社のロゴ

Enento Group社について

Enento社(ibm.com外部へのリンク)は、ヘルシンキに拠点を置き、北欧におけるデジタル・ビジネス・サービスと消費者情報サービスを提供するトップ企業です。銀行やその他の企業が意思決定を最適化し、販売とマーケティングを向上させるのに役立つデータと分析を提供しています。また、個人向けの金融情報サービスや信用情報サービスを消費者に提供するほか、ID盗用による詐欺行為を阻止するためのサービスも提供しています。

Instana, an IBM Companyについて

Instana, an IBM Companyは、複雑な最新のクラウドネイティブ・アプリケーションを運用している企業に対して、アプリケーション・パフォーマンスの自動モニタリング機能を備えたEnterprise Observability Platformを、アプリケーションの稼働場所によらず(オンプレミス、パブリッククラウド、プライベートクラウドのほか、モバイル・デバイスやIBM® Zメインフレーム・コンピューターも含む)提供しています。

Instana社のAI駆動の検出機能により、ハイブリッド・アプリケーションの内部深くのコンテキスト依存関係を検出することで、モダンなハイブリッド・アプリケーションを管理できます。Instana社は、開発パイプラインも可視化するので、クローズドループのDevOps自動化を実現する役にも立ちます。

これらの機能により、アプリケーション・パフォーマンスの最適化、イノベーションの実現、リスクの軽減を実施しているお客様のために必要とされる実用的なフィードバックを提供して、DevOpsの効率の向上、ソフトウェア・デリバリー・パイプラインの価値の向上を支援できると同時に、サービス・レベルおよびビジネス・レベルの目標を実現できます。

Instana社のロゴ

© Copyright IBM Corporation 2021 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21

2021年7月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、およびIBM Zは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点でのIBMの商標リストについては、「著作権および商標情報」に関するWebサイト(www.ibm.com/legal/copytrade.shtml)をご覧ください。

Instana®は、Instana, an IBM Companyの商標または登録商標です。

Red Hat®、OpenShift®、およびOpenShift®は、米国およびその他の国におけるRed Hat, Inc、またはその子会社の商標または登録商標です。

本資料は最初の発行日の時点で得られるものであり、随時、IBMによって変更される場合があります。すべての製品が、IBMが営業を行っているすべての国において利用可能ということではありません。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際のパフォーマンス結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本書に掲載されている情報は現状のまま提供され、商品性の保証、特定の目的への適合性の保証、および法律上の瑕疵担保責任を含むすべての明示もしくは黙示の保証責任なしで提供されています。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。