ホーム ケーススタディ Conrad Electronic社 世界の電子機器を確実に供給
Conrad Electronicは、世界のマルチチャネル販売をモニタリング
長椅子でタブレットを見ている母と娘

Conrad Electronic International GmbH & Co. KGのe-commerceプラットフォーム・チームは、同社のオンライン、電話、API販売チャネル全体で450,000点を超える商品が24時間365日、購入可能な状態を維持する必要があります。

プラットフォームを最先端に保ち、顧客にユニークかつスムーズなエクスペリエンスを提供するために、オートメーションはチームの戦略の中核部分です。このプラットフォームは純粋なマイクロサービス・アーキテクチャーであり、Java上に構築され、Jenkinsを使用してデプロイされ、Google Cloud Platform(GCP)でホストされます。

何百万もの製品の更新と要求をリアルタイムで処理しなければならないConrad Electronicでは、迅速な応答時間を維持し、サービス・レベル目標(SLO)を達成し続けるために、すべてを統合的に運用する必要があります。

Conrad Electronicのe-commerceプラットフォーム・ディレクターであるTobias Baumgart氏は、「アプリケーション・パフォーマンスは、当社にとって、そして当社のB2CおよびB2Bのお客様にとって最も重要です。彼らは買い物を手早く済ませたいと考えているため、Conrad Electronicには、エラーのない、最も速くてシンプルなソリューションである必要があります。」と語っています。

これらの取り組みをサポートするために、Conrad Electronicは、Kubernetesコンテナ・テクノロジーの実装への取り組みを開始しました。Baumgart氏は、「私たちは中央のKubernetesラスター内でインフラストラクチャー全体を調和させたいと考えており、その中で、中央で管理されたクラスター内でチームに名前空間を提供しています。これにより、運用の強固な基盤が得られ、チームのプロセスの合理化に役立ちます。」と説明しています。

多様な商品

 

 

Conrad Electronicは、450,000点を超えるコンポーネントと装置をグローバルにマルチチャネルで販売しています

大規模なリアルタイム・データ

 

何百万もの更新と要求をリアルタイムで処理します

Instana’は、私たちの業務を管理する中核ツールのひとつです。私たちのメトリック、SLO、SLIはすべてInstana内で定義され、呼び出しチェーンをトリガーします。これは、当社のSREチームとプラットフォーム運用全体のバックボーンです。 Tobias Baumgart Director, E-Commerce Platform Conrad Electronic International GmbH & Co. KG
コンテナ化された環境での統合された可観測性

Baumgart氏は、「私たちは、大規模なワークロードと、Google Compute Engineインスタンスにデプロイするだけでは済まないKubernetesの複雑さを克服できると確信しています。当社にはパフォーマンス・テストに対する優れたアプローチがあり、GCPを使用することで、Kubernetesを本番環境に導入するための柔軟性が大幅に高まりました。」と語っています。

これまでは、専用の可観測性ソリューションが導入されていなかったため、Conrad Electronicのモニタリング・アプローチは、CPU、RAM、JVMメトリックなどの特定のコンポーネントに基づいて分割されていました。しかし、DevOpsプラクティスを実装し、マイクロサービス・ベースのアーキテクチャーに移行した後、Conrad Electronicは、信頼できる唯一の情報源として機能する、完全に統合された可観測性プラットフォームの必要性を認識しました。

Baumgart氏は、「私たちのチームと戦略は変化していたため、デジタル・トランスフォーメーションを成功させるための透明性を生み出し、すべての要素を統合するソリューションが必要でした。」と語っています。

Conrad Electronicは、オンプレミスからGCPに移行したとき、Instana®可観測性ソリューションを適用することで、アプリケーションとサービスがどのように動作するかについて統合された洞察が得られました。InstanaのエージェントのGoogle App EngineへのデプロイからGoogle Cloud Functionsの利用に至るまで、GoogleサービスにInstanaを組み込むことで、プラットフォーム全体を俯瞰できるようになりました。

透明性が高まったことで、開発チームの責任も高まりました。私たちがさらに自信を持ってプラットフォームを推進するにつれて、システムが機能し、チームが責任を持って問題を解決していることが分かりました。 Tobias Baumgart Director, E-Commerce Platform Conrad Electronic International GmbH & Co. KG
インシデント解決時間の短縮、レジリエンスの向上

SLO違反を減らすために、e-commerceプラットフォーム・チームは、サービスのパフォーマンスを時間の経過とともに表示および分析するカスタム・サービス・レベル・インジケーター(SLI)およびSLOダッシュボードを作成します。

Baumgart氏は、「Instana は、当社の業務を管理する中心的なツールの 1 つです。私たちのメトリック、SLO、SLIはすべてInstana内で定義され、呼び出しチェーンをトリガーします。これは、当社のSREチームとプラットフォーム運用全体のバックボーンです。」と続けます。

Instanaを導入したことで、Conrad ElectronicはGCP内のコンテナ化されたマイクロサービスを完全に可視化し理解できるようになり、アプリケーションのパフォーマンス問題の監視、特定、トラブルシューティング、解決に必要な時間が短縮されました。

Baumgart氏は、「透明性が高まったことで、開発チームの責任も高まりました。私たちがさらに自信を持ってプラットフォームを推進するにつれて、システムが機能し、チームが責任を持って問題を解決していることが分かりました。」と語っています。

この透明性により、Conrad Electronicは事後分析文化を導入することができ、生産上の問題を克服し、チームのコミュニケーションを改善し、責任追及を減らすのに役立ちました。全体として、チームの成功と生産性が向上し、インシデントの迅速な解決にプラスの影響を与えています。

Conradのロゴ
Conrad Electronic International GmbH & Co. KGについて

電子機器とテクノロジーのマルチチャネル小売業者であるConrad Electronic(リンクはibm.comの外にあります)は、日々の生活をより簡単に、より効率的に、より快適にする商品の多くを提供しています。テクノロジーの世界に向けて新しい製品コンセプトを開発し続けているConrad Electronicは、専門家も素人も含む電子機器に関わるすべての人にインスピレーションを与える役割を果たしています。

IBM傘下のInstanaについて

IBM Companyの一員であるInstanaは、複雑な最新クラウドネイティブ・アプリケーションを運用する企業に対し、自動化されたアプリケーション・パフォーマンス監視機能を備えたエンタープライズ向け可観測性プラットフォームを提供しています。このプラットフォームは、モバイル・デバイスやIBM Z®メインフレーム・コンピューターを含むオンプレミスやパブリッククラウド、プライベートクラウドなど、場所を問わずに使用できます。

InstanaはAIを利用してハイブリッド・アプリケーション内の深いコンテキスト依存関係を検出することで、最新のハイブリッド・アプリケーションを制御します。また、Instanaは開発パイプラインの可視性も提供するため、DevOpsの自動化を循環させることができます。

これらの機能は、クライアントがアプリケーション・パフォーマンスを最適化し、イノベーションを可能にし、リスクを軽減するために必要な実践的なフィードバックを提供します。これにより、サービスおよびビジネス・レベルの目標を達成しながら、DevOpsチームの効率性を向上させ、ソフトウェア配信パイプラインに付加価値を与えることができます。

詳細については、instana.comを参照してください。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

他の事例を見る IBMへのお問い合わせ PathMotion社

雇用主が完璧な従業員を見つけるのを支援

お客様事例はこちら
Vivy GmbH

デジタル医療アシスタントの紹介

お客様事例はこちら
ブログ

IBMによるInstanaの買収が大きな変革となる理由

ブログを読む
法務

© Copyright IBM Corporation 2021. IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2021年5月、米国で作成。

IBM、IBM LOGO、ibm.com、およびIBM Zは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corporationの登録商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」( ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

Instana®は、IBM CompanyであるInstanaの商標または登録商標です。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。