Deloitte Consulting LLP
州医療機関はクラウドベースのアーキテクチャーをコスト削減と複雑性の低減に役立てています
データが表示されているコンピューター画面

IBMビジネス・パートナーのDeloitte社は、州医療機関が新しい規制に対処するのに役立つソリューションの開発でIBMと結束しました。開発対象となるメディケイド用エンタープライズ・ソリューション(MES)HealthInteractive PlatformはIBM® Cloudテクノロジーで実行され、州のメディケイド・プログラムが少ない労力と費用でITツールを最新状態に維持しつつ、連邦政府の指針に準拠できるようにします。

ビジネス課題:

Deloitte Consulting LLP社は、メディケイド・プログラムの新しいIT指針が州医療機関に適用されるのに伴い、革新的なエンタープライズ・ソリューションの開発で協力を仰ぐために、テクノロジー分野で実績があるリーダー企業を探していました。

概要と経緯

Deloitte社はIBMとタッグを組み、柔軟なクラウドベースのアーキテクチャーにメディケイド用の複数のITモジュールを結集させたMES HealthInteractive Platformの構築に取り組みました。

成果 メリット1:州医療機関をサポート

連邦政府のIT指針への準拠が可能に

メリット2:ITソリューションをモジュール化

プログラムのコストと複雑さを軽減

メリット3:組織内の俊敏性が向上

実装時間が数カ月から数時間に短縮

ビジネス上の課題の詳細
メディケイド用ITソリューションの新たな指針に対処

州医療機関は数十年にわたり、主要業務を遂行するうえで旧式の大型メディケイド管理情報システム(MMIS)に頼ってきました。米保健福祉省内メディケア・メディケイド・サービスセンター(CMS)では、これらプラットフォームのメインテナンスと更新に絡むコスト上昇と複雑化に対処するため、メディケイド・プログラム用ITソリューションをモジュラー型の相互運用可能な新しい方式に転換するための指針を定めました。

Deloitte社は30年以上にわたり州医療機関のコンサルタントを務め、システム・インテグレーターとして幅広い経験を積んできたため、組織がモダナイゼーションという課題を達成する支援役として突出した資質を有していました。新たなメディケイド用エンタープライズ・ソリューションを提供するために必要なインサイトと業界知識に加え、さまざまなインテグレーション・スキルも兼ね備えている同社は、プラットフォームの開発を支援するテクノロジー分野で実績のあるリーダーを探していました。

VMware Cloud Foundationでは、新たな環境に素早く、臨機応変に対応するだけでなく、セキュリティー制御に必要な多層化も可能になります Van Spaulding氏 シニア・ソリューション・アーキテクト Deloitte Consulting LLP
概要と経緯の詳細
クラウドベースのスケーラブルなアーキテクチャーを構築

IBMはDeloitte社が求めていた一貫性のある製品スイートを提案しました。強力なクラウド・テクノロジーも提案内容に含まれていました。「大規模な拡張が可能なことは、ソリューションの選択で非常に重要でした」とDeloitte社でシニア・ソリューション・アーキテクトを務めるVan Spaulding氏は説明します。「また、ハイブリッド式のホスティング・モデルであることも重要でした。サービスとしてのソフトウェア・ソリューションの提供と、クライアントのデータが混同しないようにシングルテナント・アーキテクチャーを維持するという2つの条件を兼ね備えているためです。IBM Cloudを基盤にすれば、両方を達成できます」

Deloitte社はIBMとタッグを組み、柔軟なクラウドベースのアーキテクチャーにメディケイド用の複数のITモジュールを結集させたMES HealthInteractive Platformの開発に取り組みました。このプラットフォームは、メディケイド用ITモジュールを柔軟なクラウドベースのアーキテクチャーと結びつける役割を果たすもので、IBM MQIBM Integration BusIBM® WebSphere Service Registry and Repositoryソフトウェアで構成されるコア・サービス・バスを実行基盤とします。フロントエンド・ポータル・アプリケーションにはIBM WebSphere Application Serverソフトウェアが、プロセス自動化にはIBM Operational Decision ManagerIBM Business Process Managerソフトウェアが採用されました。

VMware Cloud Foundation on IBM Cloudプラットフォームにはファイアウォール・サービス、仮想SANコンポーネントなどの仮想リソースが備わっているため、MESソリューションを迅速にデプロイできます。Spaulding氏は次のように説明します。「環境をプロビジョニングする際に、必要なコンポーネントをリクエストするというこのモデルはまさしくコードとしてのインフラストラクチャーであり、VMware Cloud Foundationがあれば実質的に仮想化データセンターが手に入ります。新たな環境に素早く、臨機応変に対応するだけでなく、セキュリティー制御に必要な多層化も可能になります」

成果の詳細
コストと複雑性の軽減で医療機関を支援

Deloitte社とIBMが結束したことで生まれたこの革新的なソリューションは、州医療機関がCMS指針に沿って、エンタープライズ向けITソリューションのモジュール化を推進するのに役立っています。メディケイド・プログラムはMESアーキテクチャーの導入により、エンタープライズ・システム全体を改良する方式から必要に応じて個々のモジュールを交換する方式に転換し、はるかに少ない労力と費用でテクノロジーを最新状態に維持できます。

「MESの優れた点は、あるプロバイダーのモジュールが果たす機能に不満がある場合、組織はそのモジュールを簡単に新しいモジュールに交換できることです。その間、請求処理など実装済みの他のモジュールで進行中の処理が妨げられることもありません」とDeloitte社のプリンシパル兼マーケット・オファリング責任者のBrian Erdahl氏は指摘します。

MESプラットフォームはメディケイド・プログラムが組織内の異分野がより効果的に連携するうえでも役立っています。「モジュール間でのデータの交換ははるかに容易で、スムーズそのものです。そのため従来より簡単ですばやく情報にアクセスできます。メディケイド・プログラム内での分析や業務レポート作成といったタスクでは、従来は数カ月にわたるバッチ抽出作業が必要でしたが、今では数時間程度で完了できます」(Erdahl氏)。

Deloitteロゴ
Deloitte Consulting LLP

Deloitte Touche Tohmatsu Ltd.社のコンサルティング子会社、Deloitte Consulting LLP(ibm.com外部へのリンク)は人材、ストラテジーとオペレーション、テクノロジーを事業の三本柱としています。ニューヨーク本社を筆頭に、110の拠点を米国内に構えており、20以上の業種にわたり約4万5,000人の人材を雇用しています。

詳細情報はこちら

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、次のWebサイトにアクセスしてください。

PDFで表示する お客様事例はこちら
脚注

 

© Copyright IBM Corporation 2019.IBM Corporation、IBM Cloud、New Orchard Road、Armonk、NY 10504

2019年1月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、およびWebSphereは、世界の多くの国で法的に登録されているInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名・サービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM商標の最新リストは、ウェブ上の「著作権および商標情報」 www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtmlでご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。