IBM MQとは?

IBM MQソリューションによって、大量のデータを移動しながら安全性を維持します。 IBM MQソリューションは、クラウドおよびオンプレミスで多様かつ進化し続ける環境を処理できるだけの十分な柔軟性を備えています。データの移動はIBM MQソリューションが行うため、ユーザーはビジネスに集中できます。

データ、アプリケーション、サービス、およびシステムの接続を表す抽象アイコン

接続

さまざまなプラットフォーム上のアプリケーション間のメッセージング・センターとして機能するMQは、あらゆる場所にあるほぼすべてのものを接続し、統合の時間とコストを削減してメッセージを確実に移動します。

保存中および移動中のデータの保護を表す抽象アイコン

保護

セキュア・バイ・デザインにより、高可用性と災害復旧が組み込まれ、MQは、きめ細かい認証と強力なデータ暗号化により、保存中、移動中、メモリー内のいずれのデータも保護します。

接続の再試行の簡素化と容易な拡張を表す抽象アイコン

簡素化

MQは接続とメッセージの再試行をユーザーに代わって処理するため、開発者はより重要なイニシアチブに時間を費やすことができます。また、容易に拡張して、トランザクション量の変化にシームレスに対処できます。

異種のアプリケーション・データの統合による顧客体験の向上

小売業者はIBM MQを使用して、さまざまなアプリケーションから顧客の履歴データや買い物客の行動データにアクセスしてそれらを統合し、エンゲージメントの時点で製品をパーソナライズします。マーチャントは顧客の好みや消費傾向を把握し、そのデータを使用して顧客のニーズを予測し、優れた顧客体験を提供できます。

ご自分の業界も含めてさまざまな業界で変化の激しいビジネス要求に対応するために、その他のIBM MQオファリングがどのように使用されるかをご覧ください。

あらゆる環境に適応し、発展への道を開くIBM MQオファリング

低い総所有コストでデータを保存できるIBM MQ Applianceの機能を示す図

総所有コスト(TCO)を抑えてデータを保存する必要がある場合

複数の場所でIBM MQ Applianceを使用してオフィスを接続し、新規パートナーを迅速にオンボードし、データ損失防止機能を組み込みます。

エンドツーエンドの暗号化が可能で、セキュアなメッセージングをネットワーク全域に拡張するIBM MQ for z/OSの機能を示す図

信頼できるメインフレームを備えた強力なシステムが必要な場合

IBM MQ for z/OSはセキュアなメッセージングを、安全でエンドツーエンドの暗号化を必要とする企業(銀行など)のネットワーク全域に拡張できます。

ハードウェア、ソフトウェア、およびプロビジョニングの要件を最小限に抑えながらメッセージをより安全に転送するIBM MQ on Cloudの機能を示す図

クラウド内のアプリケーション、システム、およびサービスを接続するための安全な方法が必要な場合

IBM MQ on Cloudはメッセージを安全に転送し、機密データを扱う企業(政府機関など)におけるプロビジョニングの必要性を低減します。

お客様導入事例

「e-コマース企業でのIBM MQの使用」を表現する1-800-flowers社ロゴ

1-800-flowers

このe-コマースの巨大企業は、MQを利用してブランドの相乗効果を向上しています。

「大規模な国立銀行でのIBM MQの使用」を表現するBNY Mellonロゴ

BNY Mellon

MQは、機密性の高いトランザクション銀行データの配信を保証します。

「医療センターでのIBM MQの使用」を表現するフライブルク大学ロゴ

Universitats

MQは、アプリケーションとシステム全体で医療データを安全に接続します。

「国際銀行でのIBM MQの使用」を表現したBusan Bankロゴ

Busan Bank

MQを使用すると支店の外にいる営業担当がデータを取得することができ、生産性が向上します。

IBM MQがメッセージング分野で先行している要因

柔軟でほぼ汎用的な接続

変化する市場の需要に適応し、新たな機会の獲得を支援します。

安全性に優れたメッセージ配信

メッセージの完全性を維持し、データ損失のリスクを軽減します。

動的な拡張

ビジネスの応答性を改善し、コストを抑制します。

管理および制御の簡素化

生産性を向上させ、コミュニケーションに対する障壁を取り除きます。

統一されたメッセージング

統合を簡略化し、TCOを削減し、アプリケーション・デプロイメントを迅速化します。

迅速なプロビジョニングとモニタリング

定義、デプロイメント、および管理を単純化することで、セルフサービス・プロビジョニングを可能にします。

関連情報

最新IBM MQ活用

クラウド・ネイティブ開発へのフルマネージドなIBM MQの活用

「WebSphere News」を受け取る

IBM developerWorks Japan 「WebSphere News」は、アプリケーション・サーバー、SOA、システム連携から、モバイル、BPMなど、アプリケーション基盤ソリューションの情報をタイムリーに お届けしています。会費: 無料   /  配信: 毎月1回

どのようなハイブリッド環境であっても、MQがお客様のお役に立ちます。

どのようなハイブリッド環境であっても、MQがお客様のお役に立ちます。 コンサルティングのスケジュールを設定する