食料品小売業者
メッセージング・バックボーンは、IBM MQを使用してトランザクション・データを中央ハブに迅速に配信します。
買い物袋を持って街を歩く女性

この食料品小売業者は、毎日約5,000万件のメッセージを全国に送信します。IBM MQとIBM App Connectを使用して、同社は運用を刷新し、データをほぼリアルタイムで利用できるようにしました。

ビジネス上の課題の詳細

この食料品小売業者は、データを最大限に活用することに苦労していました。各店舗はデータをまとめて1日1回中央ウェアハウスに送信していましたが、遅延により分析と盗難防止が妨げられていました。

変換

同社は、店内ESBをIBM MQおよびIBM App Connectと合わせて使用することで、データを数秒で処理できるモデルを実現しました。

結果 削減されるもの
店舗からデータウェアハウスへの情報の移動にかかる時間
得られるもの
占有スペースが小さいが強固なメッセージング統合エンジン
提供されるもの
トランザクション・データとファイルベースの情報のための信頼できるインフラストラクチャー
ビジネス上の課題の詳細
地理的距離と遅延データ分析

同社は全国で2,400軒の食料品店を運営しており、その事業は多くの州にまたがっています。地理的に範囲が広いため、同社は情報を大規模なバッチで管理していました。各店舗は1日1回データを収集し、分析のために中央データウェアハウスに送信していました。

ただし、関連付けられた店舗の数が増え、毎日約5,000万件のメッセージが店舗間でやり取りされることになりました。これらのメッセージには、チェックアウト・レーン、信用調査、薬局情報検証からのトランザクション・ログが含まれていました。

彼らが使用していたバッチ処理手法により、データ分析が遅れ、盗難防止の取り組みが妨げられる場合がありました。この食料品小売業者は、日間統計にアクセスし、顧客サービスやサプライ・チェーン管理などを改善できるように、更新を実施することを決定しました。同社は、全社的に情報に基づいた意思決定を行うために、新しいソリューションがタイムリーにデータを収集する必要があることを認識していました。また、大量の情報を処理できる必要があることも認識していました。

[この]メッセージ・ブローカーは堅牢です。フットプリントは比較的小さく、世界クラスの統合エンジンです。 A Software Engineer Grocery Retailer
トランスフォーメーション・ストーリー
準リアルタイムの更新を備えた店舗内ESB

データ転送を改善するために、この食料品小売業者は、IBM MQとIBM App Connectをベースにした店舗内Enterprise Service Bus(ESB)を実装しました。このソリューションには、店舗のESBにメッセージをパブリッシュするために使用されるストア・コントローラーであるIBM MQのテレメトリー機能が含まれていました。MQ Telemetryは、完全なMQクライアントをサポートしていないが、同じレベルの信頼性を必要とするエンドポイントに接続するように設計されています。

ソフトウェア・エンジニアは、「ESBは、信頼性の高いデータ変換を提供し、さまざまなプロトコルを使用する店内のすべてのエンドポイントに配信します。また、メッセージを変換して公開し、メッセージに関心がある可能性のあるリモート・エンドポイント・システムにメッセージを送信することもできます。」と語っています。

新しいシステムを導入することで、同社は準リアルタイムであらゆる店舗から中央ハブにデータを転送できるようになりました。

成果の詳細
かつてないほど高速なデータ処理

IBM MQとIBM App Connectにより、食料品小売業者のアーキテクチャーが合理化されました。以前は、データは毎日バッチ化されて処理されていましたが、現在では、データウェアハウスはチェックアウトから数秒以内にトランザクションを受信します。ソフトウェア・エンジニアは、「[この]メッセージ・ブローカーは堅牢です。フットプリントは比較的小さく、世界クラスの統合エンジンです。」と語っています。

食料品小売業者

同社は33万9,000人以上の従業員を雇用しています。食料品店、総合デパート、コンビニエンス・ストア、宝石店を経営しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

他の事例を見る IBMへのお問い合わせ
法務

© Copyright IBM Corporation 2018. IBM Corporation、Software Group (または該当ディビジョン、またはディビジョンなし) Route 100, Somers, NY 10589

米国で制作、2018年12月

IBM、IBMロゴおよびibm.comは、世界中の多くの管轄区で登録されたInternational Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

本書の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。