Cloud-Nanny
リアルタイムのインテリジェントトラフィック管理により、インターネットを家族にとってより安全な場所に
IBM Db2 製品について詳しく見る
ソファの上で電子機器に興じる小さな子供たちと、その背後にいる大人たち

Cloud-Nannyは、機械学習アルゴリズムとクラウドデータサービスを利用して、リアルタイムでウェブサイトをチェック・分類し、子供のデバイスから不適切な可能性のあるウェブサイトがリクエストされた場合、自動的にブロックまたは保護者に警告する革新的なソリューションを開発しました。

ビジネス上の課題

ウェブは子供たちを教育し、楽しませるための素晴らしいツールですが、多くの親は、子供たちが不適切なコンテンツを閲覧したり、ゲームやソーシャル メディアに時間を費やしすぎたりすることを心配しています。

変換

Cloud-Nanny は、機械学習アルゴリズムとクラウド データ サービスを使用して、Web サイトをリアルタイムでチェックして分類し、子供が安全に Web を閲覧できるという安心感を保護者に提供します。

結果 保持
不適切なコンテンツをインテリジェントにブロックすることで、オンラインで子供を安全にします
削減
親が子供のインターネット使用状況を監視するために費やす必要がある時間
50%
より迅速な開発プロセスにより、わずか 14 か月でソリューションが市場に投入されます
ビジネス上の課題の詳細
インターネットを子どもたちにとってより安全な場所に

オンライン メディア、ゲーム、ソーシャル ネットワーキングの革新のペースが加速し続けるにつれて、インターネットは、特にミレニアル世代の間で急速にエンターテイメントのデフォルトのメディアになりつつあります。この傾向を推定すると、次世代(今日の子供たち)がメディアやエンターテイメントをほぼインターネット経由で消費するようになる可能性は低くありません。

タブレットでお気に入りの番組に釘付けになっている幼児や、友達とオンラインで Minecraft をプレイしている 10 歳の子供を見たことがある人は、この予言を信じる傾向にあるでしょう。インターネットは、従来のメディアを消費するのにより便利な方法としてだけでなく、Twitchのようなサイトでのビデオゲームのストリーミング配信のような、まったく新しいエンターテインメントのカテゴリーにおいても、以前よりもはるかに大きな役割を果たしている。

しかし、子供たちがインターネットで過ごす時間が増えるにつれ、子供たちが不適切なコンテンツに接触するリスクが保護者にとってますます心配になっています。子どもたちがオンラインで見たり行ったりできることに対して明確な境界線を設定したいという要望が高まっていますが、すべてのサイトを手動でチェックしない限り、親が子どものオンライン活動を効果的に監視することはほぼ不可能です。

Cloud-Nanny 製品、 ChildRouter は、親が家族のインターネット使用状況を監視および管理する簡単な方法を提供するという考えに基づいて開発されました。ChildRouterは革新的なインターネット・ルーターであり、保護者がデバイスごとにカテゴリ分けされたサイトへのアクセスを管理できる。そのため、保護者は自分のPCやノートPCを自由に使えるようにしながら、子どもの携帯電話やタブレットが不適切なサイトにアクセスできないようにすることができる。

Cloud-Nannyは、自社製品を次のレベルに引き上げるため、手動によるサイトのブラックリストやホワイトリストにとどまらず、より洗練されたインテリジェントなフィルタリングシステムを構築したいと考えました。

Spark による機械学習は非常に強力です。それは、私たちのソリューションが家族のニーズに合わせて適応し、進化できることを意味するからです。 Martijn Rooks CEO Cloud-Nanny
概要と経緯の詳細
インテリジェントな Web フィルタリング

Cloud-Nanny は、エンドユーザーのブラウジング エクスペリエンスに顕著な影響を与えることなく、何十万もの Web リクエストをチェックし、許可するかブロックするかを決定できるアーキテクチャを見つける必要がありました。データベース内のサイトを検索して決定を返すまでの処理時間を 40 マイクロ秒以内にすることを目標としていました。

Cloud-Nanny の CEO、Martijn Rooks 氏曰く「IBM Db2® on Cloudは 、ブラックリストに登録されたサイトとホワイトリストに登録されたサイトのデータベースに照らし合わせて、リクエストを素早くチェックするための理想的なソリューションでした。 何よりも、IBM はそれをマネージド サービスとして提供するため、低レベルのデータベース管理タスクに時間を費やすことなく、ソリューションの開発に集中できます。」

データベース内のサイトを検索するのは非常に簡単ですが、データベースにまだ存在していないサイトに子供がアクセスしようとするとどうなるでしょうか?そこでソリューションのインテリジェントな部分が活躍する。 Cloud-Nanny は、Web サイトの大規模なコレクションを使用して、 IBM Analytics for Apache® Spark™で実行される機械学習アルゴリズムを使用して、そのニーズに合わせたモデルをトレーニングしました。Spark クラスターの機能を使用して Web サイト分類子が作成され、コンテンツをリアルタイムで分類して、たとえば、ゲーム サイト、ビデオ サイト、アダルト マテリアルを含むサイトなどに分類できます。

次に、ソリューションはその結果をファミリーの既存のプロファイルと比較して、サイトの特定のカテゴリがリクエストを行っているデバイスまたはユーザーに対して OK としてリストされているか、禁止されているかを確認します。分類アルゴリズムによって、サイトが許可または禁止されたカテゴリに分類されると確信できる場合、リクエストは許可またはブロックされます。一方、分類について不確かな場合は、保護者に警告を発し、判断を下すよう求めることができます。この親の決定の結果はモデルにフィードバックされ、時間の経過とともにモデルの学習と改善に役立ちます。

「インターネットの安全性は、白か黒かという問題ではなく、グレーゾーンがたくさんあり、それぞれの子供にとって何が許容範囲なのか、あるいは許容範囲ではないのか、親によって見方が異なるのです」とMartijn Rooksは話します。「さらに、こうした見方は時間の経過とともに変化する可能性が高く、10 歳にはふさわしくないサイトでも、14 歳には問題ない可能性があります。Spark による機械学習は非常に強力です。それは、私たちのソリューションが家族のニーズに合わせて適応し、進化できることを意味するからです。」

Cloud-Nanny は、最初の概念実証から本番環境に対応したサービスまで、わずか 14 か月でソリューションを実現することができました。同社は、この迅速な開発サイクルが、IBM Bluemix® 上でソリューションを構築するという決定のおかげであると考えています。

「Cloud-Nanny 製品の最初の概念実証を構築したとき、別のホスティング プロバイダーを使用しました」と Martijn Rooks 氏は話します。「実際の開発作業を開始する前に、インフラストラクチャをセットアップして構成するだけで 2 か月かかりました。IBM Cloud™を使用すると、ほぼすぐに稼働を開始することができました。プラットフォームがどのように機能するか、またさまざまなサービスを統合することがいかに簡単かを理解したら、数日で基本的なアプリを組み立てることができます。

「エンドツーエンドで 14 か月以内に製品を構築して市場に投入することは、数年前にはほとんど考えられなかったことです。Spark のような最先端のテクノロジーを使用したこのような高度なプロジェクトでは、特に印象的です」合計すると、Bluemix を使用したプロジェクトの立ち上げと実行は、従来のソフトウェア開発環境よりも少なくとも 50% 高速になると推定されています。」

製品を構築して 14 か月で市場に投入することは、数年前にはほとんど考えられなかったでしょう。Bluemix を使用したプロジェクトの立ち上げと実行は、従来の環境よりも少なくとも 50% 高速です。 Martijn Rooks CEO Cloud-Nanny
成果の詳細
家族向けのオンライン体験

Cloud-Nanny は、Web トラフィック フィルタリングに対するよりスマートで自動化されたアプローチを提供し、現在のルーターベースのフィルタリング ソリューションのほとんどが必要とする面倒な細かい管理を排除することで、ChildRouter に競合他社に対する優位性を与えます。

「今日のほとんどのソリューションでは、保護者は特定のサイトのみをブロックでき、各サイトを手動でチェックして独自のブラックリストとホワイトリストを設定する必要があります」とMartijn Rooks氏は言います。「あまりにも時間がかかりすぎるため、必然的に多くのサイトがすり抜けてしまいます。

「私たちのサービスを利用すると、親が行う必要があるのは、子供に閲覧を許可するサイトのカテゴリを選択することだけで、その他のほとんどすべてを Cloud-Nanny が処理します。特定のサイトについて不確かな場合にのみ保護者に確認する必要があります。保護者がそのサイトについて決定を下すと、モデルは学習して改善され、将来的にはその種類のサイトをより適切に分類できるようになります。

「一言で言えば、Cloud-Nanny は、親がきちんとやれば何時間もかかる仕事を、週に数分の作業に変えてくれます。そして同時に、被害が発生してからサイトをブロックするのではなく、子供たちがサイトを目にする前にサイトをブロックする可能性が非常に高いため、より信頼性が高く、積極的なソリューションでもあります。」

彼は次のように結論付けています。「技術的およびビジネス的な観点から、このソリューションの構築に使用したIBMテクノロジーが大きな違いをもたらしました。 巨額の開発コストをかけずに、1 年以内に量産可能な製品を作成できるということは、より早く市場に投入できることを意味します。もっと大きな視点で見ると、ChildRouter は、ウェブが提供できるすべての有益な教育やエンターテイメントを子供たちから奪うことなく、家族がオンラインで子供たちの安全を守ることができることを意味します。」

Cloud Nanny ロゴ
Cloud-Nanny

Cloud-Nanny は、親が家族のインターネット使用状況を監視および管理するのに役立つスマート インターネット ルーターを製造および販売する会社です。Cloud-Nanny は、コンテンツに基づいて Web サイトをインテリジェントにチェックして分類するクラウドベースのトラフィック分析ソリューションである ChildRouter を提供し、ブロックするサイトについてより賢明な決定を下すのに役立ちます。

次のステップ

IBM Watson Data Platform は、データおよび分析サービスの完全なポートフォリオを提供し、柔軟な導入および価格設定のオプションにより、アプリケーションをより迅速に構築し、新しい洞察を容易に得るためのユニークでシームレスな製品統合を提供します。IBM Watson Data Platform が企業の困難なビッグデータの問題を迅速かつコスト効率よく解決するのにどのように役立つかについて詳しくは ibm.com/analytics/us/en/watson-data-platform/ をご覧ください。

IBM Analyticsの 詳細については、こちらをご覧 ください。

IBM ブログ
法務

© Copyright IBM Corporation 2017IBM Software, Route 100, Somers, NY 10589. 2019年1月IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Cloud、および IBM Watsonは世界の多くの国で登録された International Business Machines Corporation の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の現在のリストは、Webページ「著作権および登録商標情報」www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtmlでご確認いただけます。本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。