ホーム ケーススタディ Blanc und Fischer IT Services GmbH社 - システム・ハードウェア - SAP Blanc und Fischer IT Services GmbH社
標準化を通じて投資を最適化しながら、イノベーションとトランスフォーメーションを加速します
詳細はこちら
Blanc und Fischer & Co.の建物、EGOグループの一部

BLANC & FISCHER Family Holdingの一員であるBlanc und Fischer Services IT GmbH社は、イノベーションとシナジーを引き出すため、IBMおよびRed Hatと協力し、SAPアプリケーションをIBM® Power® Systems、IBM Storage、およびRed Hat Enterprise Linuxに標準化しました。キッチンの給水システムからファクトリー・フロアのIoTソリューションに至るまで、同社は持続可能な未来を構築しています。

ビジネス上の課題

Blanc und Fischer IT Services GmbH社は、BLANC & FISCHER Family Holding全体で新しい革新的なビジネス・モデルを実現したいと考えていました。生産施設のデジタル・トランスフォーメーションを加速させる方法とは?

変換

同社は、SAP Manufacturing Executionを Red Hat Enterprise Linux、IBM Power Systems、IBM FlashSystem®、およびIBM Spectrum® Virtualize上のSAP HANA®に移行することで、事業運営を最適化することを選択しました。

結果 50%
プロセッサー・コアの数が少ないことにより、投資とライセンスのコストを削減
30%
パフォーマンスの高速化によりビジネス・ワークフローを加速
最大30%
統合プロジェクトの完了後に必要なアプリケーション・インスタンスが減少
ビジネス上の課題の詳細
統合の強化とビジネス・モデルの再発明

世界中の何百万ものキッチン・リビング・スペースには、BLANC & FISCHER Family Holding社の製品が使用されています。ARPA社はフランスのオーブン、レンジ、コンロの専門メーカーです。BLANCO社はウォーター、シンク、タップに焦点を当てています。BLANCO Professionalは、業務用厨房および産業サプライヤー向けの製品を提供します。DEFENDI社は、イタリアのガス部品メーカーです。EGO社は、家電メーカーに製品を供給しています。

これらの企業を支援するBLANC & FISCHER CORPORATE SERVICES(Blanc und Fischer IT Services GmbH社を含む)は、グループ全体にITサービスおよび機能ケイパビリティーを提供します。

Blanc und Fischer IT Services GmbH社のディレクター兼技術責任者であるManfred Leistner氏は、「カスタマイズ可能な製品コンフィギュレーターを備えた、使いやすい単一のe-commerceソリューションを通じて、お客様にあらゆる選択肢を提供したいと考えています。すべてのグループ会社間のより緊密な統合を可能にすることで、新しい高度なビジネス・モデルが促進されます。そのためには、お互いのビジネスをより密接に連携させる必要があります。自社の強みを活かして、複数の事業単位にわたって製品とプロセスを最適化するにはどうすればよいでしょうか?」

 

IBMとRed Hatのさまざまなチーム間の緊密な協力のおかげで、当社は遅延なくSAP HANAを使用した本番運用を迅速に開始することができました。 Manfred Leistner Director / Head of Technology Blanc und Fischer IT Services GmbH
概要と経緯の詳細
効率とスケーラビリティー

長年にわたり、BLANC & FISCHER Family Holdingのグループ会社は業務効率を高めるためにSAPソリューションに依存してきました。同グループは現在、既存のSAPソリューションのポートフォリオに加えて、SAP S/4HANA®SAP® BW/4HANA®SAP Manufacturing Executionなどの次世代ビジネス・アプリケーションの導入に取り組んでいます。

やがて、すべてのグループ企業が新しいSAPソリューションに統合され、同社がオペレーションを統一的に把握できるようになることが目標です。このクリティカルなステップは、コラボレーションと相互融合を通じてイノベーションの新たな波をサポートする、合理化され、統合化された製造プロセスを実現にするのに役立ちます。

「コア・ビジネス・アプリケーションの最新化は常に課題です」とManfred Leistner氏は言います。「基盤となるインフラストラクチャーとしてIBM Storageを備えたIBM Power Systemsを選択したのは、これが既存のSAPワークロードと新しい最先端のソリューションを組み合わせるのに理想的なプラットフォームであると考えたからです。」

IBMおよびRed Hatのコンサルタントと協力し、同グループはIBM Power System E980サーバーを、IBM FlashSystem 9200ストレージ・ソリューションIBM Spectrum Virtualizeで構築されたストレージ・ソリューションに接続した高可用性構成を導入しました。IBM PowerVM®の高度なバーチャリゼーション機能により、基幹業務システムの効率やセキュリティーを犠牲にすることなく、単一のサーバー上で異なる分離されたワークロードを運用することができます。

IBMのインフラストラクチャーにより、Blanc und Fischer IT Services GmbH社のチームは、SAP Global Trade ServicesSAP Supplier Lifecycle ManagementSAP Supplier Relationship ManagementSAP Business IntelligenceSAP ERP Human Capital Managementなどの既存のソリューションとともに、新しいSAP S/4HANAおよびSAP BW/4HANAアプリケーションを単一のプラットフォーム上で実行できるようになります。

Manfred Leistner氏は次のように説明しています。「IBM Power SystemsとIBMストレージから得られる柔軟性により、必要に応じて複雑な再調整を行わずにスケールアップできます。必要な場所にリソースを柔軟に割り当て、変化するビジネス・デマンドに基づいてリソース割り当てを動的に最適化できます。」

IBM Spectrum Virtualizeは、2つのデータセンター・ロケーションにわたるデータの一貫性と最大限の可用性を確保し、事業継続性を向上させます。同グループはまた、データ保護と迅速な復旧のために、IBM Spectrum Protectを利用しています。

「IBM Spectrum StorageとIBM FlashSystemの組み合わせにより、IBM Power Systemsサーバー上のRed Hat Enterprise Linuxで、当社の基幹業務ワークロードのストレージと事業継続性を管理する、統合されたコスト効率の高いハイパフォーマンス層が実現しました」とManfred Leistner氏は述べます。

当社はIBM、SAP、Red Hatと協力してトランスフォーメーションの取り組みを進めており、IBM StorageとRed Hat Enterprise Linux and Automationを備えたIBM Power Systems上のSAP S/4HANAおよびSAP BW/4HANAを使用してビジネス・アプリケーションを最新化しています。 Manfred Leistner Director / Head of Technology Blanc und Fischer IT Services GmbH
統一化のメリット

プラットフォーム間の標準化のメリットを得るために、このグループはすべてのSAP HANAインスタンスを Red Hat Enterprise Linux for SAP Solutionsに移行しています(リンクはibm.comの外部)。「Red Hat Enterprise LinuxがSAPによってIBM Power Systemsプラットフォームとして認定されるとすぐに、当社はRed Hat Enterprise Linux for SAP Solutions上でSAP HANA実動システムを実行し始めました」とManfred Leistner氏は回想します。「IBMとRed Hatのさまざまなチーム間の緊密な協力のおかげで、私たちはSAP HANAを使用して、遅延なく迅速に本番運用を開始することができました。」

Blanc und Fischer IT Services GmbH社にとって、最も優秀な人材を引きつけ続けるには、IBM Power Systems上でLinuxを実行できることが不可欠です。「IT担当者、特に若い従業員は、これまでプラットフォームを使用したことがなくても、IBM Power Systems 上のLinux操作に非常に慣れています」とManfred Leister氏は付け加えます。「柔軟性が向上し、障害追及が迅速化されるため、さまざまなサーバー・プラットフォームにわたってRed Hat Enterprise Linuxに関する深い知識を活用できることは、私たちにとって大きな利点です。」Blanc und Fischer IT Services GmbH社は、Red Hatのオープンソースの考え方を重視しており、ソリューションに精通した管理者や開発者からなる大規模なコミュニティの恩恵を受けています。

次のステップとして、Blanc und Fischer IT Services GmbH社は、Red Hat Ansible Automation Platform(リンクはibm.comの外部)とRed Hat Satellite(リンクはibm.comの外部)を、Red Hat PremiumとIBM Platinum Business Partner SVA(リンクはibm.comの外部)とともに使用して、すべてのデータセンター運用にDevOpsプロセスを実装する計画です。それ以外にも、ITチームはデプロイメントをさらに合理化する方法をすでに模索しており、Red Hat OpenShiftエンタープライズ対応のKubernetesコンテナ・プラットフォームに基づいてコンテナ化されたアプリケーションの納入・引渡しを検討しています。マルチクラウドとハイブリッドクラウドの両戦略を強力に推進するITチームは、コストを最適化し、柔軟性をさらに高めるためのクラウド・オプションを模索しています。

 

基盤となるインフラストラクチャーとしてIBM Storageを備えたIBM Power Systemsを選択したのは、これが既存のSAPワークロードと新しい最先端のソリューションを組み合わせるのに理想的なプラットフォームであると考えたからです。 Manfred Leistner Director / Head of Technology Blanc und Fischer IT Services GmbH
成果の詳細
俊敏性とコスト削減

基幹業務のSAP Manufacturing ExecutionアプリケーションをSAP HANAに移行することで得られたシステム・パフォーマンスは、同社の制作ラインに即座にプラスの影響を与えました。例えば、ラベルの印刷などの基本的なステップも高速化され、全体の効率性が向上します。

「SAP HANAとRed Hat Enterprise Linuxへのテクノロジー・トランスフォーメーションにより、今後数カ月で、ドイツ連邦共和国とカナダの3工場だけだった製造管理を、世界中の製造拠点に拡大することが可能になります」とManfred Leistner氏は述べています。「さらに、マイグレーションの結果、使用するプロセッサー・コアの数を50%削減しながら、応答時間の30%高速化を達成しました。これにより大幅なコスト削減が実現し、生産施設の標準化をさらに進めることが可能になります。」

IBM POWER9™プロセッサーを活用したサーバーは、効率において大きな利点をもたらします。「特定のワークロードでは、IBM POWER9テクノロジーを使用すると、必要なプロセッサー・コアの数が25%減ります」とManfred Leistner氏は断言します。「この縮小により、投資コストとオペレーティング・コストが削減され、資源の効率性が向上したことで、テストおよび開発システムをセットアップする際の柔軟性が向上し、ビジネスがよりアジャイルになりました。」

 

統合化戦略

IBM Power Systems上で完全なSAP S/4HANA環境を実行することが、成功する戦略であることが証明されました。

「IBM Power Systems、IBM Storage、Red Hat Enterprise Linux上でのSAP S/4HANAのエクスペリエンスは非常に良好でした」とManfred Leistner氏は述べています。「IBMインフラストラクチャー・ソリューションを使用すると、デマンドに基づいてリアルタイムで容量を動的に拡張したり、再割り当てしたりできます。この拡張機能は当社の成長をサポートし、新しいビジネス条件に対応し続けるのに役立ちます。」

ITサポートに関しては、Blanc und Fischer IT Services GmbH社はIBM チームとRed Hatチームの効率に感銘を受けています。Manfred Leistner氏は次のように述べています。「Red Hatチームは、IBM Power Systemsについて学ぶことに強い関心を持っています。学びたいと思っている人たちと仕事ができて、どんな問題でも解決するために全力を尽くすのはとても楽しいことです。IBMとRed Hatの深いテクニカルな専門知識を持つスペシャリストのネットワークにいつでも相談できるのは、非常に心強いです。」

同氏はさらに、「当社はIBM、SAP、Red Hatとともにトランスフォーメーションの途上にあり、IBM StorageとRed Hat Enterprise Linux and Automationを備えたIBM Power Systems上のSAP S/4HANAとSAP BW/4HANAを使用してビジネス・アプリケーションを最新化しています。現在、70のSAPアプリケーション・インスタンスを実行しています。私たちの目標は、システムとインスタンスの数を30%削減することです。別々のシステムを統合し、すべてのグループ会社の単一のアプリケーション・プラットフォームで標準化することで、コストを削減し、グループ会社とさまざまな事業単位間のより緊密な統合が可能になります。」

Manfred Leistner氏は、「計画立案、製造、ビジネス・プロセス、そしてオペレーショナル・データの緊密な統合が、私たちのデジタル・リインベンションを支えています」と締めくくりました。SAPとIBMのソリューションを導入することで、新しいビジネス・モデルを開発して立ち上げることができ、キッチン、ファクトリー、その他の分野でさらにつながる未来に備えることができます。」

 

IBM Power Systems、IBM Storage、Red Hat Enterprise Linux上でのSAP S/4HANAのエクスペリエンスは非常に良好です。IBMインフラストラクチャー・ソリューションを使用すると、デマンドに基づいてリアルタイムで容量を動的に拡張したり、再割り当てしたりできます。 Manfred Leistner Director / Head of Technology Blanc und Fischer IT Services GmbH
Blanc und Fischer IT Services GmbH社ロゴ
Blanc und Fischer IT Services GmbH社について

Blanc und Fischer IT Services GmbH社(リンクはibm.comの外部)は、BLANC & FISCHER Family Holding(リンクはibm.comの外部)の中心的なITサービス・プロバイダーであり、世界中のキッチン・リビング・スペースを形成しています。EGOグループ、BLANCOグループ、BLANCO Professionalグループ、ARPA、DEFENDIグループなど、複数のグループ会社がFamily Holdingに属しています。同社は世界中の23か国、56のロケーションで約8,300人を雇用しています。2019年、グループの売上高は約12億ユーロを記録しました。

KVAについて

SVA(リンクはibm.comの外部)は、データセンターのインフラストラクチャーと実装サービスの提供を専門とするドイツ連邦共和国の大手システム・インテグレーターの1つです。

次のステップ

IBM SAP Allianceの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、次のWebサイトをご覧ください:/sap, /it-infrastructure/power/sap-hana, /it-infrastructure/storage/sap-hanaおよびredhat.com/sap(ibm.com外部へのリンク)。

文書を見る(PDF 1.55 MB) 詳細はこちら
他の事例を見る
法務

© Copyright IBM Corporation 2020. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.2020年10月米国で作成。

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM FlashSystem、IBM Spectrum、Power、POWER、POWER9、およびPowerVMは、International Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

Linuxは、米国、その他の国、またはその両方におけるLinus Torvaldsの登録商標です。

本資料の内容(適用される税金を除いた通貨または価格の参照を含む)は最初の発行日時点における最新情報であり、IBMにより予告なしに変更される場合があります。

IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

© 2020 SAP SE. All rights reserved. SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。