Tape Storage

テープ・ストレージの技術革新における第9の波

記事をシェアする:

「ストレージに要する費用」と「データの保護」は、ストレージにおける2つの重要課題です(*1)。そして、テープを用いるストレージ・ソリューションとテクノロジーは、これらの重要課題への対応をサポートします。つまり、テープ・ストレージは、現在のストレージ市場の強力なソリューションなのです。

テープ・ストレージは、業界を問わず、あらゆる規模の企業における低コストで大容量のデータ・ストレージのニーズに対応します。また、テープ・ストレージは、テープならではの「エア・ギャッピング(ネットワークから物理的に隔離された状態)」を利用してサイバー攻撃の脅威を緩和するとともに、サイバー攻撃に対する妨害を行う仕組みを提供します。さらに、重要な事実として、テープにおけるデータ保護関連の技術革新は堅調です。IBMは、テープ・ストレージの価値と可能性を見失ったことはありません。IBMのテープ・テクノロジーへの変わることのない取り組みと、テープ・テクノロジーが実現するストレージ・ソリューションは、LTO 9と称される第9世代のLinear Tape Open (LTO) Ultriumのテクノロジーとオファリングの発表よって再認識されました。

IBMは、オートローダーやライブラリーといったテープ・オートメーションのソリューションにおいて、LTOコンソーシアムが定義する第9世代の規格に適合するLTO 9 Ultriumテープ・ドライブとメディアを、2021年第1四半期(*2)に提供する予定です。新たに登場することになるIBMのLTO 9 テープ・ドライブとLTO 9をサポート・システムは、アクセス頻度の低いデータを保管するだけではなく、急速に進化する21世紀のあらゆるストレージ要件に適合するために、費用対効果が高く安全なソリューションであるテープ・ストレージの能力を向上させる設計です。

IBMは、60年以上にわたり、テープ・テクノロジーに寄与してきました。そして、技術革新と継続的な改善、お客様やビジネス・パートナーの声の傾聴、品質を重視した製品戦略の採用と実行の結果、IBMは強力なテープ・ストレージ・ベンダーとして評価されています。

「IBM LTO テープ・テクノロジーは、マルチクラウド戦略の一環として、オンプレミスにおける長期保存用のアーカイブ・ストレージを必要とする当社のお客様に、安全で費用対効果が高いソリューションを提供します」
「パブリッククラウド環境のストレージを補完し、エアギャップによってサイバー犯罪者やランサムウェア脅威の当事者からデータを保護するという観点で、テープにはコストとアクセス時間に大きなメリットがあります。発表によれば、第9世代のLTO Ultriumカートリッジは、格納可能なデータは50パーセント増え、パフォーマンスは11パーセント向上するといいます。LTO 9により、IBMのテープ・テクノロジーとシステム、ソフトウェア、ライブラリーのポートフォリオが強化されます」(Jeskell Systems,
Rusell Schneider氏)

IBM LTO Ultrium テープ・テクノロジーは、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)、ビッグデータ分析、AI駆動型アプリケーション、メディアおよびエンターテインメント、ゲノミクス、ビデオ・ストリーミング、デジタル・アーカイブなどにおける、アクセス頻度が低い大量のデータを保管する需要に対応します。そして、記録可能容量、パフォーマンス、サイバー・レジリエンス、コスト効率が旧世代より向上するLTO 9対応のIBMのテープ・ソリューションによって拡張されます。

  • IBM LTO Ultrium 9 データ・カートリッジは、LTO Ultrium 8 データ・カートリッジより容量が50パーセント増加(18 TB)。データ転送速度は、11パーセント高速(400 MB/秒) (*3)。
  • LTO 9に対応するIBMのテープ・ソリューションにおいて、テープ・ライブラリーの総所有コストの39パーセント低減が可能 (*4)
  • LTO 9に対応するIBMのテクノロジーは、データ保護ソリューションであるIBM Spectrum Protectとの統合により、Red Hat OpenShiftのコンテナ環境で、コスト効果が高い安全なデータの保存が可能

「IBMは、LTO 9テクノロジーを使用して、ハイブリッドクラウド向け次世代テープ・ソリューションを構築しました。記録したデータの改ざん/消去を防止するWORM (Write Once Read Many) 機能を使用したデータの不変性と、テープならではの物理的なエア・ギャップに加えて、保存データのAES-256ビット暗号化を提供することにより、IBM LTOテープは、コスト効率の良い、機密保護機能のあるストレージ・ソリューションとして圧倒的な地位を維持します」(Mesabi Group, David Hill氏)

以下は、テープにおける事実です。

  • 現行のテープ・ユーザーの67%がアーカイブに、57%がバックアップにテープを利用(*5)
  • 今後10年間に予測されるストレージ容量の増加に関して、テープが対応できる可能性はハードディスクより高い(*6)
  • 2018年に実施された10年間のTCO比較調査によると、テープはディスク・ストレージより86%安価(*7)
  • テープは、ディスク・ストレージよりも信頼性が約100倍高い(*8)

第9世代のIBM LTO Ultriumテクノロジーは、以前の世代よりも高いストレージ密度を提供し、大量のデータを保管する際のコストを低減する設計です。IBMのテープ・ドライブとテープ・ライブラリーは、複数層のデータ保護を提供します。また、受賞実績(*9)を持つSDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義ストレージ)ソリューション IBM Spectrum Storageファミリーの一員であるIBM Spectrum Archiveは、テープ上のファイルやディレクトリーへの容易なアクセスとドラッグ&ドロップによるファイル操作を実現するLinear Tape File System(LTFS)を提供します。

テープは、データ・ストレージの最新のニーズに対応する主要なソリューションであり続けています(*10)。高速のアクセス、総所有コスト(TCO)の削減、セキュリティーの向上、システム・ライフの延長、機能の向上を、企業や組織に提供するために、IBMは第9世代のIBM LTO Ultriumテクノロジーとテープの技術革新を続けています。そして、IBMが提供するSDSソリューションに代表されるテープを補完するテクノロジーは、互換性、統合性、機能性を向上させます。多くの業界、ビジネス・ユースケース、主要な企業が、テープは過去のものではなく、未来に向けて革新していることに気付いているのです。

>> Tape TCO Calculator(英語)は、IBMのテープ・テクノロジーを使用することで、節減できる可能性がある金額を見積もります。


関連情報


*1 Enterprise Strategy Group, Data Storage Trends in an Increasingly Hybrid Cloud World, March 2020, https://www.esg-global.com/research/esg-research-report-data-storage-trends-in-an-increasingly-hybrid-cloud-world
*2 開発意向表明は、IBM の計画および方向性に関する情報を提供するものです。IBM の計画、方向性、意向に関するすべての記述は、予告なしに IBM 独自の判断で変更または撤回される場合があります。開発意向表明はIBM 製品の方向性の概要を示すものであり、製品購入を決定する際の根拠としてはご利用いただけません。今後提供する予定の製品に関する情報は、資料、コード、または機能の提供について誓約または保証の義務、または法律上の義務を負うものではありません。 今後提供する予定の製品に関する情報は、いかなる契約にも組み込まれません。IBM 製品に関して記述されている今後のフィーチャーまたは機能の開発、発表、時期は、IBM 独自の判断で決定されます。
*3 IBM LTO 9 Tape Drive Full Height Model Performance White Paper, October 2020 (IBM Miyaura)
*4 18台のLTO 8 テープ・ドライブを搭載する200PB のテープ・ライブラリーと18台のLTO 9 テープ・ドライブを搭載する200PB のテープ・ライブラリーでの3年間の総所有コストをIBMが比較および分析
*5 ESG Master Survey Results, 2020 Technology Spending intentions Survey February 2020 esg-global.com/2020-technology-spending
*6 INSIC, INSIC Technology ROADMAP 2019, July 2019, insic.org/wp-content/uploads/2019/07/INSIC-Technology-Roadmap-2019.pdf
*7 ESG, Alex Arcilla, Quantifying the Economic Benefits of LTO-8 Technology, August 2018, lto.org/wp-content/uploads/2018/08/ESG-Economic-Validation-Summary.pdf
*8 INSIC, INSIC Technology ROADMAP 2019, July 2019, insic.org/wp-content/uploads/2019/07/INSIC-Technology-Roadmap-2019.pdf
*9 The Storries, Storage Awards, 2019 Winner: Software-Defined Storage Vendor of the Year, June 2019
storagemagazine.co.uk/storageawards/?page=winners2019-s and CRN 2020 40 Coolest Software-Defined Storage Vendors, April 2020
https://www.crn.com/slide-shows/cloud/the-40-coolest-software-defined-storage-vendors-the-2020-storage-100/11
*10 LTO Consortium, 2019 LTO tape shipment report reveals record breaking tape capacity shipments,July 2020, businesswire


本記事は「The ninth wave of tape storage innovation(written by Kiyoshi Urabe)」を抄訳し、一部編集したものです。

More Tape Storage stories

コンテナ、エッジ、ハイブリッドクラウド向けにストレージをシンプルにする

企業は、ITのデジタル・トランスフォーメーションを進めています。それは、ハイブリッドクラウド、コンテナ、AIなどの新しいテクノロジーを採用して、ビジネス成功の促進、複雑さの軽減、俊敏性向上を進めることを意味します。実際、 […]

さらに読む

ハイブリッドクラウドに向けたIBM Power Systemsの新しい選択肢

IBMは、ハイブリッドクラウド時代におけるビジネス変革を加速するIBM Power Systemsの新しいソリューションと機能を発表します。そして、システムのモダナイゼーションからワークロードのコンテナ化、ハイブリッドク […]

さらに読む

すべてをシンプルに変えるストレージ

ITは年々複雑になっています。実際、IT部門の意思決定担当者の3人のうち2人が、自社のIT環境は2年前よりも複雑になっていると述べています。従来からの課題は「データ量の爆発的な増加」や「広がり続けるサイバーセキュリティー […]

さらに読む