IBM Cloud News

IBM Cloud、総務省ならびに経済産業省によるガイドラインに対応

記事をシェアする:

本内容については、IBM News Room にても発表 しております。
 

『医療機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス (2021年度)』を公開

 

IBM Cloudが総務省ならびに経済産業省が提唱する医療業界におけるクラウドサービスの利活用に関するガイドラインに対応していることを確認し、整理したリファレンス『医療機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス (2021年度)』を公開しました。
 

日本IBMでは、IBMのパブリッククラウドであるIBM Cloudへの電子カルテシステムの移行をはじめ、IBM Cloudを利用した相互接続によりAIやIoTといった先進ソリューションの利用や付加価値の高い新サービス創出を支援する共通サービス基盤「ヘルスケアサービス向けデジタルサービスプラットフォーム」の構築など、医療・ヘルスケア分野でのクラウド活用を推進しています。また、IBM Cloudは、クラウド向け商用最先端暗号化方式の「Keep Your Own Key(KYOK)」機能により高度なセキュリティーを提供しています。さらに、コンサルティングやシステム構築を行ってきた豊富な実績や知見を活用することで、医療・ヘルスケア分野におけるデジタル・トランスフォーメーションの加速を強力に推進しています。
 

医療機関向けIBM Cloud IaaSクラウドサービス対応セキュリティリファレンスはこちらから参照いただけます。
 

今回公開するリファレンスは、日本IBMが、株式会社三菱総合研究所に委託し、IBM CloudのIaaS/PaaSを利用して医療情報システムを構築することを想定し、厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」および経済産業省・総務省「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」の要求事項に適合しいているかを調査し、整理しています。
 

総務省・経済産業省が発行するガイドラインは、以下の通りです。

「医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン」(令和2年8月)

https://www.meti.go.jp/press/2020/08/20200821002/20200821002.html

https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu18_02000001_00004.html

 

参考情報:
プレスリリース:IBM Cloud、総務省ならびに経済産業省によるガイドラインに対応 日本での医療・ヘルスケア分野のデジタル・トランスフォーメーションを加速


投稿:IBM Cloud Blog Japan 編集部

More IBM Cloud News stories

第6回『画像認識AI開発アプリケーションのコンテナ化』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは。IBMテクノロジー事業本部ハイブリッドクラウド&AIソリューションセンターの中島です。IBM Powerのテクニカルセールスとして、既存アプリケーションのコンテナ化やオンプレミスとクラウド環境を組み合 ...続きを読む


第5回 『Red Hat OpenShift と Kubernetes の違い』

IBM Cloud Blog, IBM Partner Ecosystem

こんにちは、Red Hat のSolution Architect の花田です。普段は OpenShift の提案サポートやエバンジェリスト的な活動として講演を行ったり、記事を執筆したりしています。 今日は、ご質問の多い ...続きを読む


IBM Cloud ベアメタル・サーバーに25GbEの規格が登場

IBM Cloud Blog, IBM Cloud News, IBM Cloud アップデート情報

この投稿は、2021/3/4に米国 IBM Cloud Blog に掲載されたブログ(英語)の抄訳です。   IBM Cloudのベアメタル・サーバーで、史上初めて25GbEのポート速度が利用可能になりました ...続きを読む