概要

検索と機械学習アルゴリズムの組み合わせからデータ内のシグナルを検出し、問合せに対する最も関連性の高い情報を検索します。Apache Solr上に構築されていて、開発者はデータをサービスにロードして、既知の結果に基いて機械学習モデルを訓練し、このモデルを活用して改善された結果を、質問や照会に応じてエンド・ユーザーに提供します。

情報検索において、Retrieve and Rankサービスを適用できるシナリオは、次のようなものが考えられます。現場で問題解決にあたる熟練技術者、お客様から受ける問題に対処するコンタクト・センター担当者、専門組織から該当領域の専門家を探してプロジェクト・チームを編成しようとしているプロジェクト・マネージャーへの支援などです。

入力:

  • ドキュメント
  • ドキュメントに関連付けられている照会(質問)
  • サービス・ランタイム: ユーザーからの質問と照会

サービスの出力:

  • 取得対象の索引付きドキュメント
  • 機械学習モデル(Rank)
  • サービス・ランタイム: 関連するドキュメントとメタデータのリスト

デモを試す

今すぐ使う

IBM Cloudライト・アカウント

これらのAPIを使ったコグニティブ・アプリ構築ができます。組み合わせたり、単体でも活用いただける製品・サービスも記載しています。

Watson API Start Dash Pack

Watsonをすぐに試したいお客様のためのAPIと技術支援をセットにしたオファリングです。価格は¥980,000(税抜)です。

その他のAPI

コグニティブ・アプリケーションを開発するための、機械学習(ディープ・ラーニング)を活用したサービスが準備されています。