Language Translator
(言語変換)

コンテンツのテキストを、ある言語から別の言語にリアルタイムで翻訳します。

※ 「ライト」の表記があるAPIは無料・無期限で使用可能

ライト・アカウント登録後、「組織」を作成する際、「地域」には最新サービスを提供している「米国南部」の選択をお勧めします。

概要

Watson Language Translatorサービスは、過去数十年にわたるIBMの研究の成果である統計的機械翻訳技術とニューラル・ネットワークを利用して、会話・ニュース記事・特許文書といったドメインに最適化した翻訳機能を提供します。 Language Translatorサービスは、翻訳対象のテキストの言語を自動的に識別し、お客様のユース・ケースに適した翻訳モデルによって翻訳を行うことができます。また、お客様独自のカスタム辞書を登録してご利用いただくことや、機械学習によりお客様の固有のユース・ケースに合わせたカスタム翻訳モデルを作成してお使いいただくことも可能です。

  • 以下のドメインの翻訳モデルが用意されています
     ニュース : ニュースの「記事」、「書き起こし」を対象としています
     会話 : 「会話」と「口語表現」を対象としています
     特許 : 「技術用語」と「法律用語」をターゲットとしています
  • 対象となる言語については こちら をご参照ください
  • お客様独自のカスタム辞書、カスタム翻訳モデルの作成については こちら をご参照ください

(注1: 現在、優れた翻訳品質の新しいニューラル機械翻訳 (Neural Machine Translation (NMT)) モデルのプレビュー版が提供しています。詳しくは、リリース・ノート をご参照ください。)

(注2: Watson Language TranslationサービスはLanguage Translatorサービスという名称に変わりました。Language TranslatorサービスはLanguage Translationサービスと同じ機能を提供しますが、よりシンプルな価格設定になっています。)


用途

Watson Language Translator サービスは何ができるのでしょうか
実際の事例として以下のようなものがあります

  • 英語を話すヘルプ・デスク担当者が、スペイン語を話す顧客をチャットでサポートする事例(「会話」の翻訳モデルを使用)
  • 西アフリカのニュースWebサイトが、世界中の英語ニュースをキュレートして、購読者にフランス語で提供する事例(「ニュース」の翻訳モデルを使用)
  • 韓国の特許庁の韓国語で書かれた発明開示書から米国の弁理士が抵触の可能性のある先行技術を効率的に探索する事例(「特許」の翻訳モデルを使用)
  • 銀行において金融商品名と業務独自の用語に特化したカスタム・モデルを作成してすべての商品説明を英語からアラビア語に翻訳した事例(カスタム翻訳モデルを使用)

このように、様々な「翻訳」が必要となる業務シーンにおいて最適な機能やモデルをお使いいただけるサービスとなっています。


ユーザーからの入力:

  • 翻訳対象のテキスト文章

サービスからの出力:

  • 翻訳結果のテキスト文章
  • 翻訳した単語数
  • 翻訳した文字数

デモを試す

Watson Language Translator サービスでは、英語、アラビア語、ブラジル・ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、スペイン語、といった各言語を対象としています。

1) デモサイト (英語) を開き、学習のオプションを選択します。(右画像の赤枠参照)

機密情報などWatsonデモ環境に学習させたくない情報を含むテキストを翻訳する場合には"Opt out"を選択してください。

※右画像はクリック/タップで拡大します。

2)「Translate Text」セクションで翻訳元(Input)と翻訳先(Output)の言語を選択します。

ここでは翻訳元に日本語(Japanese)、翻訳先に英語(English)を選択しています。

3)左の「Input」側のテキストボックスに日本語のテキストを入力すると、右側の「Output」欄に英語に翻訳されたテキストがリアルタイムに表示されます。

(注: 現在、Language Translatorのデモ画面では、新しいニューラル機械翻訳 (Neural Machine Translation (NMT)) モデルのプレビュー版の機能をご確認いただけます。詳しくは、リリース・ノートをご参照ください。)

解説ビデオを見る

Language Translator Service by IBM Watson

カスタマイズ

Language Translatorサービスは、翻訳の精度をより高くするために、翻訳業務に使用しながら徐々にトレーニングすることができます。Watsonは過去の翻訳結果を学習し、人名や商品名、専門用語などの業務上固有の用語や言い回しを適切に翻訳します。

活用例

Language Translatorでブログ記事を翻訳してみた

ニュースや専門用語に強く、用語の変換をカスタマイズできるIBM Watson APIの自然言語機械翻訳ツール「Language Translator」を使ってブログ記事を翻訳してみる。

ブログ記事を翻訳してみた

AI Minutes for Enterprise
リアルタイムで音声をテキスト化し、幅広く業務を支援

リアルタイムで音声をテキスト化し、更に翻訳も可能にします。語彙・音声データの学習と辞書機能で、企業や業界に合わせた内容の最適化も可能です。

AI Minutes for Enterprise

今すぐ使う

IBM Cloudライト・アカウント

これらのAPIを使ったコグニティブ・アプリ構築ができます。組み合わせたり、単体でも活用いただける製品・サービスも記載しています。

Watson API Start Dash Pack

Watsonをすぐに試したいお客様のためのAPIと技術支援をセットにしたオファリングです。価格は¥980,000(税抜)です。

その他のAPI

コグニティブ・アプリケーションを開発するための、機械学習(ディープ・ラーニング)を活用したサービスが準備されています。