プロセッサー Value Unit (PVU) は、分散系プロセッサー・テクノロジー (プロセッサー・ベンダー、ブランド、タイプおよびモデル番号により定義される)上でソフトウェアの使用許諾を区別するために使用される課金単位です。IBM は、PVU 単位の使用許諾を目的として、チップ (ソケット) 上でそれぞれのプロセッサー・コアをプロセッサーと定義しています。それぞれのソフトウェア・プログラムでは、PVU あたりの固有の料金が設定されています。PVU ライセンスの詳細な定義については、以下のPVU キャパシティーおよびサブキャパシティー・ライセンスの項目を参照してください。PVU の詳細については、右側の「基本情報」の下のリンクを参照してください。

コアあたりのプロセッサー Value Unit [PVU] テーブル

以下のテーブルは、発行日時点における一般に利用可能なプロセッサー・テクノロジーのみをリストしています。将来のプロセッサー・テクノロジーでの PVU 要件は異なる可能性があります。リストされていない以下のプロセッサー・テクノロジーの PVU 要件については、「プロセッサー・テクノロジー を識別するプロセッサー・ガイド (US)」を参照してください。ご使用のプロセッサー・モデル番号を確認するには、「プロセッサー・モデル番号ディスカバリー・ガイド (US)」を参照してください。探している語句が見つからない場合は、IBM にお問い合わせください (US)

PVU Table per Core (section 1 of 2 - RISC and System z)

Processor Technologies
Processor Brand Processor Type
Processor
Vendor
Processor
Name
Server model numbers Maximum number
of sockets per server
IFL Engine/
Central Processor
Proc.
Model
Number
PVUs
per
Core
IBM POWER Systems cores running Linux OS 7R1, 7R2, 7R4,
POWER IFL, p24L,
S812L, S812LC,
S822L,S822LC, S824L, AC922, LC921, LC922, L922
Any POWER System core running Linux
All All 70
POWER9 E980 >4 All 120
E950 4 All 100
H922, H924, S914, S922, S924 2  All 70
POWER8 870, 880 > 4 All 120
E850 4 All 100

S812, S814, S822, S824
2 All 70
POWER7 4 770, 780, 795 > 4 All 120
750, 755, 760, 775, PS704, p460, Power ESE 4 All 100
PS700-703,
710-740, p260, p270
2 All 70
POWER6 550, 560, 570,
575, 595
All All 120
520,
JS12, JS22,
JS23, JS43
All All 80
POWER5,
POWER4
All All All 100
POWER5 QCM All All All 50
z14, Models M01-M05 and L01-L05, Emperor, Emperor II, z13, zEC12, z196,
System z10 1,5
All All All 120
z14 Model ZR1/LR1, z13s, Rockhopper, Rockhopper II,
zBC12, z114,
System z9,
z990, S/390 1,2,6
All All All 100
 PowerPC 970 All All All 50
 PowerXCellTM,
Cell/B.E.TM 8i3
All All All 30
Any Any single-core All All All 100
Processor Technologies
Processor Brand
Processor
Vendor
Processor
Name
Server model numbers Maximum number
of sockets per server
Proc. model numbers PVUs per core
HP/Intel® Itanium® All All All 100
PA-RISC All All All 100
Oracle / Sun / Fujitsu SPARC64 VI, VII, X, X+. XII All All All 100
UltraSPARC IV All All All 100
SPARC M5 / M6 All All All 120
SPARC M7 T7-4 4 All 100
SPARC T4/T5/M7/S7/M8 T5-8, M7-8, M7-16, M8-8 >4 All 120
T4-4, T5-4, T7-4, T8-4 4 All 100
T4-1, T4-1B,
T4-2, T5-1B, T5-2, T7-1, T7-2, S7-2, S7-2L, T8-1, T8-2
2 All 70
SPARC T3 All All All 70
UltraSPARC T2 All All All 50
UltraSPARC T1 All All All 30
Any Any single-core All All All 100

*Requirements as of publish date: 15 March 2019

Notes:

  1. Each Integrated Facility for Linux (IFL) or Central Processor (CP) engine is equivalent to 1 core.
  2. Refers to System z9, eServer zSeries, or System/390 servers.
  3. Entitlements required for Power Processor Element (PPE) cores only.
  4. The PVU requirement for the POWER7/7+ processor technology is dependent on the maximum possible number of sockets on the server. NOTE: Power 7 Refers to Power 7/7+ 5
  5. z196 refers to IBM zEnterprise 196, zEC12 refers to IBM zEnterprise EC12.
  6. z114 refers to IBM zEnterprise 114.

PVU Table per Core (section 2 of 2 - x86)

Processor Technologies
Processor Brand Processor Type
Processor
Vendor
Processor
Name
Proc.
Model
Number1
Maximum
number of sockets
per server
PVUs
per
Core
Intel® Xeon®2

All Processor Models
(except as described below, but including Xeon Scalable processors)

2
4
>4

70
100
120
Xeon® 3000 to 3399
5000 to 5499
7000 to 7499
All 50
Core® All i3, i5, i7 All 70
AMD Opteron All All 50
AMD EPYC All All 70
Any Any single-core All All 100

*Requirements as of publish date: 19 April 2019

Notes:

  1. IBM offers Software for both Intel and AMD processors. Intel refers to its processors by "Processor Number" and AMD by "Model Number". The processor model can be preceded by a letter. For example, 'x5365 refers to '5365', which is included in the table within the '5000 to 5499' range. For additional help with identification, refer to the 'Processor Model Number Discovery Guide'.
  2. The PVU requirement for the Intel processor technology indicated is dependent on the maximum number of sockets on the server. If sockets on two or more servers are connected to form a Symmetric Multiprocessing (SMP) Server, the maximum number of sockets per server increases. See single server examples and two or more servers example below.

Single server examples:

Two or more servers with connected sockets example:

PVUフルキャパシティー・ライセンスおよびサブキャパシティー・ライセンス

プロセッサー・バリュー・ユニット(以下「PVU」といいます。)は、本「プログラム」が使用許諾される際の課金単位です。必要なPVU数は、プロセッサー・テクノロジー(プロセッサー・ベンダー、ブランド、タイプおよびモデル番号によりPVUテーブルで定義されます)、および「プログラム」が使用可能なプロセッサー数に基づいて決まります。IBMは、PVU単位の使用許諾を目的として、チップ(ソケット)上の個々のプロセッサー・コアをプロセッサーとして定義していきます。例えば、デュアル・コア・プロセッサー・チップは、2つのプロセッサー・コアを有します。

ライセンシーは、フルキャパシティー・ライセンスもしくはパスポート・アドバンテージ サブキャパシティー・ライセンス条項に基づいて仮想化キャパシティー(サブキャパシティー)ライセンスのいずれかの方法で「プログラム」を使用することができます。フルキャパシティー・ライセンスを使用する場合、ライセンシーは、「プログラム」が使用可能な、または「プログラム」が管理する物理ハードウェア環境においてすべての活動化されたプロセッサー・コア*を対象としてPVUライセンスを取得するものとします。ただし、「プログラム」が完全に削除されたサーバーを除きます。仮想化キャパシティー・ライセンスを使用する場合、ライセンシーは、仮想化キャパシティーのライセンス・カウント・ルールの定義(US)に従い、「プログラム」が使用可能な、または「プログラム」が管理するすべての活動化されたプロセッサー・コアを対象としてライセンスを取得するものとします。

*活動化されたプロセッサー・コアとは、物理または仮想サーバーで使用可能なプロセッサー・コアをいいます。仮想化テクノロジー、オペレーティング・システムのコマンド、BIOS設定、または同等の制限による、プロセッサー・コアのキャパシティー制限の有無、または制限の可否は問いません。