ホーム topics ネットワーク運用センターとは ネットワーク・オペレーション・センター(NOC)とは
IBMソリューションでNOCを構築 クラウド関連の最新情報を購読する
ネットワーク・オペレーション・センターが組織の最適なパフォーマンスの維持にどのように役立つかを示す図
NOCとは?

ネットワーク・オペレーション・センター(NOC)は、コンピューター、電気通信、または衛星ネットワーク・システムが24時間年中無休で監視/管理される一元化された場所で、 ネットワークの中断や障害に対する防御の最前線と言える存在です。

組織がNOCを使用する理由

通信、金融サービス、製造、エネルギー部門などの業界は24時間体制で稼働しており、信頼性の高い継続的な接続が必要です。 この24時間年中無休のグローバル運用という現状を維持するには、継続的なネットワーク監視が必要です。 このため、ネットワーク・サービスを従来のITサービス内で管理することが困難になる可能性があります。NOCは組織らに代わってこの監視を行い、マルウェアの特定やユーザー数とWebサイトのトラフィックの管理など、ネットワーク・パフォーマンスに影響を与える可能性のある問題に迅速に対処します。 また、更新とメンテナンスを実行してネットワーク・パフォーマンスを向上させることで、ネットワークの最適化も図ります。

理想的には、NOCチームは、エンドユーザーがその作業内容を意識することなく、舞台裏で活動するものです。NOCが適切に機能している場合、エンドユーザーは、ダウンタイムの延長、マルウェアの感染、ネットワーク機能の低下などの問題がなく、シームレスで継続的な接続エクスペリエンスを得ることができます。

戦略的なアプリのモダナイゼーションがデジタル・トランスフォーメーションを推進

戦略的アプリケーションのモダナイゼーションは、年間収益を増加させ、メンテナンス・コストとランニング・コストを削減できる変革成功への鍵の一つです。

関連コンテンツ

ハイブリッドクラウドのためのガイドに登録する

NOCの仕組み

NOCは組織と直接連携して、サーバー、データベース、ファイアウォール、デバイス、関連する外部サービスなどの複雑なネットワーク環境を監視します。 ITインフラストラクチャーは、企業のニーズに応じてオンプレミスに配置することも、クラウドベースのプロバイダーを使用することもできます。

NOCは通常、段階的に動作します。 インシデントは1から3に分類され、1はインフラストラクチャーデバイスからのアラートの評価などの最低レベル、3はランサムウェア攻撃やネットワーク停止などの最も重大なインシデントです。 技術者が問題をタイムリーに解決できない場合、その問題はより経験豊富な技術者に引き継がれます。その後、NOCエンジニアは発生した問題のトラブルシューティングを行い、将来のネットワークのダウンタイムや接続の問題を防ぐ方法を模索します。

NOCを社内で運用し、インフラストラクチャーと運用ハブをオンプレミス(多くの場合、データセンター内)に配置することを選択する企業もあります。 しかし、それ以外の組織では、この作業はネットワークとインフラストラクチャーの監視と管理を専門とするサードパーティーにアウトソーシングされます。

NOCの機能

NOCはネットワーク・システムを監視して、データ・ストレージの管理、ソフトウェアの更新、接続の確保を行います。 NOCが実行するタスクとオペレーションの一部を以下に紹介します。

  • ネットワークに接続されたシステムでのソフトウェアの更新、トラブルシューティング、およびインストール
  • ITインフラストラクチャーと設備の管理
  • データをバックアップし、ネットワーク上でアクセスできるようにする
  • ウイルス対策サポートの提供
  • ファイアウォールとネットワーク・セキュリティー・ソフトウェアの監視
  • パッチ管理
  • Eメール管理サービス
  • ネットワーク監視(ネットワークの健全性の分析や、パフォーマンスとネットワークの最適化に関するレポート作成などを含む)
  • 災害復旧
NOCのメリット

NOCは、社内に設置されているか、サードパーティーベンダーを通じて契約されているかに関係なく、企業にさまざまな利点を提供します。

  • IT 部門の効率化:社内のITチームが今まで行っていた作業をNOCが行うようになるため、社員は重要なプロジェクトや新しい取り組みに集中することができます。
  • 拡張性:NOCは、新しい場所や市場に進出する企業にあわせて成長できるので、日々の(または季節ごとの)トラフィック変動に必要な拡張性を提供します。
  • ダウンタイムの排除:NOCは365日24時間体制で、ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークが正常に動作していることを確認します。
  • 迅速なインシデント対応:NOCは、ネットワーク・システムを継続的に監視して、問題を迅速に特定し未然に回避するように設計されています。 この「常時稼動」設計により、インシデントが迅速に解決されます。
  • ネットワークの最適化:NOCは、ネットワークの健全性に関するリアルタイム・レポートを提供し、改善すべき領域を特定し、より強力なネットワークのためにこれらの改善対策を構築します。
社内NOCとアウトソーシングの比較

社内NOCには多大なリソースが必要ですが、一部のエンタープライズ規模のテクノロジー企業や通信企業にとっては、投資する価値のある存在です。これら企業はネットワーク運用に対して高度なコントロールを維持するために、ネットワークを社内で管理することを好みます。

それ以外の企業、政府機関、大学などは、社内チームのスタッフや管理に必要な膨大なリソースを割り当てたくない場合があるかもしれません。このような組織では、NOCをアウトソーシングして熟練した専門家や信頼できるベンダーによって作業が管理されるようにすることで、コスト効率が向上し、労力が軽減される場合があります。サードパーティNOCは、社内チームの人員配置、管理、資金調達の必要なしに、高品質で標準化されたネットワーク管理を提供します。 NOCが企業の既存の従業員の延長として機能するため、企業の主要な技術スタッフが中核的なビジネス機能に集中できるようになります。

NOC、SOC、ヘルプデスクの比較

NOCとセキュリティー・オペレーション・センター(SOC)はどちらもミッションクリティカルな機能を提供しますが、ネットワーク・オペレーション・センター、セキュリティー・オペレーション・センター、ヘルプデスクの目的には大きな違いがあります。 ヘルプデスクは多くの場合、エンドユーザーに重点を置いていますが、問題が発生した場合はNOC、SOC、ヘルプデスクの3ついずれもサポートを提供します。 それぞれに着目し、どのように異なるのかを見てみましょう。

NOC

前述のように、NOCはネットワークの稼働時間を確保し、問題を迅速に特定するためにネットワーク管理に重点を置いています。 NOCは通常、シームレスな体験を保証するために舞台裏で稼働します。

SOC

SOCは舞台裏でも動作しますが、ネットワークと情報セキュリティに重点を置き、クライアント・ネットワークに対する脅威分析と攻撃の監視を実行します。SOCは、異常を検知し、発生したサイバー攻撃を軽減するように訓練されています。 NOCのミッションは365日24時間体制のネットワーク接続を確保することである一方、SOCは脅威を評価し、365日24時間体制のネットワークを最終的に中断する可能性のある攻撃に対する保護を構築します。

ヘルプデスク

ヘルプデスクは、ネットワークの問題などを特定します。 ただし、ヘルプデスクは主に、ネットワーク接続の中断に遭遇したオフィスワーカーや、機器の接続に問題を抱えた現場技術者などのエンドユーザーとやり取りします。NOCはエンドユーザーと対話することはほとんどありませんが、代わりにマネージド・サービス・プロバイダーや企業の社内ITチームと直接連携します。

どちらのチームも単独で作業することはなく、NOCはオンコールでヘルプデスクをサポートすることもできます。 たとえば、カスタマー・サービス担当者がネットワークへのログオンで問題に遭遇した場合、まずヘルプデスクに問い合わせることになります。 問題がそこで解決できない場合は、NOCにエスカレーションされます。

AIとネットワーク・オペレーション

5G、エッジコンピューティング、モノのインターネット(IOT)により、通信会社のネットワーク・サービスに対する需要が高まっています。 ネットワークに何百万ものエンドポイントが存在すると、システムの監視とインシデント管理が困難になる可能性があります。

Ericsson(ibm.com外部へのリンク)は、2024年までに、強化されたモバイル・ブロードバンド向けの5Gサブスクリプションが15億件、セルラーIoT接続のグローバル接続が41億件になると予測しています。 ネットワークに接続されるデバイスの数が膨大なため、人間がすべてのインシデントに対応できる能力が問われています。何百万もの受信アラームをトラブルシューティングすると、応答時間が遅くなり、エンジニアに負担がかかるような連鎖的な問題が発生する可能性があります。

これらの新製品の複雑さに対処するために、人工知能(AI)とオートメーションにより、ネットワーク・オペレーションで受信データを迅速に分析し、数百万のエンドポイントにわたって問題が発生したときに修正できるようになりました。 さらに、AIの高度な分析および機械学習機能により、NOCを事後対応型のオペレーションから事前対応型のオペレーションに移行できます。

このようにAIを使用することをネットワーク・オブザーバビリティー(ネットワークの可観測性)と呼びます。 トラブルシューティングやキャパシティ・プランニングなど、多くの細かい意思決定アクティビティがエンジニアからネットワーク可観測性ツールに移行され、そこで問題が解決されます。 その結果、エンジニアの機械的な作業が減り、一般的な問題が上位層にエスカレーションされることが減り、より大きな問題やネットワークの最適化に集中できる時間が増えます。

一例として、通信サービスプロバイダー(CSP)によるAIテクノロジーの活用方法が挙げられます。 AIは、デバイスごとの分析だけでなく、ネットワーク・システム全体がどのように動作しているかについて、より優れたインサイトを提供します。 これらのツールにより、CSOが、顧客に影響を与える前に問題が解決される、より自動化されたネットワーク・オペレーションへと変革しています。

NOCのお客様事例

ブラジルに400万人以上の加入者を抱えるNextelは、稼働時間を維持し、停止を最小限に抑えるためにネットワーク運用テクノロジーを改善する方法を探していました。 サービス時間の問題は特に困難で、ネットワーク・インシデントへの対応には平均30分かかっていました。 Nextelは、ユーザーの期待に応え、ダウンタイムを削減するために、対応業務を事後対応型からプロアクティブ型、さらには予測型対応に移行する方法を模索していました。

Nextelは、IBM Netcool Operations Insightを使用して、25,000を超えるエレメントから成るネットワークを監視しています。 予測性を高めるために、IBM Watsonのコグニティブ・テクノロジーを組み込み、ネットワーク・パフォーマンスに関するインサイトを改善し、問題領域を特定できるようにしました。

このAIテクノロジーの使用により、Nextelはネットワーク・インシデントへの応答時間が30分から5分へと83%も短縮されました。 さらに重要な点は、Nextelが365日24時間体制のモバイル接続に依存しているお客様に対してより良いサービスを提供できるようになったということです。

IBMソリューション
IBM Cloud Pak for Network Automation

インテリジェントなクラウド・プラットフォームがネットワーク・オペレーションのオートメーションとオーケストレーションを可能にする方法をご覧ください。

IBM Cloud Pak for Network Automationがもたらす価値を体験
IBMの可観測性

IBMの可観測性ソリューションとAIオペレーション・ソリューションがどのように連携してインシデントを解決・管理するかをご覧ください。

相乗効果をもたらすIBMのソリューションをご覧ください
参考情報 コグニティブ・ネットワークとサービスの運用

ネットワークまたはサービスの運用を向上させるための変革的アプローチ 継続的な学習と最適化により、最も成熟したレベルへ。

セキュリティー・オペレーション・センター(SOC)とは

セキュリティー・オペレーション・センターは、すべてのサイバーセキュリティー・テクノロジーと運用を統合および調整することにより、組織の脅威に対する検出力、対応力、予防力を向上させます。

次のステップ

最新のネットワーク向けに設計されたIBM SevOne Network Performance Management(NPM)は、機械学習を活用した分析により、ネットワーク・パフォーマンスの問題を早期に発見、対処、防止するのに役立ちます。また、リアルタイムの実用的なインサイトを使用して、企業、通信、マネージド・サービス・プロバイダーのマルチベンダー・ネットワークをプロアクティブに監視するのに役立ちます。

Evone NPMの詳細はこちら デモを予約