モバイル・テクノロジー
モバイル・デバイスを使用して通信し、提携し、創造する
モバイル・テクノロジーとは

モバイル・テクノロジーは、ユーザーの行くところについて行くテクノロジーです。 これは携帯式の双方向の通信デバイス、コンピューティング・デバイス、およびこれらを接続するネットワーキング・テクノロジーで構成されています。

現在、モバイル・テクノロジーを代表するのがスマートフォン、タブレット、スマートウォッチといったインターネット対応デバイスです。 これらは両方向ポケットベル、ノートブック・コンピュータ、携帯電話(折り畳み式携帯電話)、GPSナビゲーション装置などを含む、進化中のデバイスの最新版です。

これらのデバイスを接続する通信網はワイヤレス・テクノロジーと呼ばれますが、その定義は曖昧です。 この技術はモバイル・デバイスが音声、データ、アプリケーション(モバイル・アプリケーション)を共有することを可能にします。

モバイル・テクノロジーは広く普及し、成長しています。 スマートフォンのユーザー数は30億人を超えて増加しており¹ 、世界の移動性労働力は 2022年までに18.7億人に達すると予想されています。²


モバイル・ネットワークの種類

セルラー・ネットワーク

分散設置した基地局を利用する無線ネットワークにより、モバイル・デバイス(携帯電話)は周波数を自動的に切り替え、割り込みなしに広域通信を行うことが可能になります。 これと同じ、ベーシックな切り替え機能により、セルラー・ネットワークは数に限りがある無線周波数で多くのユーザーに対応することができます。³

4Gネットワーク

これは大半のワイヤレス通信に関する、現在のセルラー・サービス規格です。 4Gは、送信のためにデータをパーツまたはパケットに編成し、送信先で情報を再構築する、パケット交換テクノロジーを採用しています。 4G(「G」は世代) は3Gよりも10倍高速だと報告されており、さらに高速な5Gが登場しています。 5Gは、周波数帯の集合体を使用することで帯域幅を開放しており、4Gよりも約20倍高速です。

WiFi

ホットスポットと呼ばれる、ローカライズされたルータを経由して、デバイスをインターネットに接続する電波です。 ワイヤレス・フィディリティの略語であるWiFiネットワークは、インターネット・アクセスの基地局のような存在ですが、WiFi接続を確立せずにサービスを自動的に受け渡すことはありません。 ほとんどのモバイル・デバイスは可用性やユーザーの好みに応じた、WiFiとセルラー・ネットワークの自動切り替えを許可しています。

Bluetooth

短波長の電波を使用して、短距離にあるデバイス同士を接続するための、通信業界の仕様です。 Bluetoothを使用することで、ユーザーはヘッドセット、スピーカー、電話など、デバイス同士を素早く接続またはペアリングできます。


5Gとは

5Gは第5世代のセルラー・ワイヤレス・テクノロジーです。 4G同様、電波スペクトルの一部を構成する周波数を使用しますが、5Gはより大きな処理能力を持つ非常に高い周波数を用います。 これは、より多くのデータがより高速で、より多くのデバイスに送信されることを意味します。 スマートフォンへの動画ストリーミングを想像してみてください。 IBMによると、5Gは「一個人だけでなく、ある動画を同時にストリーミングしている全員にとって、これを10倍良くすることで体験を改善します。」

5Gに切り替えますか? 統合セキュリティー管理について理解する

5G革命
5Gがもたらす変革の可能性に関するガイドを入手する

モバイル・テクノロジーのお客様事例
生産性の向上

Amica Mutual Insurance社は、現場から保険金請求情報をアップロードするためのモバイル・アプリケーションであるRoad Dayを活用して、ワークフロー・プロセスにおいて推定25~50%の生産性向上を実現しました。 このアプリケーションを使用することで、アジャスターは現場で顧客と密に協力して保険金請求の正確性を高め、顧客はプロセスへの関与をより強く感じることができます。

さらに読んで動画を見る
新たなビジネス・モデルを活用する

オーストラリアでは、既知の240種類の蛙のうち4種類が姿を消しつつあります。 それらを保護するため、科学者はより高速なデータ収集モデルを必要としていました。 クラウドソーシング・アプローチの一部であるFrogIDアプリケーションを使用することで、オーストラリアの人々は蛙の固有の鳴き声を録音し、それをオンラインのデータベースにアップロードすることができます。 このアプリケーションはまたGPS座標系を使用して、蛙の個体数マップを作成します。

お客様事例を読む
理想的なショッピング・シナリオを作成する

City Furniture社はモバイル・テクノロジーを使用して、ほぼ理想的と言えるショッピング体験を生み出しています。  顧客はオンライン検索と、商品に物理的に触れて販売員と対話する機能とを組み合わせることができます。 販売員が使用する、タブレットに搭載されたモバイル・アプリケーションは、リアルタイム・データにアクセスし、決済処理を行い、納品予定を組みますが、これらはいずれも顧客の立場に配慮して行われます。

さらに読んで動画を見る

効果的なモバイル・テクノロジーの主な機能

スケーラビリティ:企業全体に拡張できないポイント・ソリューションの作成は、開発、管理、保守の面でコストがかかる場合があります。 アプリケーションはビジネス、プロセス、テクニカル環境のラインを考慮したうえで、総体的に検証される必要があります。

統合:
IDCは次のように指摘しています(PDF、611 KB)。「携帯電話やタブレットで提供されるアプリケーションには、モバイル・アプリケーションとバックエンドのビジネス・ロジックおよびデータ・サービスとの間で分離がみられます。」 ロジックおよびデータ・サービスをアプリケーションと接続できることは、ロジックおよびデータがオンプレミス、クラウド、あるいはハイブリッド構成のいずれにあったとしても非常に重要です。

再利用:
2018年には1,050億を超えるモバイル・アプリケーションがダウンロードされました。 その多くはビジネス用途のための修正または統合が可能です。 既存のアプリを使用し、そのアプリに組み込まれたドメインや業界専門知識の優位性を活かすことで、タイムトゥバリューを加速し、コスト効率を改善することができます。

クラウドベースの開発:
クラウドはアプリケーションの開発、テスト、管理のための効率的なプラットフォームを提供します。 開発者はアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)を活用することで、アプリケーションをバックエンド・データに接続し、フロントエンド機能に集中することができます。 また、認証機能を加えてセキュリティーを強化し、人工知能(AI)とコグニティブ・サービスを利用することができます。

モビリティー管理:
モバイル・テクノロジーがデプロイされる中で、企業はデバイスとアプリを構成し、デバイス使用状況と在庫を追跡し、データを管理および保護し、問題をサポートして解決するための、エンタープライズ・モビリティー管理(EMM)ソリューションに注目しています。

BYOD:
個人所有デバイスの業務使用(BYOD)とは、従業員が個人所有のデバイスを使用してデータとシステムにアクセスすることを許可するITポリシーです。 BYODを効果的に採用すれば、生産性を向上し、従業員の満足度を高め、お金を節約できます。 それと同時に、BYODは解決する必要がある、セキュリティーとデバイス管理に関する疑問を生じさせます。

セキュリティー:
モバイル・セキュリティーを巡る戦いは、ボリュームと複雑性の面で気力を挫かれます。 人工知能(AI)は、膨大な量のデータのセキュリティー異常を識別する重要な武器として注目を集めています。 AIはマルウェアによるインシデントを明らかにする、または中央ダッシュボードからの規制要件を満たすためのアクションを推奨するのに役立ちます。

エッジコンピューティング:
5Gの主な優位性の1つは、アプリケーションをデータ・ソース、またはエッジ・サーバーに近づけることができる点です。 ソース段階でのデータへの近接性は、改善した応答時間や、より優れた帯域幅の可用性など、ネットワークに関するメリットをもたらします。 ビジネスの視点に立つと、エッジコンピューティングはより包括的なデータ分析を実行し、より深い洞察を得るための機会を提供しています。

5Gおよびエッジに備える:ブログを読む

関連ソリューション

モバイル・デバイスを管理する

モバイル・デバイス、コンテンツ、およびアプリケーションの安全かつ慎重な管理は、それが固有の運用システムや複数タイプのデバイス、あるいはこれらが混在した環境に関するものであっても、必要不可欠です。

モバイル環境のサポートを単純化

モバイル・デバイス管理(MDM)から統合エンドポイント管理(UEM)に移行します。 クラウド、AI、アナリティクスを使用して、複雑なエンドポイントおよびモバイル環境をサポートします。

設計によってモバイル体験を高める

デザイン思考、データ、テクノロジー、および創造性が一体となることで、拡張された、魅力的なモバイル体験を開発することができます。 そのカギを握るのが、正しいパートナーを見つけることです。


出典

¹ 「Number of smartphone users worldwide from 2016 to 2021」、Statista (ibm.comの外部リンク)

² 「The mobile workforce: the new movement」、Information Age (ibm.com の外部リンク)

³ 「Cellular Network」、Techopedia (ibm.com の外部リンク)

⁴ 「What is WiFi and How Does it Work?」、CCM.net (ibm.com の外部リンク)

⁵ 「Bluetooth」、TechTarget (ibm.com の外部リンク)

⁶ 「App Download and Usage Statistics」、Business of Apps (ibm.com の外部リンク)