クラウド・コンピューティングの利点
黒と青の背景画像
クラウド・コンピューティングの利点

柔軟性

ニーズに合わせてサービスの拡張、アプリケーションのカスタマイズが可能で、インターネット接続により、どこからでもクラウド・サービスにアクセスできます。

効率性

企業のお客様は、基盤となるインフラストラクチャーのコストや保守を気にせずに、アプリケーションを迅速に市場に投入できます。

戦略的価値

クラウド・サービスは、最も革新的なテクノロジーを利用可能にすることで、企業に競争上の優位性を提供します。

クラウドの力の詳細はこちら


柔軟性
  • 拡張性: 変動するワークロードをサポートするためにクラウド・インフラストラクチャーをオンデマンドで拡大できます。
  • ストレージ・オプション:  ユーザーは、セキュリティー上のニーズやその他の考慮事項に応じて、 パブリック・ストレージ、プライベート・ストレージ、またはハイブリッド・ストレージ のオファリングから選択できます。
  • 制御の選択肢:  組織は、as-a-serviceオプションにより、制御のレベルを決定できます 。 Software as a Service(SaaS)、Platform as a Service(PaaS)、Infrastructure as a Service(IaaS)などがあります。
  • ツールの選択肢:  ユーザーは、具体的なニーズに合ったソリューションを構築するために、あらかじめ作成されたツールや機能のメニューから選択できます。
  • セキュリティー機能: 仮想プライベート・クラウド、暗号化、およびAPIキーがデータの安全性を保つために役立ちます。

効率性
  • アクセシビリティー:  クラウド・ベースのアプリケーションおよびデータは、ほぼすべてのインターネット接続デバイスからアクセスできます。
  • 市場投入までの時間の短縮:  クラウドで開発すると、ユーザーはアプリケーションを素早く市場に投入できます。
  • データ・セキュリティー: バックアップがネットワーク接続されているため、ハードウェア障害が原因でデータ損失は起こりません。 
  • 機器コストの節約:  クラウド・コンピューティングはリモート・リソースを使用するため、サーバーやその他の機器のコストを節約できます。
  • 料金構造:  「ユーティリティー」料金体系では、ユーザーは使用したリソースに対してのみ料金を支払います。

戦略的価値
  • 作業の簡素化: クラウド・サービス・プロバイダー(CSP)が基盤となるインフラストラクチャーを管理するため、組織はアプリケーション開発や優先順位の高いその他の業務に集中できます。
  • 定期更新: サービス・プロバイダーは、オファリングを定期的に更新して、最新のテクノロジーをユーザーに提供します。
  • コラボレーション:  世界規模のアクセスにより、チームは広範囲にわたる場所から連携できます。
  • 競争力:  インフラストラクチャーの管理にIT要員を配置する必要がある競合他社よりも、俊敏に行動を起こすことができます。

IBMの視点: クラウドの利点を評価する際の4つの考慮事項

クラウド・テクノロジーの採用や実例について調べると、その利点についてさまざまな角度からの情報を見つけることができるでしょう。

インフラストラクチャーとワークロード

多くの企業は、低い初期コストと従量制課金を非常に大きなコスト節約の要素として考えています。 データセンターの構築と運用に相当なコストがかかるため、コストを節約するためにそれを回避しようと主張する場合もあるでしょう。 計算方法によっては金額は桁はずれに高くなります。

SaaSとクラウド開発プラットフォーム

Software as a Serviceプロバイダーは、既製のソフトウェアを購入するのではなくアプリケーション・アクセスの料金を支払うことで節約できると説明するかもしれません。 ソフトウェア・プロバイダーは、このような「クラウドの特性」のメリットを自社ソフトウェアの仕様書に加えるでしょう。 最近、クラウド・ベース・プラットフォームが開発者に提供できる節約に関しての議論が増えてきています。

スピードと生産性

アプリケーションを稼働するまでの時間を6カ月や9カ月から30時間に短縮できるとしたら、ビジネスにはどれだけの価値がもたらされるでしょうか。 また、全般的な「スタッフの生産性」では、クラウド・ダッシュボード、リアルタイム統計、アクティブ分析が管理の負担の軽減にどれくらい役立つかを公平に評価できません。 お客様企業の「人時」コストはどれくらいですか?

リスク

この点についてはシンプルに考えましょう。 誤った場合、どのような影響があるでしょうか?

  • すべてのハードウェアとソフトウェアを購入して128個の仮想マシンを作成するのと、それを1時間単位で借りるのでは、どちらがリスクが高いでしょうか?
  • アプリケーションが幅広く採用されるかどうかが分からない場合、12カ月の計画を立てて、環境を構築し、コードを作成してテストし、リリースしますか?
  • 数週間にわたって無料または無料に近いサービスを使用する価値を証明する方が良いでしょうか?

新しいことを試すことによるマイナス影響が低い場合、つまりリスクが低い場合は、さらに多くのことを試すでしょう。 試せば試すほど、多くの成功を達成できます。

クラウド・サービスを採用することでどのような利点があるのか尋ねられたら、「どのサービスですか?」と質問します。ユーザーごと、および組織ごとに異なる利点のセットがあるからです。 お勧めできる最も重要なことは、あらゆる側面から検討することです。 節約の可能性を評価する一方で、生産性の向上、速度の向上、リスクの軽減といったソフト面の利点についても考慮してください。

アイスホッケーの偉大な選手Wayne Gretzkyは、「ゴールを100%外すのは打たなかったシュートだけだ。」と述べました。 試してみたら、どれほどの利点があるでしょうか?


使ってみる

IBMのクラウド・ソリューションがビジネスにどのように役立つかをご覧ください:  IBM Cloudソリューションを見る

無料のIBM Cloudアカウントに登録する


関連ソリューション

IBM Cloudソリューション

高性能なインフラストラクチャーの選択肢、堅固な開発プラットフォーム、業界をリードするサービスを組み合わせた、クラウド・ベースのソリューションについてご説明します。