クラウド向けアプリケーション管理サービスとは

企業は、ハイブリッドクラウドやマルチクラウドの戦略によってクラウドの潜在能力を引き出し、アプリケーション管理の枠組みに抜本的な変化をもたらすことを目指しています。このような変化には以下があります。

  • IT市場における主要な企業では、クラウドへの移行により2018年から2022年のIT支出に68%の増加が見込まれている¹
  • 現在クラウドに配置されているアプリケーションの割合は20%未満であるが、この割合は増加し、ハイブリッドクラウドおよびマルチクラウドの両方の導入が促進されると予測されている²
  • ただしモダナイゼーションへの取り組みは十分とはいえず、現行のアプリケーションの90%は2023年でもまだ使用されていると予測される¹

ハイブリッドクラウド環境におけるアプリケーションの管理は、オンプレミスやさまざまなクラウドにまたがって存在するエンタープライズ・ポートフォリオによって複雑になっています。 従来のアプリケーション管理の方法は、効果がなく、コストがかかり、競争力がありません。企業は、イノベーション、効率性、レジリエンシーをアプリケーション管理の実践に組み込むための最新の機能について、アプローチと投資の見直しを図っています。

 

IBM Services Dynamic Delivery

ビジネス・レジリエンシーを活性化して、市場の状況の変化を迅速に予測し、対応できるようにする、高度なデリバリー機能を提供します。

セキュリティーと信頼性により、アプリケーション・ポートフォリオをよりスマートに管理します。

効率性とコスト

DevSecOpsとQuality Engineeringをお勧めします。インシデントの早期発見と解決が可能となり、高度な分析機能を使って根本原因の分析を行い、コグニティブな問題管理を行います。自己修復機能が自動化されるため、ワーカー機能が安定します。

可用性とレジリエンシー

Site Reliability Engineering(SRE)はレジリエンスをもたらし、さらにアプリケーションの保守と機能強化も提供されます。また、カナリア・デプロイメントやローリング更新により計画外のダウンタイムが発生する可能性がなくなります。

スピードと俊敏性

リリース・サイクルを短くし、ビジネスの状況に合わせて価値実現までの時間を短縮します。また積極的な統合サービス・レベル・アグリーメント(SLA)を提供します。

セキュリティーと信頼性

新たなセキュリティー脅威が検出されるごとにこれを効果的に管理し、法令を遵守しながらそのリスクに対応します。エンタープライズ向けオープンソースを提供して、オープンソースのガバナンスと管理を向上させます。

クラウドの可能性をフルに発揮させるIBMの能力

ロータッチ・メンテナンス向けの高度な自動化

自己修復機能をもたらし、デジタル・ワーカーを増やしてアプリケーションの安定を図り、ベースラインからのコスト削減を向上させます。

NextGen DevSecOpsとの統合オペレーション

完全なインシデント・トリアージを提供し、 FinOpsを使用してマルチクラウドの使用量を最適化し、計画外の停止を削減します。

マルチクラウド・サービス統合による相互運用性

エンドツーエンドのサービス管理と、インフラストラクチャーやアプリケーションの運用における手間を軽減してサービスの俊敏性を向上します。

フルスタックのクラウド対応によるハイブリッド・マルチクラウド機能

シフトレフトの実現、製品化までの時間の短縮、イノベーションの速度の向上、既存の人材におけるリスクの低減を実現する拡張機能を提供します。

継続的なクラウド・モダナイゼーションによるポートフォリオ最適化

クラウド・フットプリントを拡大しつつ、技術的負債を大幅に削減します。

関連サービス

エンタープライズ・アプリケーション・サービス

IBMの専門家が、SAP、Oracle、Microsoftなどのアプリケーション・パートナー・プラットフォーム上でアプリケーション・ツールやAI自動化機能を適用して、セキュリティーやお客様の業績向上に焦点を合わせたアプリケーションを作成します。

クラウド・アプリケーションのモダナイゼーション

ITモダナイゼーションを加速して、既存のアプリケーションのROIを最大化します。アプリケーションとインフラストラクチャーの戦略を定義・構築します。また、アプリケーションをモダナイズしてクラウドに移行します。

クラウド開発のためのIBM Services

IBMは、オープンで安全なハイブリッド・マルチクラウド環境向けの、エンドツーエンドのアプリケーション開発サービスやインフラストラクチャー・サービスを提供します。

エンタープライズ・クラウド戦略のためのIBM Services

エンタープライズ・クラウド戦略のためのIBM Servicesは、お客様のビジネス目標をITアーキテクチャーに関連付ける総合的なクラウド手法を策定するのに役立ちます。

お気軽にご相談ください

IBMは、変革に踏み出す後押しをする機能、サービス、製品の幅広いポートフォリオを用意しています。次の2つの方法をご利用ください。

¹ Gartner社: アプリケーションのモダナイゼーションは、ビジネス中心、継続的、マルチプラットフォームであるべきです。

² IDC MarketScape: Worldwide DevOps Services 2018 Vendor Assessment