iOS上のコンピューター・ビジョンでQAを強化する

IBM® Maximo Visual Inspection Mobileは、ネイティブのiOS/iPadOSモバイル・アプリケーションです。高速な目視検査を可能にして規模を拡大し、IBM Maximo Visual Inspectionの機能を拡張するように設計されているため、非常に早くROIを達成できます。

ビジネス・リーダーは、市場の需要、製品の更新、新製品の展開に合わせて常に調整する中で、製造ミスの削減に挑戦しています。 Maximo Visual Inspection Mobile は、ポイント・アンド・クリックでの俊敏性をモバイル・アプリのフットプリントにより実現しながら、AIを活用した強力でリアルタイムの検査ポイントとデータ管理プラットフォームを提供します。

わずか数時間のうちに、SMEはiOS /iPadOSデバイスの高性能カメラを使用して画像のデータ・セットを取り込み、複雑なコンピューター・ビジョン・モデルをトレーニングし、トレーニングされたモデルをデバイスに導入して推論を実行することができます。 その結果、製造品質検査と速度が劇的に改善され、製造のエラーを防ぐことができます。

Maximo Visual Inspection Mobileで提供される機能:

  • Maximo Visual Inspectionでトレーニングされたオブジェクト検出とイメージ分類モデルを使用して、リモートでの推論を行います。
  • 複数のデバイスが導入されている場合には、統合されたレポート・ダッシュボードを介して、各デバイスとそのロケーションに至るまで検査パフォーマンスをモニターします。
  • 統合された監視プログラム機能を使用して、リモート・デバイスで実行されているモバイルごとにリモート管理と構成を行います。
  • 企業内の個人がモバイルを使用してリアルタイムで障害、損傷、その他の異常が存在するかどうかを判断できるようにします。

Maximo Visual Inspection Mobileでは、互換性のあるデバイスの機能が活用されるため、AIにアクセスしやすくなり、コンピューター・ビジョン・モデルのトレーニング、導入、実行、管理を行うプロセスが簡素化されます。 デバイスが製造環境などの固定位置に設置されている場合でも、さまざまな業界で業務を遂行する現場作業員が持ち運ぶ場合でも、効率が高く正確な目視検査を実現します。

IBM Maximo Visual Inspectionを表示している携帯電話

モバイル

ポータブルなCOTSハードウェア(iOS/iPadOSデバイス)を使用して目視検査を実行します

アクティブ

EメールまたはSMSにより実用的な通知を即時に提供します

拡張可能

一般的に使用されているハードウェアやオペレーティング・システムでグローバルに拡張できます

簡単

最小限の人材トレーニングで済むシンプルな操作をかなえる設計です