概要

IBM Spectrum Protect Plusは、ハイブリッドクラウド環境において、VM、データベース、アプリケーション、ファイル・システム、SaaSワークロード、およびコンテナに対するリカバリー、複製、保存、および再利用を提供する、最新のデータ・レジリエンス・ソリューションです。 仮想アプライアンスまたはコンテナ・アプリケーションとして簡単にデプロイすることができ、保守しやすいエージェントレスなアーキテクチャーです。 開発、テスト、分析の品質とスピードを上げることで、データの価値を引き出します。 オンプレミスとクラウド・ベースの両方のオブジェクト・ストレージおよびIBM Spectrum Protectへのデータ・コピーにより、コスト効率の高いデータ保存、データのコンプライアンス、災害復旧が実現します。物理テープのサポートも含まれます。

メリット

使いやすさ

SLAベースのポリシーが管理を簡単にします。 ドリルダウン・ダッシュボードにより、ストレージの使用率とコンプライアンスを容易に追跡できます。

容易な導入

仮想アプライアンスまたはコンテナ・アプリケーションとして簡単にデプロイできます。 RESTful APIにより、シームレスなアプリケーション統合と容易なデータ・アクセスを実現しています。

クラウド対応

IBM Spectrum Protect Plusは、ハイブリッドクラウド環境で、安全でコスト効率の高い長期のデータ保存とデータのコンプライアンスを提供します。

IBM Spectrum Protect Plusの主要な機能

エンドツーエンドのポリシー

運用データのリカバリー、データ複製、長期データ保存などのバックアップ・プロセスを自動化します。

容易な管理

ダッシュボード、SLAベースのポリシー、および役割ベースのアクセス制御(RBAC)が運用を簡素化し、安全なセルフサービス・データ・アクセスを可能にします。

幅広いワークロード・サポート

データのバックアップ、リカバリー、VMへの複製、 Windowsファイル・システム、データベース、アプリケーション、SaaSワークロードおよびコンテナを統合します。

ストレージ効率

スペース効率の良いスナップショット、圧縮、および重複排除の組み合わせにより、ストレージ・コストを削減します。

コンテナのデータ・レジリエンスの簡素化

IBM Spectrum Protect Plusは、Red Hat OpenShiftやKubernetesの環境で実行されているコンテナにデータ・レジリエンスをもたらします。 IBM Spectrum Protect PlusをKubernetesやRed Hat OpenShiftとネイティブに統合すると、開発者の生産性を向上させることができ、永続ボリュームとKubernetesリソースの両方のメタデータを保護して、完全なリカバリーを実現できます。 IBM Spectrum Protect Plus は、Red Hat OpenShift Container StorageのCeph RDBスナップショットとCephFS CSI スナップショットをサポートしながら、IBM Spectrum ScaleとIBM Spectrum VirtualizeのCSIスナップショットもサポートするため、コンテナ対応のストレージとコンテナ・ネイティブのストレージの両方をサポートします。 さらに、IBM Spectrum Protect PlusをIBM Cloud Pak for Multicloud Management(MCM)と統合すると、シームレスなデータ・レジリエンスとアプリケーション管理を実現できます。

迅速な導入とエージェントレスなアーキテクチャー

データ・シートを読む(PDF、886 KB)

IBM Spectrum Protect Plusは、仮想アプライアンスまたはコンテナ・アプリケーションとして容易にデプロイでき、保守しやすいエージェントレスなアーキテクチャーです。

迅速なデータ復旧とグローバル・サーチ

インクリメンタル・フォーエバー・テクノロジーやネイティブ・ファイル・フォーマットの他、検索可能なVM、データベース、およびファイルのグローバル・カタログを使用して、迅速にデータを復旧させることができます。

柔軟なデータ保存

IBM Cloud Object Storage、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureなどのパブリッククラウド・サービス、およびオンプレミスのオブジェクト・ストレージのIBM Cloud Object Storage、Red Hat Ceph、IBM Spectrum Protectへのデータ・コピーにより、コスト効率の高い長期的なデータ保存を提供します。

サイバー・レジリエンシー・サポート

Write-Once-Read-Many(WORM)テクノロジーを使用したオブジェクト・ストレージ上のデータのロックダウンと、IBM Spectrum Protect統合による磁気テープ上の物理エアギャップ・データのロックダウンによって、サイバー攻撃に対するさらなる保護を提供します。 また、クラウドによる論理エアギャップを使用することもできます。

効率的なデータの再利用

分析、開発、テスト、レポートなどの目的でのデータ・コピーの作成、追跡、即時マウントが可能です。

IBM Cloud、Amazon Web Services、および Microsoft Azure のマーケットプレイスでご利用可能

IBM Cloud、Amazon Web Services(AWS)、およびMicrosoft Azureのマーケットプレイスから直接、Bring Your Own License(BYOL)版のIBM Spectrum Protect Plusを自動で実装して、データ・レジリエンスと可用性のシンプルさを体験してください。

クラウドで稼働するアプリケーションのエンタープライズ・データ保護とデータの再利用を提供するように設計された、最新のソリューションです。

IBM Spectrum Protect Plusは、クラウド内で完全にデプロイできるため、データ保護は「すべてをクラウド内で」行えます。また、ハイブリッド環境では、IBM Spectrum Protect Plus Serverをオンプレミスでデプロイすることでクラウド・ワークロードを保護できます。

お客様事例

座って新聞を読んでいる女性

PT Wings Surya社がIBM Spectrum Protect Plusを導入

バックアップと復旧のジョブを迅速化し、インフラストラクチャーのレジリエンスを強化して市場をリードする立場を強固にします。

携帯電話で話しながらデスクでノートPCを見ている男性

Tectrade社がバックアップ・サービスによって数百PBのデータを保護

Tectrade社はIBM Spectrum ProtectとIBM Spectrum Protect Plusを活用し、毎月200万を超えるバックアップを完了しています。