概要

IBM Security zSecure Adminは、IBMリソース・アクセス管理機能(RACF)のセキュリティーとコンプライアンスの管理タスクを自動化して簡略化し、RACFの委任機能とIDガバナンスを強化します。繰り返し実行しなければならない多くのシステム管理機能を自動化して、ネイティブのRACFの許可と委任の機能を強化することで、zSecure Adminは、ITリソースを最大限に活用し、エラーを減らし、効率を高め、サービスの品質を改善し、問題を短時間で突き止めることによって、セキュリティー・リスクを最小限に抑え、コンプライアンスを実現します。
IBM Security zSecure Admin

ルーチン・タスクの自動化

繰り返し実行しなければならないセキュリティー・タスク(パスワードの管理、ユーザーIDやグループIDのコピー、削除など)を自動化して、コストを削減します。堅固で、しかも煩雑ではないセキュリティー機能によって問題を識別します。

RACFデータベースの管理作業の簡略化

各種データベースからセキュリティー・ルールを素早く効率的にマージします。ユーザー、グループ、アプリケーション、データベース全体をシステム間でコピーおよび移動できます。複数のRACFデータベースの同期状態を維持できます。

データベース・クリーニングの自動化

データベースを整理するためのコマンドを生成します。コマンドの検証によって、保存しておく必要のある定義がクリーンアップ操作の影響を受けないことを確認できます。利用されていないプロファイルを削除することによって、システム・セキュリティーを向上させます。

主要な機能

  • 管理タスクの自動化
  • 潜在的な問題の識別と分析
  • 複数システムの管理
  • 迅速なデータベースのマージ
  • RACFデータベースの使用レポート
  • ビッグデータ・システムの拡張性

購入・お問い合わせ

詳細を表示