概要

IBM® Z Development and Test Environment(旧称: IBM z Systems Development and Test Environment)は、メインフレーム・アプリケーションのデモンストレーション、開発、テスト、教育用のプラットフォームです。IBM Zの命令セットをエミュレートし、仮想的な中央処理装置、入出力デバイス、その他のデバイスを使用して、x86互換のオンプレミス・システムやクラウド・インスタンス上であらゆるz/OSソフトウェアが実行できるようになります。Z Development and Test Environment Enterprise Editionは、WebインターフェースとRESTful APIの両方を提供する役割ベースのソリューションです。開発およびテスト活動用にエミュレートされた環境を作成、管理、展開できます。

俊敏性の向上

プロトタイピングおよび、z/OSソフトウェアのバージョン間の移行のために、z/OSをx86ハードウェア上で仮想化してリセットします。

最適化

メインフレームの容量を解放してより価値の高い実働ワークロードのために確保しながら、分散開発、テスト・システムのコストの優位性を獲得します。

より早く頻繁にテストを実施

z/OSの開発、テスト用の高精度な環境で、より高い品質をより迅速に実現します(ソフトウェア・エミュレーションではなくハードウェア・エミュレーションを実行)。

最新のz/OSランタイムにアクセス

z/OSおよびCICS、IMS、Db2といったミドルウェアを含む、IBM Zソフトウェアの事前構成済みのパッケージに、Enterprise Systemsツールを対象として複数DevOpsのz/OSコンポーネントを組み込んで使用します。

チームのメインフレームのスキルを構築

IntelおよびIntel互換のプラットフォームを使用して、IBM Zに関する教育活動を場所や時間を問わず実施します。メインフレームの実働環境に損害を与える心配はありません。

主要な機能

  • オンプレミスやクラウドのx86ハードウェア上でのz/OSの開発およびテスト
  • セルフサービスの構築と展開のためのWebベースのインターフェース
  • IBM z/OSミドルウェアの現在のレベル
  • IBM Zの教育環境
  • OpenStackとのクラウド統合(V12の新機能)
  • DevOpsパイプラインを統合するRESTful API(V12の新機能)