概要

IBM Z Application Performance Management Connectは、z/OSサブシステムから、IBM Application Performance ManagementとAppDynamicsを含むAPMソリューションまで、トランザクション追跡情報とリソース監視メトリックを提供します。z/OS上に単体で実装して、主なz/OSサブシステムのトランザクション追跡データや、既存のOMEGAMONシステムの監視機能と組み合わせてz/OSサブシステムのリソース監視メトリックを取得できます。IBM Z Application Performance Management Connectは、オンプレミスおよびSoftware as a Services(SaaS)APMツールの両方に対応します。

クラウドからメインフレームまでを俯瞰

パブリック・クラウドからメインフレームに及ぶハイブリッド・アプリケーションを監視し、これらのハイブリッド・アプリケーションに影響を及ぼすコンポーネントを特定します。

z/OSへの影響を監視

IBM Z システム上に実装されているアプリケーション用のダッシュボードを構築します。アプリケーション・トポロジーを更新して、z/OSリソースに対する呼び出しを認識し、トランザクション時間情報を集計します。

投資の最適化

既存のOMEGAMONへの投資を活用して、関連するメトリックをIBM z/OSシステムおよびミドルウェアからIBM Application Performance Managementへと移します。

リソースの問題解決時間の短縮

IBM Application Performance Managementとz/OS上の詳細なOMEGAMON監視ツール間のデータの一貫性を実現し、パフォーマンスの問題を速やかに特定して解決します。

z/OSサブシステムに対応

IBM MQ、CICS、Db2、IMS DBのトランザクション追跡データを取得します。z/OS、CICS、CICS TG、IMS、Db2、MQ、Java、z/OS ConnectのOMEGAMONエージェントからリソース監視データを取得します。

複数のAPMベンダーをサポート

IBM Application Performance Management(リソース監視メトリックのみ)とAppDynamics(トランザクション追跡のみ)を共にサポートするため、APMベンダーをより柔軟に選択できます。

メトリックを取得するシステムおよび環境

  • IBM CICS
  • IBM z/OS
  • IBM IMS
  • IBM CICS Transaction Gateway
  • IBM Db2
  • IBM MQ
  • z/OSシステム上で実行するJVM
  • IBM z/OS Connect Enterprise Edition