APL2は、問題解決の強力なパートナーです

IBM® APL2®は、ユーザーおよび開発者向けのプログラミング言語です。仮説によるモデル化、探究的プログラミング、対話式コンピューティング、意思決定支援、データ分析の問題解決に必要な機能を提供します。APL2で、基礎部分の計算を考慮することなく、実行する必要のある作業を簡潔に表現でき、作業結果が表示されます。たとえば、各国語に依存しないため、シンボル表記を効率的に使用してコードの国際化を支援します。

IBM Workstation APL2 for Multiplatformsは、全機能を備えたAPL2環境をIBM AIX®、Linux、Sun Solaris、Windowsオペレーティング・システム向けに提供します。

IBM Workstation APL2 for Multiplatforms

連携処理

TCP/IPで接続された複数のAPL2システム間でデータと処理を分散できます。システム間の共用変数により分散処理環境で同期およびデータ転送を行います。

補助プロセッサー作成ツール

サンプル・プロセッサー、Cヘッダー・ファイル、サーバー・インターフェースで、クライアント/サーバー・プロセッサーを含むカスタム・プロセッサーを容易に実装できます。

アプリケーションのカプセル化と再利用

ワークステーション上で名前空間をサポートすることで、名前の競合を減らしたメインフレームの名前空間として展開するアプリケーションの開発とテストを実現可能にします。

並列処理

複数のコアとマシンにアプリケーションを配布するためのツールが用意されています。

IBM Workstation APL2 for Multiplatformsの機能

  • 対話式の開発環境
  • COMインターフェース
  • 無償のランタイム・ライブラリー
  • 柔軟なプログラミング・インターフェース
  • 連携処理
  • 汎用グラフィックス
  • パフォーマンス・モニター
  • アプリケーション開発ワークスペース
  • 各国語サポート