概要

IBM Rational Rhapsody Developerは、UML、SysML、AUTOSARをサポートするモデル駆動型の開発(MDD)環境で、ドメイン固有言語(DSL)で作業する可能性と柔軟性も提供します。ソフトウェア開発のライフサイクルを自動化して、資産の再利用を促進し、チームの連携を最適化して、開発ライフサイクルの早期に欠陥と設計のミスを特定できます。 ソフトウェア・エンジニアは、対象のハードウェアが利用可能になる前に、効率的でテスト可能なソフトウェアの仕様や設計を作成できます。これは、リアルタイム・アプリケーションと組み込みアプリケーションのアジャイル開発に不可欠な要素です。

抽象化機能の提供

仕様と設計を図表で表現します。 業界標準と明確な表記法を用いて、チームやサプライ・チェーン全体のコミュニケーションを向上させます。

確認と検証

モデル・ベースのシミュレーションと解析を通して、仕様の検証と設計のテストを早期に連続して行います。

追跡機能の提供

要件から仕様、設計、コーディングの工程を通じて、設計に関する決定とトレードオフが行われた方法と理由を示します。