スポットライト

リアルタイムの不正検出のための行動バイオメトリクス

Trusteer Pinpoint Detectに行動バイオメトリクスが組み込まれました。これは、不正検出に対するリアルタイムのコグニティブ・アプローチのための、分析および機械学習の特許取得済みの機能です。行動バイオメトリクス機能では、真のユーザーと詐欺師との判別に役立つ、マウスの動作パターンに基づいたモデルを作成し、機械学習を使用してユーザーとバンキングWebサイトとの間でどのようにやり取りが行われるかを把握します。

マルウェアに感染したエンド・ユーザー・デバイスの検出

IBM Trusteer Pinpoint Detectエンジンは、フィッシング攻撃、マルウェア感染、セキュリティー侵害された資格情報、高度な回避手法など、幅広い重要な不正詐欺の指標を相関できます。これは、拡張されたデバイスの地理位置情報とトランザクションのモデリングを使用して行われ、不正なアクティビティーをより正確に検出することができます。

職場での適応性のあるインテリジェンス

適応性のあるIBM Trusteerテクノロジーは、コグニティブな不正検出機能を使用して不正を迅速に暴き出します。また、自動的に対策を実装できる柔軟性があります。

円滑な顧客体験

オンライン・バンキングでのセッション中の円滑な顧客体験を提供し、先進の不正防止対策技術によって顧客を保護します。

グローバルな脅威インテリジェンス・サービス

IBM Trusteerでは、専門のセキュリティー調査チームが継続的にデータを分析して、新たな脅威を検出しています。チームがこうした新種の脅威を発見すると、それらに対する防御機能が自動的に追加および実装され、顧客を直ちに保護します。

オンラインの脅威からの顧客の保護

セキュリティー侵害された資格情報を使用したアクセスを特定し、不正なアクティビティーを検出して抑制するための実用的な推奨を提供します。

アジャイル設計による対応プロセスの迅速化

アジャイル・アーキテクチャーにより、柔軟性の高い高速な対応プロセスが可能になります。クラウド・ベースのテクノロジーを使用することで、IBMは新種の脅威を迅速に検出、分析し、その対策を構築して実装することができます。また金融機関は、自分たちのニーズや直面する脅威に合わせて具体的に調整された、アプリケーションに対応する防御を受け取ることができます。この機能によって、検出の正確性をさらに向上でき、運用コストを削減できます。

コグニティブ不正検出による新たな脅威の発見

視聴する

技術的詳細

ソフトウェア要件

要件はありません。

    ハードウェア要件

    要件はありません

      技術仕様

      このクラウド・ベースのソリューションを導入するためのシステム要件はありません。 エンド・ユーザーにとって一般的なブラウザーとオペレーティング・システムの最新バージョンが完全にサポートされています。Trusteerでサポートされているプラットフォームの詳細については以下をご覧ください。

        技術仕様の詳細

        仕組みを見る