概要

IBM Trusteer Mobile SDKは、デバイスおよびセッションのリアルタイムのリスク検出を支援します。高度な分析およびリアルタイムのデバイス・リスク検出の活用により、組み込み先のアプリケーションの整合性を維持できます。Trusteer Mobile SDKはデバイスを評価し、マルウェア、リモート・アクセス型トロイの木馬、root化またはジェイルブレイク化の検出、オーバーレイ攻撃のエビデンス、SMSスチーリング・アプリなどの、セキュリティー侵害を受けているかどうかを判別します。行動異常、ナビゲーション不一致、フィッシングのセキュリティー侵害など、高度なテクノロジーを活用してその他のクロスチャネルの指標が継続的に処理されます。

モバイルの脅威からの保護

金融機関向けアプリケーションにアクセスする前に、モバイル端末、アカウント、接続に関連するリスクを検出して評価します。

強力な永続的デバイスID

ハードウェアとソフトウェアの属性に基づき、アプリケーションの再インストールに対する回復力のある永続的なモバイル端末のIDを生成します。

クロスチャネルの可視性

モバイル・リスクの検出のため、オンライン・バンキングとモバイル・バンキングのリスク・データを相関させます。

主要な機能

  • 高リスクのアクセスを予測的に検出
  • root化またはジェイルブレイク化したデバイスの検出
  • Certificate Pinning/SSL Pinningの提供
  • オーバーレイの防御とエミュレーターの検出
  • 複雑なデバイス指紋採取
  • 複数のチャネルにわたる完全なビュー

クラウド上のセキュリティーとプライバシー

IBMのクラウド・オファリングを使用すると、お客様はセキュリティー、プライバシー、リスクのレベルを損なわずに、変化するビジネス・ニーズに迅速に適応できます。 IBMクラウド・セキュリティーの詳細を見る

このオファリングは、お客様が選択したエディションごとに以下の業界標準とグローバル・コンプライアンス標準を満たしています。

  • EU-US Privacy Shield and Swiss-US Privacy Shield Framework
  • FFIEC for Financial USA
  • ISO 27001
  • SOC2 Type 2

個別のオファリングのエディションのコンプライアンスと認定状況については、クラウド・サービスのデータ・セキュリティーとデータ・プライバシーに関するデータ・シートをご参照ください。

仕組みを見る