スポットライト

対話式のログ・ファイル分析

問題に関連するすべてのログ・ファイルを、統合された対話式の調査セッションで分析することができます。IBM Transaction Analysis WorkbenchはIMSログ、IMS監視、CQSログ、IMS Connectイベント・ジャーナル、OMEGAMON ATFジャーナル、SMF形式のCICS Monitoring Facility(CMF)レコード、CICSトレース、Db2ログ、Db2トレースなどのさまざまな種類のログ・データに対応し、さらに性能およびアカウンティングに関するすべてのIFCIDイベントをサポートします。

問題の履歴を記録

Session Managerを使用すると、すべての参加者が請け負った調査の履歴を保存し、分析の再開および再割り当てを簡素化することができます。Session Managerでは、問題の詳細を登録して分析を実行できます。Session Managerには、ISPFダイアログと、EclipseベースのGUIからアクセスできます。

自動ファイル選択

分析に必要なログ・ファイルが簡単に見つかります。自動ファイル選択機能が必要なIMS、Db2またはその他のログ・ファイルを探し出し、それらを問題セッションに添付するため、煩雑な手作業がなくなります。

ビッグデータ・プラットフォームのサポート

ログのアーカイブと分析の集中化に関する全社規模の戦略にz/OSログを組み込むことで、戦略をサポートできます。IBM Transaction Analysis Workbenchは、z/OSで生成されたSMFやその他のサブシステムのログのETL(抽出、変換、ロード)プロセスを提供します。このプロセスは、スケジュールが可能であり、z/OS UNIXファイルやMVS順次データ・セットと円滑に連携します。

トランザクション・トラッキング

対話式分析は、個々のトランザクションを追跡し、あらゆるファイル・タイプのあらゆるログ・レコードを特定して完全なライフサイクルを提供できるようにします。

ワークフロー

SME(対象分野の専門家)が問題判別の規定のワークフローを定義できるようにします。ワークフローは、ログの選択と抽出のタスク、ログの報告、説明指示などで構成されます。初期対応者や専門家ではないユーザーは、ISPFのダイアログまたはTransaction Analysis WorkbenchのEclipseプラグインのいずれかを使用して、問題判別のワークフローを使用できます。

レポート作成

組み込まれているバッチ・レポート・ユーティリティーのほか、個別に使用可能なレポート・ツールとユーティリティーを使用して、問題をあらゆる面から調べることができます。