スポットライト

一元化された特権ID管理の提供

IBM Security Privileged Identity Managerは、ユーザー・ライフサイクル全体で特権IDのプロビジョニング、更新、および再認証を一元管理します。IBM Cloudの管理アカウントをオンプレミスのIBM Security Privileged Identity Manager環境から管理し、暗号化された資格情報ボールトからの共有IDのチェックインおよびチェックアウトを制御して、特権のある資格情報を使用してユーザーのログ記録、監査、レポート作成を行うことで、セキュリティーとコンプライアンスを向上させます。

コストとオーバーヘッドの削減

このソリューションは、拡張性の高い仮想アプライアンスの実装により、効果を実現するまでの時間を短縮し、コストとオーバーヘッドを削減します。暗号化された資格情報ボールトへの特権ユーザー資格情報のロードを簡素化し、ID管理とアプリケーションやリソースのサポートを共通化することによってROIを高めます。

コンプライアンス要件、規制要件、プライバシー要件への対応

Security Privileged Identity Managerは、Privileged Session Recorderオプションを使用して、特権ユーザーのエンドポイント・アクティビティーに関する詳細な永久記録を作成できます。このソリューションは、特権IDの使用状況と、そのIDを使用したユーザーの活動内容の両方を取り込みます。共有アカウントのプールのチェックインとチェックアウトの管理を厳格化するように構成でき、認証と特権アカウントのアクションの各ステップを詳細な監査証跡に記録できます。

パスワード管理の自動化とシングル・サインオンの提供

Security Privileged Identity Managerを使用すると、特権ユーザーと共有アカウントがパスワードを共有する必要がなくなります。グループ内の各ユーザーが、指定の共有アカウントでシングル・サインオンを使用できます(パスワードが更新された場合でも有効です)。ユーザーは共有IDサービスを使用して、特権アカウントへのアクセスを要求できます。

IBM Privileged Identity Managerで内部からの脅威に対抗

視聴する

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。