概要

仮想アプライアンスであるIBM Security Privileged Identity Managerは、システム、アプリケーション、プラットフォームにまたがり特権アクセス資格情報の使用を一元的に管理し、監査することで、内部関係者による脅威を緩和します。Privileged Session Gateway機能は、既存のエージェント・ベースおよび手動による資格情報へのアクセスに加え、共有資格情報へのエージェントレス・アクセスをサポートしており、ユーザーは特権アクティビティーのコントロールを柔軟に選択できます。仮想アプライアンス・プラットフォームとPrivileged Session Gatewayにより、IBM Security Privileged Identity Managerのインストールと管理が容易になります。

特権ID管理の統合

特権IDの一元管理で、内部犯行の脅威に対応してコントロールを強化し、リスクを低減します。

コストの削減

効果をより早く実現することで、コストとオーバーヘッドを削減します。

パスワード管理の自動化

自動パスワード管理とシングル・サインオン機能を提供し、エンタープライズ・リソースへのアクセスを保護します。

主要な機能

  • 一元化された特権ID管理の提供
  • コストとオーバーヘッドの削減
  • コンプライアンス要件、規制要件、プライバシー要件への対応
  • パスワード管理の自動化とシングル・サインオンの提供