スポットライト

すぐに利用できるz/OS機能を使用

IBM Tivoli Output Manager for z/OSは、既にお持ちの信頼できるz/OS機能(DFSMShsm、DFSMS、RACFなど)を使用して、z/OSプラットフォームの強みである信頼性、管理の容易性、安全性を活用します。Output Managerが使用するのは、メタデータ・リポジトリーにDb2、レポート・コンテンツ管理にDFSMS、データ・ライフサイクル管理にDFSMShsm、セキュリティーおよびアクセス制御にRACFです。

レポートのアクセス可能性の向上

必要な時、場所、方法に応じて、レポート、アーカイブしたSYSOUT、またはアーカイブしたレポート・ページを表示または印刷します。モバイル端末、Webブラウザー、e-メール、またはISPFインターフェースから表示できます。モバイル端末上でのオンライン表示が可能なため、必要な情報が入手可能になった時点ですぐに受信できます。Webブラウザーによる表示、ダウンロード、および印刷が可能です。コンテンツをPDF、CSV、およびプレーン・テキスト形式で配布できます。レポート内でテキストの強調表示や注記を付けることができるため、重要なポイントが相手に伝わります。

IBM Workload Schedulerとの統合

Workload Schedulerの画面からOutput Managerに直接移動して、Workload Schedulerのジョブ出力の履歴を表示します。問題分析を行い、履歴の実行時間と現在/以前の例外を比較します。Output ManagerはWorkload Schedulerのジョブのログを収集してアーカイブします。ジョブのログは必要な期間保存できます。また、Workload Schedulerの画面からジョブのログに簡単にアクセスできます。

レポート配布の制御

Output Managerは、レポートが利用可能になったらすぐに、自動的に印刷して意思決定担当者に配布します。e-メールでの通知と配信を提供し、コンテンツ固有の例外を強調表示できます。Output Managerでは、レポートの内容やレポート名のリストを閲覧する人を制御できます。レポートを作り替えて、各ユーザーが自分に関係のある情報のみを受信できます。またOutput Managerはレポートを一括してグループ分けできるため、宛先に合わせて整理したビジネス・レポートをユーザーが受け取れます。