スポットライト

BMPプログラムの再始動の自動化

IBM IMS Batch Message Processing(BMP)プログラムとIMS Batch DLI/DBB Batchプログラムの再始動を自動化します。バッチ・プログラムの最後の有効なチェックポイントIDと再開ジョブに含める関連ログ・データ・セットを特定するプロセスは、手作業ではエラーが発生しやすくなりますが、自動化することで回避できます。バッチ・プログラムを再始動し、正しいチェックポイントIDとIMSログ・データ・セットで再開ジョブを動的に作成するために必要なものを判断します。

バックアウトと再開オプション

バックアウトと再開プロセスをアプリケーション・ジョブ・ステップの一環として自動的に推進できるようにするオプションを活用してください。これらのオプションを使用すると、異常終了後に別のIMSバッチ・バックアウト・ジョブを実行したり、再開ジョブJCLを変更する必要はありません。

バッチ・プログラムでのチェックポイントの作成

BMPプログラムまたはIMS Batch DLI/DBBプログラムがチェックポイント(CHKP)の呼び出しを発行するたびに、IMS Program Restart Facility for z/OSが起動します。必要に応じてチェックポイントの間隔を追跡し、長すぎる場合はユーザーに警告します。また、バッチ・アプリケーションが多数のチェックポイントを作成しており、チェックポイント処理を迂回してCPUとリソースの使用量を節約していないかどうかを確認できます。

オンデマンドのバックアウト

IMS Batch DLI/DBBプログラムのジョブ異常終了時のバックアウトの必要性を認識し、終了処理を制御します。IMS Program Restart Facility for z/OSによりバックアウトが必要であると判断されると、ログ・データ・セットがクローズされていることを確認し、バックアウト・プロセスを推進してから終了処理を完了できるようにします。

バッチ・プログラム再始動の自動化

元のIMS BMPまたはIMS Batch DLI/DBBプログラムが実行された時に作成された特別なチェックポイント・データ・セットを使用して、プログラム再始動の必要性を判断します。IMS Program Restart Facility for z/OSにより再始動が必要であると判断された場合、自動的に正しいログ・データ・セットをジョブに割り振り、ジョブ実行パラメーターを変更して再始動が自動的に実行されるようにします。

失敗後のデータベースの可用性

バックアウトが必要なIMS Batch DLI/DBBプログラムのログ・データ・セットをクローズし、バックアウトを異常終了処理の一環として自動的に実行することで、バッチ・プログラム失敗後のIMSデータベースの可用性を向上させます。この機能はデータベース・ロックを解除し、影響を受けたデータベースに対してオンライン処理を続行できるようにします。

技術的詳細

ソフトウェア要件

ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。