概要

IMS High Performance (HP) Pointer Checker for z/OSは、スペース使用率を監視し、物理または論理の直接ポインターの問題を検出して報告します。これらの報告書は、IMSデータベース内のエラーとその位置の両方を特定します。また、IMSデータベースのチューニングを向上させるための報告書も生成します。IMSデータベースが運用可能で、チューニングが良好で、ポインターのエラーがないことを確認します。

IMS HP Pointer Checkerは、次のように使用します:

  • データベースを定期的に監視し、直接ポインターのエラーまたはデータベース再編成の必要性を検出します。
  • 破損したデータベースを修復プロセスの一部として分析し、プログラマーや分析者が診断や修復に費やす時間を短縮します。
IMS High Performance Pointer Checker for z/OS

破損したデータベースを迅速に分析

破損したデータベースを迅速に分析し、それらの診断と修復にかかる時間を短縮できるようにします。

報告書を生成

システム・チューニングを実施し、スペース使用率を報告して、1次索引と副次索引の問題を検出して報告する報告書を取得します。

データベースの修復

ポインターまたはデータのエラーを含むVSAM編成およびOSAM編成のIMSデータベースを、対話式とバッチ・モードで修復します。

迅速に修復を実行

影響を受けるデータベースがオフラインにされる時間が短縮されます。

対話モードで動作

データのブロック全体を表示したり、個々のIMSセグメントを表示し、その他のセグメントにナビゲートします。加えられた変更はすべてトラッキングされ、やり直すことができます。

バッチ・モードで動作

データ・セットからのブロックのダンプや、ブロックのデータに対する変更を実行できます。