スポットライト

柔軟なディレクトリーの統合

IBM Security Directory Suiteで、ID管理、アクセス管理、ポータル・ソリューションなどの重要なビジネス・オンデマンド・アプリケーションの展開を加速する、権限IDデータ・インフラストラクチャーを作成できます。異機種混合のディレクトリー、データベース、ファイル、連携システム、アプリケーションにあるデータの迅速かつ効果的な統合を容易に行うとともに、元のデータ・ソースに対する認証を統合します。

仮想アプライアンスのフォーム・ファクター

仮想アプライアンスで迅速な展開、簡単な保守、容易なアップグレードが実現します。複雑なアプリケーション・ソフトウェアやデータベース・スタックの面倒な管理から企業を解放して、堅牢なIDプラットフォームでビジネスの運営に集中できるようにします。

拡張性の高いディレクトリー・バックボーン

Security Directory Suiteは、小規模な展開から大規模な展開に拡張し、IBM Db2テクノロジーと標準装備のプロキシー・サーバーを使用して、数億の項目をサポートします。複数のマスター・コピーを構成する機能など、堅牢な複製機能により、24時間365日の可用性をサポートします。

簡素なクラウドの統合

このソリューションは、SCIMサポートにより、クラウド基盤のアプリケーションとサービスのユーザー管理を簡素化します。Representational State Transfer(REST)のアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)により、必要な作成、読み取り、更新、削除(CRUD)操作をサポートし、既存のインフラストラクチャーを活用して、追加のプログラミングの必要性をなくします。

自動化された柔軟なデータ操作

Security Directory Suiteで、データの移行、他のファイル形式へのデータの変換、複数システム間での同期を容易に行い、イベント・ドリブンのワークフローによってスケジュールされた同期をサポートできます。既存のリソース上で統合を適用することにより、既存のシステムを変更する必要性をなくします。

インテリジェントな検索およびソーシャル・ネットワーク機能

インテリジェントなホワイト・ページ検索機能とソーシャル・ネットワーク機能を組み合わせて、すぐに使用できるソーシャル・ネットワーク対応のアプリケーションを提供します。連絡先情報、写真、組織図などを簡単に検索できます。

詳細なユーザーの洞察

Security Directory Suiteは、IBM Security QRadar SIEMと統合して高度な監査を実現し、発達する脅威やコンプライアンス要件に対する可視性を提供します。IBM Cognosソフトウェアに基づくオブジェクト、グループ、ユーザーのサンプル・レポートを提供します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

ハードウェア要件の詳細については以下をご覧ください。

    ハードウェア要件

    ソフトウェア要件の詳細については以下をご覧ください。